ページ読込中...

Loading...

 ニルスの暗号通貨日記

「ニルスの暗号通貨日記」は、暗号通貨 / 仮想通貨でセミリタイアを狙う貧乏サラリーマンが日々の投資を綴るブログです。暗号通貨投資(トレード)、ビットコイン・アルトコインのマイニング、その他雑学等について書いていきます。

03.その他 雑記

mixhost(ミックスホスト)に乗り換えた際のメリット・デメリット

投稿日:2018-02-13 更新日:

mixhost(ミックスホスト)に乗り換えた際のメリット・デメリット

BITMEXの登録はこちら

mixhost(ミックスホスト)に乗り換えた際のメリット・デメリット

皆さんこんばんは、ニルスです。

本日は仮想通貨というよりも完全にブログ周りの話なんですが、先日の記事でサーバーのお引っ越しを行うことを告知させて頂きました。

移転中は更新が止まってしまい申し訳ございません。

今回のサーバー移転では、以前のminibirdから、MixHostの「スタンダード」プランへと乗り換えを行いました。

乗り換えは2018年1月末に完了したのですが、10日ほど実際に動かしてみて感じたメリット及びデメリットを、折角なので記事にしたいと思います。

特にブログやHPの運営管理をされている方はご参考になれば幸いです!

 

ハイスペックなのに低価格

まずはmixhostに乗り換えてみて私が感じたメリットを挙げていきたいと思います。

さて、mixhostでは日本で初めて「LiteSpeed Webサーバー」を採用しました。

「LiteSpeed」は、Apache、Microsoft、Nginxに続く「第四のWEBサーバー」などと呼ばれることもある、近年グングンシェアを伸ばしてきているサーバーソフトウェアです。
一つのHTTPアクセスに対し並列に処理を行うことのできる「HTTP/2」プロトコルに標準対応している点(閲覧者側のブラウザもChromeやFireFoxなどのHTTP/2に対応しているものである必要はあります)、高速なレスポンス性能等々、その高速性に注目が集まっています。

更にmixhostのサーバーでは、最安プランからPHP7標準対応、マルチCPU・ピュアSSD RAID構成と、とことん高速化に拘った使用になっています。

MySQL、無料独自SSL、SSH、Cron、アクセス解析、Webメールもプラン制限なしで利用可能

サーバーへの侵入の検知や防御を行うWAFやIPS/IDS、30日分の遠隔バックアップを標準提供、メールやアップロードファイルのウイルススキャン等々……「これでもか! これでもかっ!」と高機能を詰めに詰めまくっています笑

 

でも、お高いんでしょう?」と思われるのが当然だと思いますが、現在は最安の「スタンダード」プランがは月額880円~(3年契約の場合)利用可能となっています。

はっきり言ってこのスペックでこの価格はむっちゃくちゃ安いと思います。

 

以前は更に安い480円/月~の「エコノミープラン」を提供していたようですが、さすがに安すぎたのでしょうか笑

「スタンダード」の上位プランには2018年2月現在「プレミアム」「ビジネス」「ビジネスプラス」「エンタープライズ」の4つがありますが、ぶっちゃけ個人ブロガーならスタンダードで十分だと思います。

100万PV前後/月をコンスタントに叩き出すようになってから上位プランを検討すれば良いんじゃないでしょうか(当サイトはまだまだ先が長そうです……)。

いざとなったらプランの変更も基本的にサーバーの乗換なしで行え、既に支払い済みの料金がある場合は差額を支払えばOKのようですので、こういった融通が効く点も地味に嬉しいですね(意外とプラン変更の際、一度前払いした分は補填できない仕様のサービスも多いんですよ……)。

 

サイトの表示が以前よりサクサクに!

MixHostでは、前項で挙げた「Litespeed」やPHP7に対応済みな事に加え、LiteSpeed Webサーバー専用のプラグイン「LiteSpeed Cache」が使用可能です。

PHPレベルのキャッシュプラグインはよくありますが、「LiteSpeed Cache」で生成されるのはサーバーレベルのキャッシュなので更なる高速化が期待できます。

また、「LiteSpeed Cache」プラグインの画像最適化機能により、アップロードした画像ファイルをWebP形式に変換することが可能です。これにより読み込み時の遅延の大きな原因となる画像ファイル容量もかなり(画像によっては90%以上も)削減することが可能です。

 

実際速くなったのか?ですが、体感としてはあきらかに表示が速くなっています

主観以外のデータとして、旧サーバーの時に取っておいた記録と現在のもので、トップページの読み込み時間の比較をしてみましょう。

 

有名どころでまずGoogle先生のTestMySiteの結果です。

移転前

移転後

スコアが1秒縮まっています。たかが1秒、されど1秒の差です。Googleのデータによれば平均して10%弱の離脱率の違いを生むとのことで、この差は大きいと思います。

