ページ読込中...

Loading...

 ニルスの暗号通貨日記

「ニルスの暗号通貨日記」は、暗号通貨 / 仮想通貨でセミリタイアを狙う貧乏サラリーマンが日々の投資を綴るブログです。暗号通貨投資(トレード)、ビットコイン・アルトコインのマイニング、その他雑学等について書いていきます。

01.ビットコイン 03.その他 ネタ記事 都市伝説・オカルト

ビットコインを巡るイルミナティの陰謀論について

投稿日:2017-05-20 更新日:

陰謀論

みなさんこんばんは、ニルスです。

BITMEXの登録はこちら

突然ですが皆様は都市伝説、とりわけ「陰謀論」に興味がありますか?

日ユ同祖論、アポロ計画陰謀論、地震兵器etc…

私はとっっっても大好きです!!!

そんな陰謀論に欠かせない、スター級の主役がフリーメイソン、イルミナティです。

今回は暗号通貨と陰謀論を絡めた与太話をしたいと思います。

 

 

イルミナティって?

イルミナティ」という組織を聞いたことがあるでしょうか。

秘密結社フリーメイソンの中でも、ごくごく限られた上層部のみが身を置いていると言われている組織です。

国家元首や大財閥の最高責任者などといった顔ぶれが所属しており、世界を裏から動かしているというまさに深淵中の深淵です。

彼らは一部の資本家とエリートが絶大な権力をもって、全世界と民衆を管理する社会の実現を目指しているらしいです。まさに人間牧場、ディストピアです。
新世界秩序の構築こそ彼らの悲願なのです

彼らに関係する組織にはプロビデンスの目(上の画像参照)をはじめとする特有のマークや印が埋め込まれていると言います。

その一つが悪魔の数字として有名な“666”です。

あの世界的大企業、Appleやgoogleにもその数字が埋め込まれているといいます。

このように…

666という数字が確認できるのです!(な、なんだってー!?)

 

イルミナティとロスチャイルド

そんなイルミナティにはあのロックフェラー財閥や、ロスチャイルド財閥も関わっているといいます。
ロスチャイルド家の礎を築いたマイアー・アムシェル・ロートシルト(1744年2月23日 – 1812年9月19日)は、

「私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。そうすれば、誰が法律を作ろうと、そんなことはどうでも良い」
(“Let me issue and control a nation’s money and I care not who writes the laws”)

という言葉を残しています。
貨幣の発行権」がどれほどの権力に繋がるのか、18世紀に生きる彼は既に理解していたのです。

その後、ロスチャイルド家は超・巨大金融グループとして成長し、現在も国家を跨いで各国の中央銀行を影からコントロールしているといいます。

 

イルミナティの敵 ― ビットコインの誕生

イルミナティの一員として世界中の貨幣を裏から牛耳るロスチャイルド家…。
この権力は新世界秩序の実現への大きな鍵となるでしょう。

しかし、人為的に貨幣発行権をコントロールできない存在が誕生しました。

このサイトをご覧の皆さまならもうお分かりですね。

そう、「ビットコイン」です。

皆さまも御存知の通り、ビットコインには管理者がおらず、誰にもコントロールができません

ビットコインが世界通貨として台頭してしまったら、国家の発行する貨幣の価値が霞んで、イルミナティの権力も衰えてしまいます。

そこで妨害工作が始まります。あのマウント・ゴックス事件もビットコインの普及を妨害するためのものだったというのです。

たしかに、一取引所のハッキング事件に過ぎないあの出来事が、まるでビットコイン自体にセキュリティ上の欠陥があるかのように報じられ、人々は「ビットコインはなんか胡散臭い」と決定的に印象づけられました。

 

イルミナティからの刺客 ― Ripple

しかし、マウントゴックス事件のほとぼりが冷めてきた今、再びビットコインの価格上昇が止まらなくなっています。

そこで彼らは以前より温めていた別の工作を打ち出します。

それこそがRippleなのです!

