ページ読込中...

Loading...

 ニルスの暗号通貨日記

「ニルスの暗号通貨日記」は、暗号通貨 / 仮想通貨でセミリタイアを狙う貧乏サラリーマンが日々の投資を綴るブログです。暗号通貨投資(トレード)、ビットコイン・アルトコインのマイニング、その他雑学等について書いていきます。

02.アルトコイン waves

Wavesエコシステムの説明

投稿日:2018-03-08 更新日:

Wavesエコシステムの説明

Wavesエコシステム

皆さんこんにちは、ニルスです。

「Wavesエコシステムとは?」ということについてブログ記事がリリースされたので、少々長いですが翻訳してご紹介します。
Wavesへの理解を深める一助になれば幸いです。

 

Wavesエコシステムの説明

Wavesは、ブロックチェーンが大衆のための技術であるという考えに基づいていました。

一般的な個人や企業に、財政やビジネスプロセス等を彼らの制御下に戻し、セキュリティ、透明性、利便性を根本的に向上させることによって、「人々のブロックチェーン」として、Wavesは幅広いステークホルダーに対応しており、そのプラットフォームは消費者、起業家、個人、機関投資家など、さまざまなユーザーやユースケースに価値を提供するように設計されています。
これは、ビジネス、サービス、コミュニティのエコシステムであり、すべてがWavesの最先端かつ絶えず進化する技術の利点を利用しています。

 

投資家向け

Wavesには、ユーザーフレンドリーな暗号通貨ウォレットが存在し、プラットフォームの強力な機能の全範囲に簡単にアクセスできます。
ウォレットは、ベスト・プラクティスを念頭に置いて設計されているため、最先端のオンライン・バンキングおよびトレーディング・プラットフォームのユーザー・インターフェースと比較して優れています。

統合された法定通貨および暗号通貨のゲートウェイと組み合わせることにより、暗号通貨を迅速かつ安全に取得および保持することが非常に簡単になります。

Wavesの財布には、親しみやすく人気の高い暗号通貨取引所方式のものをベースにしたプロフェッショナルなデザインの組み込み型分散取引所(DEX)機能もあります。
幅広い取引ツールは、エキスパートトレーダーだけでなく、エコシステムへの新規参入者にも適していることを意味します。DEXは今後数ヶ月の間にさらに開発され、セキュリティと稼働時間に関してはるかに優れたままで、ユーザーエクスペリエンスの面では一般的な取引所に匹敵することでしょう。

 

機関投資家向け

暗号通貨とブロックチェーントークンには大きな制度的関心があります。
Wavesエコシステムのさらなる要素は、伝統的な金融セクターと連携し、可能な限り早期にこの新しい資産クラスへのエクスポージャーを得るために大企業と協力するように設計されています。
The Basic Fundはブロックチェーンベンチャーファンド、Wavesのプラットフォームに注力し、その他暗号資産の多様なポートフォリオを保持しています。

その目的は、より大きな投資家や企業のバイヤーに、できるだけ早い時期に有望なトークンプロジェクトへのアクセスを提供する一方で、これらの事業の一部を資本化し、Wavesインキュベーターを通過する最善の取り組みに資金を提供します。
基本ファンドは現在、投資回収の過程にあり、2018年の第2四半期に開始されます。

その一方で、Tokenomicaは世界初のブロックチェーンベースの投資銀行です。Tokenomicaの活動は次の要素に重点を置いています。

・大企業に準拠したトークンサービスを提供する
・法人が独自のトークン販売を開始し、クラウドセールのメリットを享受できるようにする
・企業がすべてのAML / KYC要件を満たしていることを保証する。

TokenomicaのCEOであるTimur Abushkinは、金融と資本市場で15年の経験を持っています。
以前はJPモルガンのバイスプレジデント兼キャッシュ・エクイティ・セールス・トレーダーを務め、ロシアおよびCIS企業をリードするために140億ドル以上の株式を調達しました。

Tokenomicaは、2018年の第2四半期に銀行とのパートナーシップを確立し、自主規制機関を組織し、年内に規制当局と提携する最初のパイロットプロジェクトを開始する予定です。

 