 

続いてGoogle先生以外のメジャーどころ、Pingdomでの結果です。

移転前

移転後

こちらも僅かながら点数が上がっていますが、それよりも注目すべきは「Load time」の欄です。10.02s→6.63sと、テスト上では3秒以上も縮まっております。

まあページロード時間は環境や回線、ローテーション広告などによっても大きく変わるため、こういった計測サイトの点数はあくまで参考値ではあるのですが、それでも二種類試してどちらも向上したのは良い結果であると思います。

またその他のメジャーどころですが、PageSpeedsInsights(新しいサイトのデータが取れない現象が起きてる)、GT Metrix(旧サーバで記録とり忘れた)等々のやむを得ない事情(?)が生じたため、今回は上記の二つのみでの検証となりました……。

ただ、旧サーバの時点でスコアを上げるためにできることはかなりやっていたつもりでしたので、サーバーを替えるだけで変わるもんだなと自分でも感心しました。

 

サーバー乗り換え代行オプションを格安で提供!

これが、私がMixhostに乗り換えることを決めた最大の理由です。

以前のワンコインサーバーに限界を感じた私は、最初は自分で移管しようと思ってたんです。

「ただファイルを載せ替えて設定書き換えるだけだろ? 今はブログやら何やらで情報はたくさんあるし、まぁ~やってできないことはないだろう」と色々弄ってはみたのですが、作業途中で公開中のサイトが真っ白になり半泣きでなんとか復旧させました。

5時間くらいかけてサイトを止め、また元に戻すという完全に無意味というか損失だけを出した時間でした……

そして思ったのです。「うん、プロに任せよう」と。

そこでいざ代行サービスを探したのですが、試しに「サーバー移転 料金」とか、「Wordpress サーバー 移転代行」とかでググってみて下さい。

概ね5~10万、中には20万円近い料金を提示しているところもあります

そんな中MixHostでは、1サイトにつき9,980円(税別)という破格とも言えるお値段で請け負ってくれます。

値段の問題だけではなく、サーバーの移転代行には当然、旧サーバーと新サーバーの情報やWordpressのログイン情報などを代行者へ渡す必要があります。
代行業を生業としている方や企業が悪用するとは考えにくいですが、第三者に情報を一時預けるよりも、今後お世話になるホスティング会社にお任せしたほうが安心感があるように思えます。

さらにオプションとして、

SSL化済みのサイトの移転:3,980円(税別)
非SSLのWordPressサイトのSSL化:4,980円(税別)
※テーマやプラグイン、サイト構成により対応できない場合もございます。まずはお問い合わせください。
移転困難なレンタルサーバーからの移転:4,980円~(税別・要御見積)
※ほとんどのレンタルサーバーは該当しませんが、ごく一部において作業が発生いたします。

https://mixhost.jp/options/wp-transfer

とのことです。

今後のGoogle先生のご機嫌を考慮したら常時SSL化は必須かと思われますので、サーバー移転+サイトのSSL化が15,000円以内で勝手にやって貰えるというのは、私のような自分じゃできない、あるいはリスクや時間を取りたくない層にとってはかなり魅力的な提案です

 

ちなみに余談というか知っていてもあまり役に立たないと思われる豆知識ですが、「SSL(Secure Sockets Layer)」というのは既に使用が非推奨となっています。Netscape社がSSLの最後のバージョンSSL3.0がリリースされたのはなんと1995年です。その後も長く使われていましたが、2014年に重大な脆弱性が見つかりました。現在は非推奨となり、多くのブラウザでも「保護されています」といった表記が無効となっています。

SSLに代わって、1999年にSSL3.0を元にしたTLS(Transport Layer Security)1.0が定められ、現在はTLS1.2が広く使われています。このTLSがいわゆる「鍵マーク」「保護されています」の表示の際に判定されている暗号化技術なのです。

ただ90年代前半から使用されていた「SSL」の呼称がTLSが登場した段階では既に広く使用されていたため、「SSL/TLS」「TLS/SSL」といった併記がされたり、TLSのことも含めて”SSL”と呼ぶ場合が多いようです

 

mixhostさんにお願いしてからはめちゃめちゃスムーズでした。

サーバー移転代行の依頼をしてから作業完了の連絡が来るまで一週間もかかっていません。

念のためネームサーバーの変更前にhostsファイルを書き換えて確認しましたが何の問題もありませんでした。

色々調べながらおっかなびっくり時間をかけてやって、なんとかできたとして、後々不具合が出たときに自力で対応できるのか……などと考えたら、「最初からこうすればよかった」と深く思いました……。

 

サポートの対応がめちゃめちゃ良い!