RippleにはRipple Labs, INC.という管理・発行企業があります。

なによりRippleはブロックチェーンを使用しません。独自の電子送金プロトコルを持っています。

いわばRippleはビットコインの無政府性を排除したものなのです

ここでRippleという文字を改めてよく見てみましょう。

ほら! 666がいる!!!!

これがRippleがビットコイン潰しの為の刺客である何よりの証拠です。

彼らはその強大な力を示すため、あえて同じ土俵で叩き潰そうというわけです。

皆さまの知るとおり、ここ最近Rippleが冗談みたいな価格急騰を見せています。

これもイルミナティの陰謀だといいます。

世界の富の大部分を握る彼らには、まだまだ市場規模の小さい仮想通貨の価格操作など容易です。

つまり、これはまだ始まりに過ぎないのです。

リップルはやがてビットコインを抜き去って、ナンバーワン暗号通貨としての座を手に入れようとしているのです!!!!!!

その流れを察知し、今のうちにリップルを買い込んでおけば、将来大量の富を手に入れ、イルミナティの下層として支配階級になれるかもしれません!!

リップルは6.66ドル、66.6ドルと値上がりし、最終的には1XRP=666ドルまで上がり、そして私の資産は300億円になるのです!!!!!!

 

信じるか信じないかはあなた次第です!(やっと言えた!)

 

 

という与太話でした。

(joke記事ですから名前を出された方々は本気で怒らないでくださいねお願いしますお願いします)

ちなみにRippleはCoincheck(国内取引所)、Poloniex(海外取引所)、Bittrex(海外取引所)など多くの場所で取り扱いがありますので興味のある方はそちらで。

 

…この記事を最後に当サイトの更新が途絶えたら“消された”ことを疑って下さい…

ではまた。

 

はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな取引所

取引所により取扱銘柄が違うこと、サーバーダウンや規約・仕様変更、日本円に戻す際の出口確保といったことへのリスク分散のため、取引所の口座は予め複数箇所で開設することをおすすめしています(開設は無料です)。
  • Zaif
    Zaif(ザイフ)

    ユニークな機能が充実の取引所「Zaif(ザイフ)」。Zaifだけが提供している仮想通貨の定期積立サービス(「Zaifコイン積立」)は初心者から上級者までおすすめ。NEM(XEM)、モナコイン(MONA)なども取扱。COMSAプラットフォームも話題沸騰中です。

    口座開設

  • Bitbank(ビットバンク)

    XRP(Ripple)、Monaなど、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)取引は「ビットバンク」。スマホもPCも使いやすいデザイン・初心者に優しい簡単操作で「売買自体初めて」という方にもオススメ。登録ガイド記事はこちら

    口座開設

  • QUOINEX(コインエクスチェンジ)

    QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、顧客の資産をコールドウォレットに保管し、セキュリティに非常に力を入れている取引所です。仮想通貨金融サービスプロジェクト「LIQUID」のために開発された独自トークン「QASH」も話題。登録ガイド記事はこちら

    口座開設

card02

 

その他おすすめ取引所

  • ビットバンクトレード

    ビットバンクトレードはBitbankと同じ「ビットバンク株式会社」が運営する追証(資産が入金額よりマイナスになること)無し、24時間365日、完全日本語対応でビットコインFXができる取引所です。入出金はビットコインでのみ可能なため、Bitbankと併せて開設されることをお薦めします。

  • bitFlyer

    ビットコイン取引量日本一(2016年)。CMでもお馴染み、厳重なセキュリティに加え取引所自体が保険に加入しているため万一の際にも安心の「bitFlyer(ビットフライヤー)」。SMBC、三菱UFJ、みずほ、SBI、三井住友などが株主でバックボーンもしっかり。

  • DMM Bitcoin

    DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は国内大手IT企業「DMM」の運営する仮想通貨取引所です。アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)のレバレッジ取引ができるところが特徴です。

  • Bit Trade

    Bit Trade(ビットトレード)はシンプルかつ軽量、高機能なトレードツールを兼ね備えた、トレーダーにおすすめの取引所です。TradingViewを採用しています。

