ページ読込中...

Loading...

 ニルスの暗号通貨日記

「ニルスの暗号通貨日記」は、暗号通貨 / 仮想通貨でセミリタイアを狙う貧乏サラリーマンが日々の投資を綴るブログです。暗号通貨投資(トレード)、ビットコイン・アルトコインのマイニング、その他雑学等について書いていきます。

01.ビットコイン Ethereum 取引所

仮想通貨Ethereum(イーサリアム)をドルコスト平均法で積立投資しよう

投稿日:2017-10-27 更新日:

仮想通貨Ethereum(イーサリアム)をドルコスト平均法で積立投資しよう

Zaifコイン積立に仮想通貨Ethereum(イーサリアム)が追加!

皆さんこんにちは、ニルスです。

本日は(まあ見出しのまんまなんですが笑)、以前ご紹介した「Zaifコイン積立」に、これまた最近記事にしたEthereum(イーサリアム/イーサリウム)が選択肢として追加されたよ! という記事になります。

※Zaifコイン積立についてはこちら

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)で仮想通貨の積立をしよう
仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)でビットコインやNEMの積立をしよう皆さんこんにちは、ニルスです。本日は仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)が提供している、仮想通貨の積立サービ...

※Ethereumについてはこちら

Ethereum (イーサリアム) ― 世界を変える分散型プラットフォーム
仮想通貨Ethereum(イーサリアム)皆さんこんにちは、ニルスです。本日はみんな大好き(?)イーサリアムの記事です。Ethereum(イーサリアム/イーサリウム)は、私がRip...

 

Zaifコイン積立―仮想通貨を定額積立できるサービス

以前の記事でご紹介した通り、日本の仮想通貨取引所・Zaif(ザイフ)で実施しているサービスZaifコイン積立」は、複数種類の仮想通貨を1,000円から定額積立できるサービスです(金額は1,000円単位で変更可能です)。

これまではビットコイン(BTC)、ネム(XEM)、モナコイン(MONA)の三つしか選べなかったのですが、今回新たに、イーサリアム(ETH)が積立対象に追加されます

…といっても当記事執筆時点(2017/10/27)ではまだ設定ができないようなので、既に口座をお持ちの方はもう少々お待ち下さい(私も待ってます…!)。
→2017/10/31追記 無事、設定できるようになってました!

現時点で口座をお持ちでなく、これから開設を検討されている方については、最近のユーザー数爆増により本人確認までの時間がかかっているようなので、早めに開設申請だけでもされると宜しいかと思います。

積み立てる金額は上記のように簡単に設定が可能です。

月々の積立金は銀行口座からの自動引き落としが可能で、

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行といった都市銀行。

ジャパンネット銀行、セブン銀行、ソニー銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行、イオン銀行といったネット銀行。

さらに多数の地方銀行、信用金庫に対応しており、口座の対応状況が原因で利用できないというケースはあまりなさそうです。
銀行印不要で、オンラインで設定が完結するのもとても便利です。

 

積立投資のメリット・デメリット

この項では積立投資のメリットを4つに分けてご紹介します。
またデメリットも併せてご紹介したいと思います。

 

積立投資のメリット1 ― 分散投資

時間(タイミング)と資産を分けて投資を行うことで、リスクをコントロールできます。
仮想通貨は、値上がり、値下がりといった値動きのリスクがあります。一定額を一定タイミングで長期的に投資することで、このリスクを平準化することができます。

Zaifコイン積立の場合、引き落としから次の引き落としまでの間、自動で毎日買い付けを行います
たとえば投資資金として3万円が引き落とされたら、毎日約1,000円分の買い付けを自動で行います。
これにより、特に値動きの激しい仮想通貨のリスクを軽減させます。

このように決まった間隔で定額投資を行う投資手法を、「ドル・コスト平均法」と言います。

ドル・コスト平均法(英: dollar cost averaging)とは、株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一つ。定額購入法ともいう。金融商品を購入する場合、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する。例えば「予定資金を12分割して、月末ごとに資金の1/12を投入し、一年かけて全量を買う」という手法。

高値掴みのリスクを避けるための時間分散の一種であるが、数量を等分するのではなく、金額を等分する点が単なる分散と異なる。価格が高い時は購入数量が少なく、安い時には多いため、単純な数量分割に比べ平均値の点で有利になるとされる。価格が下がった場合のみならず、上がったときにも買う点で難平買いとは異なる。

