ページ読込中...

Loading...

 ニルスの暗号通貨日記

「ニルスの暗号通貨日記」は、暗号通貨 / 仮想通貨でセミリタイアを狙う貧乏サラリーマンが日々の投資を綴るブログです。暗号通貨投資(トレード)、ビットコイン・アルトコインのマイニング、その他雑学等について書いていきます。

02.アルトコイン Quantstamp

Quantstamp(クオントスタンプ)―スマートコントラクトのコード監査

投稿日:2018-05-24 更新日:

Quantstamp(クオントスタンプ)―スマートコントラクトのコード監査

BITMEXの登録はこちら

レバレッジ1~100倍、追証なしのBITMEX。
バナーから登録で半年間手数料10%割引半年経過後は再登録すれば再び割引適用)。

Quantstamp(クオントスタンプ)―スマートコントラクトのコード監査

皆様こんにちは、ニルスです。

今回は、かなり久しぶりにアルトコイン紹介記事です。

ご紹介するのは「Quantstamp(クオントスタンプ)」です。

公式HP
WhitePaper

スマートコントラクトの大量採用を後押しするようなこのプロジェクトがどんなものなのか、次項から詳しく見ていきたいと思います。

 

Quantstamp(クオントスタンプ)とは

Our mission is to build a framework and standard for safe and secure participation in the blockchain for everyone.

我々の使命は、誰もがブロックチェーンに安全かつ確実に参加するための枠組みと基準を構築することです。

Quantstamp(クオントスタンプ)は、スマートコントラクトが公開される前に、事前にバグや脆弱性を発見したり、公開済みのコードをチェック(監査)するプロトコルを開発しています。

The DAOの事件をはじめ、スマートコントラクトのバグ・脆弱性の問題はイーサリアムの発展に常につきまとっています。
しかし今後、スマートコントラクトが広く使用されるようになると仮定すると、そのコード監査を人力で行うには莫大な時間的・費用的コストがかかることでしょう。

そこでQuantstampプロトコルは、スマートコントラクトのリスクに対するスケーラブルかつ費用対効果の高いセキュリティ監査ソリューションを提供します。

 


画像:WhitePaper p9 ‘How we improve the developer’s process’より

SSLサーバ証明書のように、「このスマートコントラクトのコードはQuantstampにより監査済み」という証明を発行することや、監査結果を広く公開(公開するか否かは監査依頼者に委ねられる)することでコミュニティの発展に寄与したりといった、スマートコントラクトの開発発展をバックアップするようなプロジェクトとなっています。

 

コード監査

現時点でもQuantstampプロジェクトは他プロジェクトや取引所に対するコードチェックで積極的に動いており、一例を挙げればOmiseGOトークンのコード監査や、Binanceに上場されているERC-20トークンのコード全てを監査し、脆弱性がないことを確認しました。

 

またHPにある「パブリックレポート」のページでは、公開されている監査結果を閲覧することができるようになっています。

BinanceToken(BNB)はエラー無し。

 

Q2というトークンはエラーが5つ出ており、コードのどの部分に脆弱性があるのか、危険度はどれくらいかなどが表示されています。

 

このように、「将来的に○○をやります」だけではなく、現時点でその力を発揮している点は評価できると思います。

 

またFull Service Audit(サービス全体の監査)を受けるためにはETHアドレスに最低200,000QSPを保持していなくてはなりません。

これは現時点で500万円弱分の価値となります。

今後この値が上下するかどうかは分かりませんが、簡易チェックとは別に、フル監査にはそれなりの量のQSPを保持する必要がある、というのは「買い」要因になると考えられます。

 

Quantstamp(クオントスタンプ)のリスク

有望そうに見えるプロジェクトですが、リスクも当然あります。

What types of contracts can Quantstamp audit?

Quantstamp aims to develop a protocol that can audit any smart contract from any blockchain. Quantstamp is currently focusing on Ethereum smart contracts but Quantstamp’s long term vision is to be protocol agnostic.

https://www.quantstamp.com/faq より

Quantstampはどのようなタイプのコントラクトを監査できるのですか?