 

card02

card01
card02
card05
card06
card03
card04

bar3


「仮想通貨ブログを始めたい」という方向けのヒント記事を執筆しました。約10,000字ほどの内容を、noteにてワンコインで販売中です。これからブログに挑戦してみたい方は、ぜひ一度冒頭部だけでもご覧頂ければ幸いです。

こちらは仮想通貨に限らず、「ブログを始めてみたい。でも文章を書くことに苦手意識がある」という方に向け、記事の構成から、内容に説得力を持たせるコツなど、文章のヒントを詰め込みました。noteにてワンコインで販売中です。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

-01.ビットコイン, 03.その他, ネタ記事, 都市伝説・オカルト
-, , , , , , ,



Author:ニルス

ニルス

二十代後半の貧乏社会人(Twitter:@nils00000)。サイト制作、WEB広告、画像編集などを含む何でも屋事務員(薄給)として真っ黒い会社で働く傍ら、ド文系ながら暗号通貨に興味を持つ。暗号通貨(ビットコイン・アルトコイン)のトレード、クラウドマイニング、セルフマイニングなどを勉強しながら実践中。保有アルトコイン銘柄 $WAVES / $ETH / $XRP / $XMR / $AE / $ETN など。 ※当サイトに掲載しているサービス・銘柄について、利益をお約束するものではございません。また情報の正確性には気を配っておりますが、当サイトの掲載内容について保証は一切致しかねます。必ずご自身で情報をご精査の上ご利用下さい。


  1. 匿名 より:

    最後笑ってしまいました笑

    • ニルス より:

      ありがとうございます!そう言っていただけると書いた甲斐があります!笑
      でも冗談抜きでリップルは推してます。そのうちリップルのすすめ的な記事で理由を書きます。

  2. さらん より:

    すごーい!!
    さすがニルスさん、読みごたえがある面白い記事でした~
    陰謀説とか案外好きです(笑)
    あるかも・・・
    ロックフェラー財団だっけなぁ?火星移住を計画してると聞きましたが・・・
    これはひょっとすると!?あるかも・・・あるかも!!笑

    • ニルス より:

      さらんさん

      コメントありがとうございます!
      さらんさんもなかなかお詳しいですね!笑
      さあみんなでリップル信者になりましょう!
      ただリップルもそうですが、これから出るであろうMUFGコインやSBIコインも厳然たる管理発行者がいるという意味では本質的には法定通貨と変わらないので、価格は舵取り(コントロール)される可能性が高いです。
      市場に任せて大爆発を狙うなら管理者不在型の暗号通貨のほうがお金持ちの思惑にあまり左右されないので面白いです。

  3. かにぽん より:

    リップルの文字だけではなくロゴにも666になってますよー

  4. かにぽん より:

    ロゴもおもいっきり666ですよ!

    • ニルス より:

      コメントありがとうございます!
      確かに6が三つ繋がっている形に見えますね…!
      SBI取引所、国際送金の開始とこの夏~秋、リップルは大きく動きます。本格的に動き出す怪物の動きに注目ですね…!

  5. フィン より:

    ethereumにも666がありますねえ。。

    好きです都市伝説

    • ニルス より:

      わ!ほんとですね!!ご指摘されるまで本当に気付きませんでした…笑
      これはQ4前に買い増さないと…ですかね!

  6. タカぴぃー より:

    はじめまして。

    陰謀論がお好きなようなので…

    マイナンバーシステム
    もうすぐ、本格的に稼働しますね。

    約2000年前に書かれた『聖書』に預言されていました。

    『また、小さい者にも、大きい者にも、富んでいる者にも、貧しい者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々にその右の手かその額かに、刻印を受けさせた。また、その刻印、すなわち、あの獣の名、またはその名の数字を持っている者以外は、だれも、買うことも、売ることもできないようにした。ここに知恵がある。思慮ある者はその獣の数字を数えなさい。その数字は人間をさしているからである。その数字は六百六十六である。』(黙示録13:16-18)

    聖書で『7』は、神様を表します。『6』は人間を表します。

    そして、『666』というのは、古代ヘブライ語で『www』と表記されます。
    いま、コンピュータでインターネットに接続すると、アドレスとして表記されますね。

    マイナンバーシステムもコンピュータによって管理されますよね?