よく言われているんですがこれも重要ですね。

サーバー移転の際からまめに連絡をくれましたし、内容も丁寧で分かりやすかったです。

さらに、私は自分のサイトをセキュリティプラグインやらBasic認証やらで素人のできる範囲でセキュリティを堅めているんですが、時折不正アクセスを試みて失敗したようなログが残っていることがあるんですよね。

それをちらっと相談したら、移行時に全ファイルのマルウェアスキャンをしてくれたりもして(あくまでご厚意でやってくれたので通常の対応内容には入っておりません。あしからず)、感動しました。

移転後もちょこちょこ問い合わせたのですが、レスポンスも早く、内容もテンプレではない分かりやすいもので、今のところではありますが非常に好感のもてる対応です

 

mixhostのデメリット(懸念点)

最後にデメリットというか懸念点を。

ぶっちゃけほぼ無いんですが笑、強いていうならば歴史が浅いことでしょうか。

mixhostがサービスの提供を開始したのは2016年6月からと、レンタルサーバのサービスとしてはまだまだ実績が浅いと言って良いと思います。

大規模障害が万が一発生した際の対応態勢などはどうかな……? という思いも無くはないです。

長年の運用経験、ノウハウを信頼性の指標として重視される方には向かないかもしれません。

正直どちらかと言えば私もこのタイプの人間ですが、それを補って余りあるメリットがある、と判断して乗り換えを行いました。

 

mixhostまとめ

MixHostほんとに良いよ」って内容だけで5,000文字以上書いてしまいました。

どっかで絡めようと思ったのですが、結局仮想通貨には一切関係ない内容になってしまいました笑

強いていうならば、仮想通貨の記事って画像を大量に使いがちなので(「~の登録方法」とか)、画像をまとめてWebPに変換できたり、高速化が期待できたりするmixhost+LiteSpeed Cacheとの相性は良いんじゃないかな~と思ったり、そんなんどんなジャンルでも一緒かなって思ったり……。

ま、まあそれだけ本気でおすすめってことです。

ぶっちゃけ私おすすめ記事って苦手なんですよ。嘘は書けないし、しょうもないポイント拾い上げても自分で記事中にツッコミ入れちゃったりしますし笑
だから使ってもいないサービスや、調べたこともないICOの広告記事依頼もほぼすべてお断りしているのが現状です(折角ご依頼頂いたところごめんなさい)。

そういう意味で、自分が実際に使ってみたナマの喜びがたくさん湧いてきて、書くこと自体は全然苦痛じゃありませんでした。ブログやHPを運営されている方はぜひ検討されてみてはいかがでしょうか!

というわけで今回はこの辺で!
ではまた~。

 

はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな取引所

取引所により取扱銘柄が違うこと、サーバーダウンや規約・仕様変更、日本円に戻す際の出口確保といったことへのリスク分散のため、取引所の口座は予め複数箇所で開設することをおすすめしています(開設は無料です)。
  • Zaif
    Zaif(ザイフ)

    ユニークな機能が充実の取引所「Zaif(ザイフ)」。Zaifだけが提供している仮想通貨の定期積立サービス(「Zaifコイン積立」)は初心者から上級者までおすすめ。NEM(XEM)、モナコイン(MONA)なども取扱。COMSAプラットフォームも話題沸騰中です。

    口座開設

  • Bitbank(ビットバンク)

    XRP(Ripple)、Monaなど、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)取引は「ビットバンク」。スマホもPCも使いやすいデザイン・初心者に優しい簡単操作で「売買自体初めて」という方にもオススメ。登録ガイド記事はこちら

    口座開設

  • QUOINEX(コインエクスチェンジ)

    QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、顧客の資産をコールドウォレットに保管し、セキュリティに非常に力を入れている取引所です。仮想通貨金融サービスプロジェクト「LIQUID」のために開発された独自トークン「QASH」も話題。登録ガイド記事はこちら

    口座開設

card02

 

その他おすすめ取引所

  • ビットバンクトレード

    ビットバンクトレードはBitbankと同じ「ビットバンク株式会社」が運営する追証(資産が入金額よりマイナスになること)無し、24時間365日、完全日本語対応でビットコインFXができる取引所です。入出金はビットコインでのみ可能なため、Bitbankと併せて開設されることをお薦めします。

  • bitFlyer

    ビットコイン取引量日本一(2016年)。CMでもお馴染み、厳重なセキュリティに加え取引所自体が保険に加入しているため万一の際にも安心の「bitFlyer(ビットフライヤー)」。SMBC、三菱UFJ、みずほ、SBI、三井住友などが株主でバックボーンもしっかり。