長期投資でリスクを抑制し、安定した収益を得たい場合に使われる手法である。上げ相場でドル・コスト平均法を行うと平均購入単価がかえって高くなり、収益を減少させてしまう欠点もある。タイミングを精密に測れないため、値動きの早い商品で、ハイリターンを目指す投資には向かない。

Wikipedia「ドル・コスト平均法」より

決まった間隔定額投資を行うことにより、仮想通貨の購入枚数は価格が安い時は多く、反対に価格が高い時は少なくなります。
長期的に投資する場合、一度にまとめて買い付けた時に比べて、平均コストを低く抑えられる効果が期待できます。

 

積立投資のメリット2 ― 少額投資が可能

一度に多額を投資するのと違って、積立投資は一般的に少額から始められるのが魅力の一つです。

Zaifコイン積立の場合、最低1,000円(+手数料)から積立が可能です。

設定金額は簡単に変更可能ですので、一度に投資できるまとまった資金がない場合や、貯蓄代わりに自分のペースでコツコツ投資をしたい場合に有効な投資法です。

 

積立投資のメリット3 ― 全自動で手間いらず

個人的に一番のメリットはこれじゃないかと思います笑

自分で投資を行う場合、取引所の口座に円を入金して、仮想通貨の値動きを調べて、できるだけ安いタイミングで買って……といった作業が必要です。
一日がかりどころか、「今は高いから止めとこう」といった感じで数日に渡ってタイミングを伺うこともままあります。

積立の場合は機械的に、同じタイミングで、同じ金額を、自動で買い付けてくれます

仕事で忙しい方、家事育児で都合よく自分の時間がなかなか取れない方にはピッタリの投資法です。

 

積立投資のデメリット1 ― 大きなリターンは得られにくい

続いてデメリットを見ていきたいと思います。

先に挙げたように、買い付けの機会をバラすことでリスクを減らすのが積立のメリットの一つです。
こちらと表裏一体なのが、リターンの大きさが減る(可能性がある)ことです。

これはどういうことか。例を見てみましょう。

たとえばビットコインが2016年1月に5万円だったとします。
そしてしばらくほぼ同額で推移していたのが、2016年4月途中に突然20万円に暴騰したとします。

これを「A:1月に予算30万円を全額投資した場合」、「B:毎月5万円ずつを6ヶ月間積立投資した場合」に分けて見ていきましょう。

一番最初(表中A)のタイミングで30万円(6BTC)を投資しホールドしていた場合、暴騰の恩恵を丸ごと受けるため6月末で評価額は約120万円になります。

対して月々5万円ずつ(表中B1~B6)積立投資した場合、4月までの4BTCが暴騰の恩恵を受け、5,6月はヨコヨコだったため、評価額は約90万円です。

このように、安値で買えたときのリターンの大きさは一点投資に軍配が上がります

これはめちゃくちゃ単純化した図ですが、実際は何段階にも分けて上がったり下がったりしますので更に差は開く可能性もあります。
当然ながら、逆に下がったときの損失も一点投資のほうが大きくなります

ハイリスクハイリターンを狙うなら底値を探って一点買い、リスクを低減させてコツコツ増額を狙うなら積立、と使い分けるのが良いと思います。

 

積立投資のデメリット2 ― 手数料が高め

これは積立投資の、というよりは「Zaifコイン積立」のデメリット、最大のネックなのですが…

手数料が高いです!

Zaifコイン積立の手数料は、2017年10月現在下記のような形です。

月々の積立金額:手数料
1千円~2千円:一律100円
3千円~9千円:3.5%
1万円~2万9千円:2.5%
3万円~4万9千円:2.0%
5万円以上:1.5%

たとえばビットコインを1万円、ネムを5千円、モナコインを5千円で合計2万円の積立を毎月行っていたとすると、

20,000(円)✕2.5(%)=500円が手数料になります。

確かに、手数料分でマイナスになることは今まではほとんど無かったと思います。
今後も仮想通貨がガンガン成長していくなら微々たるものかもしれません。
ですが、手数料は安いに越したことはありませんよね。

しかし日本の仮想通貨取引所、交換所サービスにおいて、アルトコインの積立投資が行える他の選択肢は現状存在しない(ですよね?もしあったら私自身乗り換えを検討するので教えてください…笑)ので、メリットを受けるための必要経費と言い聞かせて利用しております。