スタートアップと企業向け

Wavesは起業家と事業を確立し、幅広いユニークな機会と強力な機能を提供します。

このプラットフォームにより、カスタムブロックチェーントークンの作成、送信、取引、伝統的な通貨と暗号通貨の切り替えが可能となり、既存のビジネスに効率をもたらしたり、プレICOやICOを開始することができます。

Wavesは、企業がトークン実装を成功させるためのいくつかの取り組みを開始しました。

Waves Labは、有望な企業を監視し、それらが実行可能なトークンモデルに裏打ちされた強固な事業提案を持っていることを確認するインキュベーター(起業支援機関)です。

Waves Labの戦略的活動には、プロジェクトの開発における重要なポイントにアドバイス、専門知識、リソースを提供することが含まれます。
次のようなことも行います:

・物資、マーケティング、コンプライアンスの作業
・プレICOとICOを介してプロジェクトに資金を提供する前に、より広いコミュニティにプロジェクトを接続する

Waves Labsの最初のトランシェの2つは、既に成功したクラウドセールをすでに開催しています。
共同取引プラットフォームSimdaqは、ブロックチェーンベースの追跡サービスMyTrackNetがプレICOで60万ドルを集めていた間に、わずか1日で500万ドルを調達しました。

Waves LabはQ1-2で申請者の次のトランシェを受け入れ、現在数百の申請書を審査しており、いくつかのケースで活発な議論が行われています。

さらに新しいプログラムも準備されています。これには、専門的に準備された情報とブロックチェインスペースに欠けている説明資料のリリース、最も有望なプロジェクトのコンサルティング、監査、支援のためのさまざまな活動が含まれます。
Waves Labは、今後の参加者のために、100万Wavesの総予算を発表しました。

トークンが発行された後、既存の保有者が株式を売却し、新規買い手が投資することを可能にする堅固な流通市場が確立されることが非常に重要です。

Waves DEXは、トークンをほぼリアルタイムでピアツーピア取引し、アクティブな交換が常に利用可能であることを保証します。
一方、LiquidWavesはDEXで取引されるトークンの流動性を保証する新しいイニシアチブです。

企業が最新の規制に準拠し、最新の状態を維持することも不可欠です。Better TokenはICOとトークン発行者のコンプライアンスに関するベストプラクティスを推進しています。その目標は次のとおりです。

・すべてのWaves ICOが動作すべきフレームワークを設定する
・自発的な行動規範を採用することで、新たな規制環境を積極的に形成する

Better Tokensは、デロイトの法律サービスのディレクターであり、ロシアのブロックチェーンコミュニティ内の著名人であるArtem Tolkachevと、Crypto Exchange Evercoinの創設者であり、起業家とエンジェルの投資家を務めるMiko Matsumuraによって運営されています。

 

コミュニティ

Wavesの最大の資産はそのコミュニティです。
地域の拠点(Wavesの初期トークン販売およびインフラストラクチャパートナーの1つであるPrimalbaseが運営するオフィス)は、ミートアップでコミュニティの他のメンバーと交流し、Wavesとのプロジェクトについて協議し、Wavesの公式担当者と連絡を取ることができます。

コミュニティクラブは、Wavesのエコシステムに参加し、新しい地域社会を構築するための新しいアンバサダーのためのフレームワークを提供します。

一方、ブロックチェーン技術の実用化を促進するために立ち上げられたBlockchain Instituteは、Wavesプラットフォームに貢献したい開発者にとっては理想的なエントリーポイントです。

 

引用翻訳元:
https://blog.wavesplatform.com/waves-ecosystem-explained-c4a37cdee087

 

まとめ

2018年2月現在動いているプロダクトやプロジェクトを、投資家/機関投資家/スタートアップ企業/コミュニティと分野別に区分けし紹介した形ですね。

かといって過去の情報のまとめのみかといえばそんなことはなく、たとえば、Wavesにフォーカスしその他のブロックチェーンプロジェクトをポートフォリオに組み込んだファンド「The Basic Fund」が2018のQ2に立ち上がる予定であることなど、新情報があった記事でした。
逆にTokenomicaのリリースは遅れているようですが……。

技術面ではスマートコントラクトの実装が直近のキモと前回の記事で書きましたが、マーケティングや提携、PRの面ではこれだけのプロジェクトが一気に動いています。
2018年前半の動きがますます楽しみですね。

というわけで今回はこの辺で。
ではまた!