    そして、さらに、
    A〓6
    B〓12
    C〓18
    D〓24

    と、アルファベットに6の倍数を順番に割り当てていったとき、コンピュータ
    『computer』は…
    C〓18
    O〓90
    M〓78
    P〓96
    U〓126
    T〓120
    E〓30
    R〓108

    全てを足すと…『666』である。

    タダの偶然でしょうか?
    そんなハズはないですよね?

    はじめから、コンピュータで人間を奴隷として管理することが計画されていた。

    コンピュータを開発したのは誰でしょう??

    聖書は宗教のための書物ではありません。
    神様の言葉を預かった書物です。

    • ニルス より:

      たいへん興味深いコメントありがとうございます!
      コンピュータ関連はNOP命令、AIなど材料が尽きず面白いです…!

  7. こーいち より:

    イーサリアムのマークも、秘密結社に関係のあるものだとかなんとか…..

    楽しいですね、こういう話w

    • ニルス より:

      楽しいですよね!当サイトの記事についてはあくまでネタとして楽しんで頂ければ幸いですw

関連記事

【詐欺?】どうしてビットコインは広く浸透しないのか?【円天?】

この記事の目次1 ビットコインは怪しい?詐欺?1.1 1. 保証がない1.2 2. 担保がない(?)1.3 3. ちょいちょい取引所で事件が起こる2 まとめ2.1 はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引に …

ランサムウェア ― BTCを支払ってもロックが解除されない!?

この記事の目次1 ビットコイン身代金を支払ってもロックが解除されないランサムウェア2 ビットコインでの身代金を支払っているにも関わらず、復号鍵を受け取れない不幸な犠牲者たち―Victims Unlik …

ビットコインとランサムウェア―被害と対策

この記事の目次0.1 ビットコインとランサムウェア1 2016年、FBIは2,600以上のランサムウェア被害を受領(The FBI Received Over 2,600 Ransomware Com …

仮想通貨取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ)登録マニュアル

この記事の目次1 仮想通貨取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ)2 Quoinex(コインエクスチェンジ)登録マニュアル3 仮想通貨取引所Quoinex(コインエクスチェンジ)登録マニュアル ま …

ビットコインとスマートコントラクト

画像:https://medium.com/@VladimirTikhomirov/weekly-report-04-18-4d7d543ce019 より この記事の目次1 ビットコインとスマートコン …

オススメ

BITMEXの登録はこちら

レバレッジ1~100倍、使いやすいビットコインFXサイト「BITMEX

2018/08/05

Waves Community Japan・Waves Stationのご紹介

この記事の目次1 WAVES関連の日本のウェブサイト2 Waves Community Japan3 Waves Station4 まとめ4.0.1 はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな取引 …

2018/08/03

手数料が激安 仮想通貨取引所BitMart(ビットマート)とは

この記事の目次1 手数料が激安 仮想通貨取引所BitMart(ビットマート)とは2 BitMart(ビットマート)の特徴2.1 運営実態について2.2 手数料が安い2.3 BMXトークン2.4 懸念点 …

2018/08/02

Stellar/Lumenを持っているだけで増やす方法

この記事の目次1 Stellar/Lumenを持っているだけで増やす方法2 XLMのinflation(インフレーション)とは3 xlmpoolでのinflation投票のやりかた4 まとめ4.0.1 …

2018/07/22

Mining Rig Rentalsを使って機材・設備無しにマイニングをする方法

この記事の目次1 Mining Rig Rentalsを使って機材・設備無しにマイニングをする方法2 Mining Rig Rentalsの使い方2.1 Mining Rig Rentalsに登録、デ …

2018/07/20

だれでも気軽に株式投資、スマホ証券「One Tap BUY(ワンタップバイ)」登録方法

この記事の目次1 だれでも気軽に株式投資、スマホ証券「One Tap BUY(ワンタップバイ)」登録方法2 「One Tap BUY(ワンタップバイ)」登録方法(WEB上の入力フォーム完了まで)3 「 …

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin Co.,Ltd.posted withアプリーチ