まとめ

というわけで、Zaifコイン積立に「イーサリアム」が追加されたとのことで改めてまとめてみました。

Zaifコイン積立は、私も2月くらいから実際に利用しているサービスです
加えて一推しの銘柄イーサリアムが追加されたともなれば私自身増額を検討中です笑

実際に使ってみてどうなのか? は以前の記事にも書きましたが、投資額の合計に対して6~7倍になっています。
もちろん結果論で言えば、積立開始時点で積立合計額分XEMやMONAを買っていた方が儲かっていました
しかし何より、勝手に買って勝手に積み立ててくれている安心感は精神衛生上大変良いです笑

普段からトレードをされる方でも、リスク分散のために予算の何割かは積立に回すのも良いのではないでしょうか。

というわけで今回はこの辺で。
ではまた。

 

はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな取引所

取引所により取扱銘柄が違うこと、サーバーダウンや規約・仕様変更、日本円に戻す際の出口確保といったことへのリスク分散のため、取引所の口座は予め複数箇所で開設することをおすすめしています(開設は無料です)。
  • Zaif
    Zaif(ザイフ)

    ユニークな機能が充実の取引所「Zaif(ザイフ)」。Zaifだけが提供している仮想通貨の定期積立サービス(「Zaifコイン積立」)は初心者から上級者までおすすめ。NEM(XEM)、モナコイン(MONA)なども取扱。COMSAプラットフォームも話題沸騰中です。

    口座開設

  • Bitbank(ビットバンク)

    XRP(Ripple)、Monaなど、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)取引は「ビットバンク」。スマホもPCも使いやすいデザイン・初心者に優しい簡単操作で「売買自体初めて」という方にもオススメ。登録ガイド記事はこちら

    口座開設

  • QUOINEX
    QUOINEX(コインエクスチェンジ)

    QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、顧客の資産をコールドウォレットに保管し、セキュリティに非常に力を入れている取引所です。仮想通貨金融サービスプロジェクト「LIQUID」のために開発された独自トークン「QASH」も話題。登録ガイド記事はこちら

    口座開設

 

その他おすすめ取引所

  • ビットバンクトレード

    ビットバンクトレードはBitbankと同じ「ビットバンク株式会社」が運営する追証(資産が入金額よりマイナスになること)無し、24時間365日、完全日本語対応でビットコインFXができる取引所です。入出金はビットコインでのみ可能なため、Bitbankと併せて開設されることをお薦めします。

  • bitFlyer

    ビットコイン取引量日本一(2016年)。CMでもお馴染み、厳重なセキュリティに加え取引所自体が保険に加入しているため万一の際にも安心の「bitFlyer(ビットフライヤー)」。SMBC、三菱UFJ、みずほ、SBI、三井住友などが株主でバックボーンもしっかり。

  • DMM Bitcoin

    DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は国内大手IT企業「DMM」の運営する仮想通貨取引所です。アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)のレバレッジ取引ができるところが特徴です。

  • Bit Trade

    Bit Trade(ビットトレード)はシンプルかつ軽量、高機能なトレードツールを兼ね備えた、トレーダーにおすすめの取引所です。TradingViewを採用しています。

 

オススメ記事

よく読んで頂いている記事、個人的におすすめの記事をまとめました。


「仮想通貨ブログを始めたい」という方向けのヒント記事を執筆しました。約10,000字ほどの内容を、noteにてワンコインで販売中です。これからブログに挑戦してみたい方は、ぜひ一度冒頭部だけでもご覧頂ければ幸いです。

こちらは仮想通貨に限らず、「ブログを始めてみたい。でも文章を書くことに苦手意識がある」という方に向け、記事の構成から、内容に説得力を持たせるコツなど、文章のヒントを詰め込みました。noteにてワンコインで販売中です。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

-01.ビットコイン, Ethereum, 取引所
-, , , , , , , , , , , , , , , ,



Author:ニルス

ニルス

二十代後半の貧乏社会人(Twitter:@nils00000)。サイト制作、WEB広告、画像編集などを含む何でも屋事務員(薄給)として真っ黒い会社で働く傍ら、ド文系ながら暗号通貨に興味を持つ。暗号通貨(ビットコイン・アルトコイン)のトレード、クラウドマイニング、セルフマイニングなどを勉強しながら実践中。保有アルトコイン銘柄 $WAVES / $ETH / $XRP / $XMR / $AE / $ETN など。 ※当サイトに掲載しているサービス・銘柄について、利益をお約束するものではございません。また情報の正確性には気を配っておりますが、当サイトの掲載内容について保証は一切致しかねます。必ずご自身で情報をご精査の上ご利用下さい。

関連記事

ブロックチェーン・ミドルウェア「ChainLink(チェーンリンク)」 ― Rippleのライバル?