 

はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな取引所

取引所により取扱銘柄が違うこと、サーバーダウンや規約・仕様変更、日本円に戻す際の出口確保といったことへのリスク分散のため、取引所の口座は予め複数箇所で開設することをおすすめしています(開設は無料です)。
  • Zaif
    Zaif(ザイフ)

    ユニークな機能が充実の取引所「Zaif(ザイフ)」。Zaifだけが提供している仮想通貨の定期積立サービス(「Zaifコイン積立」)は初心者から上級者までおすすめ。NEM(XEM)、モナコイン(MONA)なども取扱。COMSAプラットフォームも話題沸騰中です。

    口座開設

  • Bitbank(ビットバンク)

    XRP(Ripple)、Monaなど、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)取引は「ビットバンク」。スマホもPCも使いやすいデザイン・初心者に優しい簡単操作で「売買自体初めて」という方にもオススメ。登録ガイド記事はこちら

    口座開設

  • QUOINEX
    QUOINEX(コインエクスチェンジ)

    QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、顧客の資産をコールドウォレットに保管し、セキュリティに非常に力を入れている取引所です。仮想通貨金融サービスプロジェクト「LIQUID」のために開発された独自トークン「QASH」も話題。登録ガイド記事はこちら

    口座開設

 

その他おすすめ取引所

  • ビットバンクトレード

    ビットバンクトレードはBitbankと同じ「ビットバンク株式会社」が運営する追証(資産が入金額よりマイナスになること)無し、24時間365日、完全日本語対応でビットコインFXができる取引所です。入出金はビットコインでのみ可能なため、Bitbankと併せて開設されることをお薦めします。

  • bitFlyer

    ビットコイン取引量日本一(2016年)。CMでもお馴染み、厳重なセキュリティに加え取引所自体が保険に加入しているため万一の際にも安心の「bitFlyer(ビットフライヤー)」。SMBC、三菱UFJ、みずほ、SBI、三井住友などが株主でバックボーンもしっかり。

  • DMM Bitcoin

    DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は国内大手IT企業「DMM」の運営する仮想通貨取引所です。アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)のレバレッジ取引ができるところが特徴です。

  • Bit Trade

    Bit Trade(ビットトレード)はシンプルかつ軽量、高機能なトレードツールを兼ね備えた、トレーダーにおすすめの取引所です。TradingViewを採用しています。

 

オススメ記事

よく読んで頂いている記事、個人的におすすめの記事をまとめました。


「仮想通貨ブログを始めたい」という方向けのヒント記事を執筆しました。約10,000字ほどの内容を、noteにてワンコインで販売中です。これからブログに挑戦してみたい方は、ぜひ一度冒頭部だけでもご覧頂ければ幸いです。

こちらは仮想通貨に限らず、「ブログを始めてみたい。でも文章を書くことに苦手意識がある」という方に向け、記事の構成から、内容に説得力を持たせるコツなど、文章のヒントを詰め込みました。noteにてワンコインで販売中です。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

-02.アルトコイン, waves
-, , , , , ,



Author:ニルス

ニルス

二十代後半の貧乏社会人(Twitter:@nils00000)。サイト制作、WEB広告、画像編集などを含む何でも屋事務員(薄給)として真っ黒い会社で働く傍ら、ド文系ながら暗号通貨に興味を持つ。暗号通貨(ビットコイン・アルトコイン)のトレード、クラウドマイニング、セルフマイニングなどを勉強しながら実践中。保有アルトコイン銘柄 $WAVES / $ETH / $XRP / $XMR / $AE / $ETN など。 ※当サイトに掲載しているサービス・銘柄について、利益をお約束するものではございません。また情報の正確性には気を配っておりますが、当サイトの掲載内容について保証は一切致しかねます。必ずご自身で情報をご精査の上ご利用下さい。

関連記事

Zcash (ジーキャッシュ)―「ゼロ知識証明」とは

この記事の目次1 Zcash (ジーキャッシュ)1.1 Zcash1.2 「ゼロ知識証明」って何なのさ1.3 なぜエドワード・スノーデン氏が注目したか1.4 技術提携1.5 量子耐性2 まとめ2.0. …