  • DMM Bitcoin

    DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は国内大手IT企業「DMM」の運営する仮想通貨取引所です。アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)のレバレッジ取引ができるところが特徴です。

  • Bit Trade

    Bit Trade(ビットトレード)はシンプルかつ軽量、高機能なトレードツールを兼ね備えた、トレーダーにおすすめの取引所です。TradingViewを採用しています。

 

card02

card01
card02
card05
card06
card03
card04

bar3


「仮想通貨ブログを始めたい」という方向けのヒント記事を執筆しました。約10,000字ほどの内容を、noteにてワンコインで販売中です。これからブログに挑戦してみたい方は、ぜひ一度冒頭部だけでもご覧頂ければ幸いです。

こちらは仮想通貨に限らず、「ブログを始めてみたい。でも文章を書くことに苦手意識がある」という方に向け、記事の構成から、内容に説得力を持たせるコツなど、文章のヒントを詰め込みました。noteにてワンコインで販売中です。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

-03.その他, 雑記
-, , , , , ,



Author:ニルス

ニルス

二十代後半の貧乏社会人(Twitter:@nils00000)。サイト制作、WEB広告、画像編集などを含む何でも屋事務員(薄給)として真っ黒い会社で働く傍ら、ド文系ながら暗号通貨に興味を持つ。暗号通貨(ビットコイン・アルトコイン)のトレード、クラウドマイニング、セルフマイニングなどを勉強しながら実践中。保有アルトコイン銘柄 $WAVES / $ETH / $XRP / $XMR / $AE / $ETN など。 ※当サイトに掲載しているサービス・銘柄について、利益をお約束するものではございません。また情報の正確性には気を配っておりますが、当サイトの掲載内容について保証は一切致しかねます。必ずご自身で情報をご精査の上ご利用下さい。

関連記事

雑記:仮想通貨投資の目的(ほぼ時計の話)

この記事の目次1 仮想通貨投資の目標・目的1.1 時計が好きだ1.2 自己満足?1.3 高いものは正義か1.4 終わりに1.4.1 はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな取引所1.4.2 その …

詐欺ICOを回避する方法(翻訳記事)

この記事の目次1 詐欺ICOを回避する方法1.1 Unrealistic goals(非現実的な目標)1.2 Buzzword salad(バズワードサラダ)1.3 Whitepaper(ホワイトペー …

no image

雑記 - 当サイトを始めた理由など

この記事の目次1 雑記 - 当サイトを始めた理由など1.0.1 はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな取引所1.0.2 その他おすすめ取引所 雑記 - 当サイトを始めた理由など 今日は私がどう …

アルトコイン(altcoins)をリサーチする最良の方法(翻訳記事)

この記事の目次1 はじめに2 “What’s the best way to research altcoins?”(アルトコインを研究する最良の方法は何ですか?) …

サイト訪問者にマイニングをしてもらうサービスについて(私見)

この記事の目次1 Webサイト訪問者に仮想通貨のマイニングをしてもらう新たな広告形態2 Coinlab – Webサイト訪問者に仮想通貨のマイニングをしてもらう3 早速導入したイケハヤ氏が …

オススメ

BITMEXの登録はこちら

レバレッジ1~100倍、使いやすいビットコインFXサイト「BITMEX

2018/08/05

Waves Community Japan・Waves Stationのご紹介

この記事の目次1 WAVES関連の日本のウェブサイト2 Waves Community Japan3 Waves Station4 まとめ4.0.1 はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな取引 …

2018/08/03

手数料が激安 仮想通貨取引所BitMart(ビットマート)とは

この記事の目次1 手数料が激安 仮想通貨取引所BitMart(ビットマート)とは2 BitMart(ビットマート)の特徴2.1 運営実態について2.2 手数料が安い2.3 BMXトークン2.4 懸念点 …

2018/08/02

Stellar/Lumenを持っているだけで増やす方法

この記事の目次1 Stellar/Lumenを持っているだけで増やす方法2 XLMのinflation(インフレーション)とは3 xlmpoolでのinflation投票のやりかた4 まとめ4.0.1 …

2018/07/22

Mining Rig Rentalsを使って機材・設備無しにマイニングをする方法

この記事の目次1 Mining Rig Rentalsを使って機材・設備無しにマイニングをする方法2 Mining Rig Rentalsの使い方2.1 Mining Rig Rentalsに登録、デ …

2018/07/20

だれでも気軽に株式投資、スマホ証券「One Tap BUY(ワンタップバイ)」登録方法

この記事の目次1 だれでも気軽に株式投資、スマホ証券「One Tap BUY(ワンタップバイ)」登録方法2 「One Tap BUY(ワンタップバイ)」登録方法(WEB上の入力フォーム完了まで)3 「 …

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin Co.,Ltd.posted withアプリーチ