この記事の目次1 ChainLink (チェーンリンク/チェインリンク)1.1 ChainLink (チェーンリンク)とは1.2 強力なパートナー1.3 Ripple(XRP)との関係は?2 まとめ2 …

暗号通貨(仮想通貨)取引に慣れてきた人の取引所は”J-Bits”がおすすめ

この記事の目次1 ※大変残念ながら、2017年3月24日(金)12時をもって、「J-Bits」のサービスは終了することとなりました。現在のおすすめ取引所は「Coincheck」です。2 暗号通貨取引所 …

BitMEXでビットコインFXに挑戦!第二回:慎重なトレード

この記事の目次1 BitMEXでビットコインFXに挑戦!第二回:慎重なトレード1.1 レバレッジを抑える1.2 証拠金に余裕をもたせる1.3 とりあえず上の二つを実践した結果2 まとめ2.0.1 はじ …

ハードウェア(物理)ウォレットでビットコインを安全に保管しよう

この記事の目次1 ビットコインハードフォーク問題 ~ビットコインを安全に保管するには~1.1 ビットコインの問題が落ち着いた後、暴落する可能性1.2 時価総額、取引ボリュームの低い通貨は暴落に巻き込ま …

ランサムウェア ― BTCを支払ってもロックが解除されない!?

この記事の目次1 ビットコイン身代金を支払ってもロックが解除されないランサムウェア2 ビットコインでの身代金を支払っているにも関わらず、復号鍵を受け取れない不幸な犠牲者たち―Victims Unlik …

2018/06/15

[富裕層のための「仮想通貨」メディア]にて連載を開始しました

この記事の目次1 「富裕層のための「仮想通貨」メディア」にて連載を開始しました2 連載までの経緯など3 連載のテーマなど3.0.1 はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな取引所3.0.2 その …

2018/05/28

SCAMトークンのAirdrop(エアドロップ)に気をつけよう

この記事の目次1 SCAMトークンのAirdrop(エアドロップ)に気をつけよう2 SCAMトークンが降ってくる3 WAVESの場合4 まとめ4.0.1 はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな …

2018/05/27

インターチェーンとは何か

この記事の目次1 インターチェーンとは何か2 インターチェーンとは何ですか?3 まとめ3.0.1 はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな取引所3.0.2 その他おすすめ取引所3.0.3 オスス …

2018/05/24

Quantstamp(クオントスタンプ)―スマートコントラクトのコード監査

この記事の目次1 Quantstamp(クオントスタンプ)―スマートコントラクトのコード監査2 Quantstamp(クオントスタンプ)とは3 コード監査4 Quantstamp(クオントスタンプ)の …

2018/05/21

WavesはLegalThings Oneと戦略的パートナーシップを結ぶ

画像:https://blog.wavesplatform.com/compliance-matters-waves-signs-strategic-partnership-with-legalthi …

これからビットコイン・仮想通貨投資を始める方へ(始め方、心構え)

2017/08/11

これからビットコイン・仮想通貨投資を始める方へ(始め方、心構え)...

これからビットコイン・仮想通貨投資を始めようと考えている方へ このページは、「暗号通貨(仮想通貨)投資を...

Wealth Navi(ウェルスナビ):ロボアドバイザー×国際分散投資を手軽に

2018/01/16

Wealth Navi(ウェルスナビ):ロボアドバイザー×国際分散投資を手軽に

Wealth Navi(ウェルスナビ):ロボアドバイザー×国際分散投資を手軽に

仮想通貨取引所の口座は複数箇所で作っておいた方が良い三つの理由

2017/08/31

仮想通貨取引所の口座は複数箇所で作っておいた方が良い三つの理由...

仮想通貨取引所 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日はタイトルのとおり、「取引所のアカウントはいざとい...

【初心者向けまとめ】ビットコイン/仮想通貨の始め方

2018/03/14

【初心者向けまとめ】ビットコイン/仮想通貨の始め方

ニュースやメディアなどで頻繁に目にするようになった 「仮想通貨」「ビットコイン」。でも「○○万円突破...

2018/02/09

私がイーサリアム(Ethereum)に投資する理由

本文


手軽に仮想通貨の「マイニング」を始めるなら日本語対応の「Genesis Mining」。