Quantstampは、あらゆるブロックチェーンからのスマートコントラクトを監査できるプロトコルを開発することを目指しています。Quantstampは現在、Ethereumのスマートコントラクトに焦点を当てていますが、長期ビジョンではプロトコルを問わないものです。

上記のように、長期的には他のスマートコントラクトプラットフォームへ手を拡げる予定とはなっておりますが、それまではイーサリアムスマートコントラクトのコード監査が専門となります。
その間、何らかの原因でイーサリアムの価値が崩れた場合、クオントスタンプの価格もつられて下げることが予測されます。

また、こちらの方がより大きなリスクだと感じているのですが、クオントスタンプのコード監査により「脆弱性無し」と判断されたトークンやプロダクトが万一ハッキングに逢うと、信用は地に落ち、価格にも大打撃を受けるでしょう

Quantstamp(クオントスタンプ)はあくまでコード監査を金銭的・時間的低コストで行うことが目的であり、100%の保証をするわけではないのですが、恐らく上記のような事態が起こればFUDが飛び交い、価格への影響は免れないと思います。

 

Quantstamp(クオントスタンプ)の競合は?

Quantstamp(クオントスタンプ)は、スマートコントラクトのコードの脆弱性監査、というかなりニッチなところを狙っているプロジェクトです。

仮想通貨プロジェクトで直接的な競合となりそうなのはBLUE Protocol(Ethereum BLUEから名称変更)やHackenCONSENSYS DILIGENCEあたりでしょうか。

 

BLUE Protocolは包括的なセキュリティ監査サービスを提供する中でスマートコントラクトのコード監査も行うようです。

BLUE Protocolの方はQuantstampをめちゃめちゃ意識しているようで、Ethdeltaに脆弱性が見つかった際はかなり攻撃的なツイートをしています。

ざっくり内容をまとめると、

「Ethdeltaに脆弱性が見つかり、我々はそれを解決しようと動いていたのに、お前らはどこで何をしていたんだ?」
「自身のトークンも取引されるのに、セキュリティ指導者として取引所のセキュリティ上の問題にコメントするべきだろう」
「(Quantstampはあくまでスマートコントラクトのコード監査を行うプロジェクトだから、必要はないだろうというコメントに対して)確かに義務ではないさ、だからShould(すべき)と言ったんだ」

めちゃめちゃ好戦的です。

 

またHackenは「サイバーセキュリティを強化したい企業と脆弱性を見つけだすホワイトハッカーを結びつけるためのプラットフォーム」とのことで、こちらもサービスの一部としてスマートコントラクトの監査を提供していくようです。

 

さらに、こちらはトークンやアセットを持たないプロジェクトですが、イーサリウムに関わる技術者と起業家のグローバル組織ConsenSysの一部CONSENSYS DILIGENCEでは、イーサリアム・エコシステムのセキュリティサービスに取り組んでいます。mythril(ミスリル)というスマートコントラクトのコード監査ツール(オープンソース)も提供しております。

 

とざっと見ただけですが意外と競合となりそうなプロジェクトが散見されました。
但し、Quantstampの目指すところは分散化・自動化による高速・低コストなコード監査に特化しているようですので、先述の包括的なセキュリティ監査プロジェクト・サービスとは若干目指すところが異なる印象です。

 

Quantstamp(クオントスタンプ)まとめ

今回書ききれなかったのでリライトもしくは後ほど追加で記事を書くかもしれませんが、Quantstampは独自チェーンに移行後、コード監査をPoWのマイニングのように行わせ、複数による分散チェックをパスしたスマートコントラクトに証明を与えるような仕組みを考えているようです。

リスク、競合も存在する分野ではあり、メインネットリリース前のプロジェクトですが、個人的に直感で「これは」と感じるものがあったので今回記事にしました。

 