Elastic

Elastic(イラスティック)のご紹介【アルトコイン紹介[5]】

この記事の目次1 Elasticのご紹介2 Elasticプロジェクト:分散型スーパーコンピュータ(抜粋訳)2.1 概要2.2 1.はじめに3 Elasticと競合との違い3.1 Elasticと競合 …

BankeraのICO参加はもう遅い? 検証してみた

この記事の目次1 BankeraのICO参加はもう遅い? 検証してみた1.1 プレICO vs 今から買う場合2 BankeraのICO 検証してみた まとめ2.0.1 はじめての仮想通貨(暗号通貨) …

investFeed(インベストフィード)のご紹介【アルトコイン紹介[6]】

この記事の目次1 investFeedのご紹介1.1 investFeed(インベストフィード)とは?1.2 InvestFeedが暗号通貨業界へ参入1.3 まとめ1.3.1 はじめての仮想通貨(暗号 …

銀行金利の数千倍!?Coincheckの「貸仮想通貨」で利息収入を得よう

この記事の目次1 貸仮想通貨―ビットコインなどを貸し出して利息収入を得る1.1 仮想通貨を貸し付ける方法1.2 貸仮想通貨のメリット1.3 貸仮想通貨のリスク2 まとめ2.0.1 はじめての仮想通貨( …

2018/06/15

[富裕層のための「仮想通貨」メディア]にて連載を開始しました

この記事の目次1 「富裕層のための「仮想通貨」メディア」にて連載を開始しました2 連載までの経緯など3 連載のテーマなど3.0.1 はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな取引所3.0.2 その …

2018/05/28

SCAMトークンのAirdrop(エアドロップ)に気をつけよう

この記事の目次1 SCAMトークンのAirdrop(エアドロップ)に気をつけよう2 SCAMトークンが降ってくる3 WAVESの場合4 まとめ4.0.1 はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな …

2018/05/27

インターチェーンとは何か

この記事の目次1 インターチェーンとは何か2 インターチェーンとは何ですか?3 まとめ3.0.1 はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな取引所3.0.2 その他おすすめ取引所3.0.3 オスス …

2018/05/24

Quantstamp(クオントスタンプ)―スマートコントラクトのコード監査

この記事の目次1 Quantstamp(クオントスタンプ)―スマートコントラクトのコード監査2 Quantstamp(クオントスタンプ)とは3 コード監査4 Quantstamp(クオントスタンプ)の …

2018/05/21

WavesはLegalThings Oneと戦略的パートナーシップを結ぶ

画像:https://blog.wavesplatform.com/compliance-matters-waves-signs-strategic-partnership-with-legalthi …

これからビットコイン・仮想通貨投資を始める方へ(始め方、心構え)

2017/08/11

これからビットコイン・仮想通貨投資を始める方へ(始め方、心構え)...

これからビットコイン・仮想通貨投資を始めようと考えている方へ このページは、「暗号通貨(仮想通貨)投資を...

Wealth Navi(ウェルスナビ):ロボアドバイザー×国際分散投資を手軽に

2018/01/16

Wealth Navi(ウェルスナビ):ロボアドバイザー×国際分散投資を手軽に

Wealth Navi(ウェルスナビ):ロボアドバイザー×国際分散投資を手軽に

仮想通貨取引所の口座は複数箇所で作っておいた方が良い三つの理由

2017/08/31

仮想通貨取引所の口座は複数箇所で作っておいた方が良い三つの理由...

仮想通貨取引所 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日はタイトルのとおり、「取引所のアカウントはいざとい...

【初心者向けまとめ】ビットコイン/仮想通貨の始め方

2018/03/14

【初心者向けまとめ】ビットコイン/仮想通貨の始め方

ニュースやメディアなどで頻繁に目にするようになった 「仮想通貨」「ビットコイン」。でも「○○万円突破...

2018/02/09

私がイーサリアム(Ethereum)に投資する理由

本文


手軽に仮想通貨の「マイニング」を始めるなら日本語対応の「Genesis Mining」。