ここからは完全に余談です。

最近アルトコイン記事が無かったのには「書くのが大変」以外にも理由がありまして……。
あまり時価総額の低いもの(いわゆる草コイン)は、資産のある人が数人いれば大きく価格が動いてしまうため、意図せず「イナゴタワー」や「嵌め込み」のような形を生みかねないと思ってなるべく控えておりました。

(今回のQSPは100位ちょいで出来高も結構あったので「まあ、セーフかな」と判断しました)

始めたての頃はこのサイトを見てくれる方も少なく、そんなこと全く気にせずに好きなもの気になったものを書いていたので、多少窮屈に思う気持ちも正直無くはありません。

しかし現在は、幸いなことにかつては想像できなかったほど沢山の方に記事を読んで頂いているので、内容に以前より気を配るのもトレードオフというか、ある種の責任かなと思います。責任というとニュアンスを過大解釈されがちですので、自己規制と言い換えた方がよろしいでしょうか。

まあそんな感じで笑、趣味としてなるべく書きたい内容を書いていきたいと思いますので、今後もお付き合い頂ければ幸いです。

というわけで今回はこの辺で。
ではまた!


参考サイト:

https://www.quantstamp.com/

https://medium.com/quantstamp

https://www.reddit.com/r/Quantstamp/

https://hackernoon.com/quantstamp-verisign-of-blockchain-d7aff5d6cd57

https://coincentral.com/quantstamp-beginner-guide/

http://cryptogurus.com/bitcoin/what-is-quantstamp/

https://cryptobriefing.com/bullish-quantstamp-qsp-token/

 

はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな取引所

取引所により取扱銘柄が違うこと、サーバーダウンや規約・仕様変更、日本円に戻す際の出口確保といったことへのリスク分散のため、取引所の口座は予め複数箇所で開設することをおすすめしています(開設は無料です)。
  • Bitbank(ビットバンク)

    XRP(Ripple)、Monaなど、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)取引は「ビットバンク」。スマホもPCも使いやすいデザイン・初心者に優しい簡単操作で「売買自体初めて」という方にもオススメ。登録ガイド記事はこちら

    口座開設

  • ビットバンクトレード
    Bitbank Trade

    ビットバンクトレードはBitbankと同じ「ビットバンク株式会社」が運営する追証(資産がマイナス=借金になること)無し、24時間365日、完全日本語対応でレバレッジ取引ができる取引所です。入出金はビットコインのみのため、Bitbankと併せて開設されることをお薦めします。

    口座開設

  • Liquid by QUOINE

    Liquid by QUOINEは、顧客の資産をコールドウォレットに保管し、セキュリティに非常に力を入れている取引所です。仮想通貨金融サービスプロジェクト「LIQUID」のために開発された独自トークン「QASH」も話題。登録ガイド記事はこちら

    口座開設

card02

 

その他おすすめ取引所

  • DMM Bitcoin

    DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は国内大手IT企業「DMM」の運営する仮想通貨取引所です。アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)のレバレッジ取引ができるところが特徴です。

  • Bit Trade

    Bit Trade(ビットトレード)はシンプルかつ軽量、高機能なトレードツールを兼ね備えた、トレーダーにおすすめの取引所です。TradingViewを採用しています。

 

card02

card01
card02
card05
card06
card03
card04

bar3


「仮想通貨ブログを始めたい」という方向けのヒント記事を執筆しました。約10,000字ほどの内容を、noteにてワンコインで販売中です。これからブログに挑戦してみたい方は、ぜひ一度冒頭部だけでもご覧頂ければ幸いです。

こちらは仮想通貨に限らず、「ブログを始めてみたい。でも文章を書くことに苦手意識がある」という方に向け、記事の構成から、内容に説得力を持たせるコツなど、文章のヒントを詰め込みました。noteにてワンコインで販売中です。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

-02.アルトコイン, Quantstamp
-, , , ,



Author:ニルス

ニルス

二十代後半の貧乏社会人(Twitter:@nils00000)。サイト制作、WEB広告、画像編集などを含む何でも屋事務員(薄給)として真っ黒い会社で働く傍ら、ド文系ながら暗号通貨に興味を持つ。暗号通貨(ビットコイン・アルトコイン)のトレード、クラウドマイニング、セルフマイニングなどを勉強しながら実践中。保有アルトコイン銘柄 $WAVES / $ETH / $XRP / $XMR / $AE / $ETN など。 ※当サイトに掲載しているサービス・銘柄について、利益をお約束するものではございません。また情報の正確性には気を配っておりますが、当サイトの掲載内容について保証は一切致しかねます。必ずご自身で情報をご精査の上ご利用下さい。

関連記事

仮想通貨Lisk(リスク)を持っているだけで増やす方法

レバレッジ1~100倍、追証なしのBITMEX。バナーから登録で半年間手数料10%割引(半年経過後は再登録すれば再び割引適用)。 この記事の目次1 投票してLiskを増やそう1.1 下準備1.2 VO …

Ethereum (イーサリアム) ― 世界を変える分散型プラットフォーム

レバレッジ1~100倍、追証なしのBITMEX。バナーから登録で半年間手数料10%割引(半年経過後は再登録すれば再び割引適用)。 この記事の目次1 仮想通貨Ethereum(イーサリアム)1.1 Et …

銀行金利の数千倍!?Coincheckの「貸仮想通貨」で利息収入を得よう

レバレッジ1~100倍、追証なしのBITMEX。バナーから登録で半年間手数料10%割引(半年経過後は再登録すれば再び割引適用)。 この記事の目次1 貸仮想通貨―ビットコインなどを貸し出して利息収入を得 …

BankeraのICO参加はもう遅い? 検証してみた

レバレッジ1~100倍、追証なしのBITMEX。バナーから登録で半年間手数料10%割引(半年経過後は再登録すれば再び割引適用)。 この記事の目次1 BankeraのICO参加はもう遅い? 検証してみた …

私がイーサリアム(Ethereum)に投資する理由

この記事の目次1 私がイーサリアム(Ethereum)に投資する理由1.1 BTCの暴落1.2 ディフィカルティボムとは1.3 Casperについて1.4 スケーラビリティ問題と将来性2 まとめ2.0 …

オススメ

BITMEXの登録はこちら

レバレッジ1~100倍、使いやすいビットコインFXサイト「BITMEX

2018/08/05

Waves Community Japan・Waves Stationのご紹介

この記事の目次1 WAVES関連の日本のウェブサイト2 Waves Community Japan3 Waves Station4 まとめ4.0.1 はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな取引 …

2018/08/03

手数料が激安 仮想通貨取引所BitMart(ビットマート)とは

この記事の目次1 手数料が激安 仮想通貨取引所BitMart(ビットマート)とは2 BitMart(ビットマート)の特徴2.1 運営実態について2.2 手数料が安い2.3 BMXトークン2.4 懸念点 …

2018/08/02

Stellar/Lumenを持っているだけで増やす方法

レバレッジ1~100倍、追証なしのBITMEX。バナーから登録で半年間手数料10%割引(半年経過後は再登録すれば再び割引適用)。 この記事の目次1 Stellar/Lumenを持っているだけで増やす方 …

2018/07/22

Mining Rig Rentalsを使って機材・設備無しにマイニングをする方法

レバレッジ1~100倍、追証なしのBITMEX。バナーから登録で半年間手数料10%割引(半年経過後は再登録すれば再び割引適用)。 この記事の目次1 Mining Rig Rentalsを使って機材・設 …

2018/07/20

だれでも気軽に株式投資、スマホ証券「One Tap BUY(ワンタップバイ)」登録方法

この記事の目次1 だれでも気軽に株式投資、スマホ証券「One Tap BUY(ワンタップバイ)」登録方法2 「One Tap BUY(ワンタップバイ)」登録方法(WEB上の入力フォーム完了まで)3 「 …

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin Co.,Ltd.posted withアプリーチ