ページ読込中...

Loading...

 ニルスの暗号通貨日記

「ニルスの暗号通貨日記」は、暗号通貨 / 仮想通貨でセミリタイアを狙う貧乏サラリーマンが日々の投資を綴るブログです。暗号通貨投資(トレード)、ビットコイン・アルトコインのマイニング、その他雑学等について書いていきます。

01.ビットコイン 02.アルトコイン

仮想通貨投資の原資(タネ銭)は幾らから始めれば良いか

投稿日:2018-01-02 更新日:

仮想通貨投資の原資(タネ銭)は幾らから始めれば良いか

仮想通貨投資の原資(タネ銭)は幾らから始めれば良いか

皆さんこんにちは、ニルスです。
今回はタイトルのとおり、「いくらから仮想通貨投資を始めれば良いか?」という話を書きたいと思います。

 

仮想通貨投資の元手

まず結論から書きますね。

「正解はありません」

以上。

……とこれで終わりにするのもアレなので笑、私がそう考える根拠(?)を書いていきたいと思います。

 

目標はありますか?

仮想通貨投資は”寄付”ではなく”投資“なわけですから、基本的に法定通貨を使って”お金を稼ぐ”ことが目的なわけです。

もちろん、中にはブロックチェーンや仮想通貨の将来性に惚れて「この技術を、プロジェクトを応援したい!」という気持ちで暗号通貨やトークンを買ったり、ICOにお金を入れている人もいるでしょう。でも仮に、その気持ちが純度100%であればそれは投資ではなく寄付にあたると思います。

そういった気持ちがあったとしても、多くの方は、お金を入れるからにはリターンを期待しているはずです。

というわけでこの記事では大前提として、仮想通貨投資を「お金を稼ぐ手段」として扱います(”当記事では”と書きましたが、当サイト(私)は一貫して、仮想通貨をお金を稼ぐ手段として扱っています)。

さて、お金を稼ごう、増やそう、としてはじめる仮想通貨投資。

貴方は「具体的にいくらほしい」、或いは「いつまでにいくらほしい」ということを考えていらっしゃいますか?
さらに、「仮想通貨投資に充てられる資金はMAXでいくらなのか」、「その金額は手持ち(貯蓄など)に対してどのくらいの比率なのか」「仮想通貨の勉強やトレードに充てられる時間は一日のうちどれくらいか」も考えたことはあるでしょうか?

なぜそれが必要なのかというと、それによって立ち回り(戦略)や、元手(タネ銭)も変わってくると思うからです。

 

具体的な目標を決めると立ち回りも見えてくる

あくまで一例ですが、たとえば下記のような人を考えてみましょう。

Aさん

  • 現在27歳のサラリーマン。
  • 英語はそこそこできる。プログラミング等の知識はゼロ
  • 株などでトレード経験は多少あり
  • 妻と1歳になる子供と、賃貸で3人暮らし
  • 結婚してから貯め始めた貯金が200万円ある
  • 突発的な出費を考慮しても、仮想通貨には最大1/10の20万円までなら出せる
  • 貯蓄分を差し引いても、月々1万円までなら追加投資もできる
  • 投資の目的は、マイホームの資金の足しにしたい
  • 3年後までに400万円(頭金)~4,000万円くらいほしい
  • 朝と昼休み、帰宅後の2時間くらいはトレードと勉強に充てられる

たとえば上記Aさんの場合、3年後までに元手の20万円+追加投資分の36万円(1万×12ヶ月×3年)=計56万円で、最低マイホームの頭金に充てられる400万円くらいはほしいと考えています。

「3年で約7倍」がAさんの最低ラインのわけです。株などで考えれば初心者には十分ハードルが高いのですが、仮想通貨ならいけそうな気がしますね(私自身だいぶ感覚が狂っています……)。

そして可能であれば一括購入できる4,000万円がほしいわけですから、「3年で70倍」です。2017年の仮想通貨市場をみていると不可能では無いようにも思えますが、こちらは一気にハードルが上がりました。追加投資分は月々しか増えないので、実質20数万円で目指すことになりますから更にハードルは上がります。

そこでAさんは、リスクを取りまくり、攻めに攻めて4,000万円を目指すより、やや守りの戦略を取ることにし、「3年で1,000万円」を改めて目標に据えました。

まずAさんはCoincheckZaifなどの取引所口座を開き、本人確認を待つ間20万円の一部で仮想通貨関連書籍を数冊買い、数日で一気に読み込みました。

併せてブログなどでビットコインの送金方法やウォレットなどについて調べていたら、アルトコインの存在を知ります。

半月後、取引所の口座が開設できたらAさんはひとまずビットコインを買いました。

同時に、追加投資分の1万円/月はZaifコイン積立でBTC、XEM、ETHを1/3ずつ積み立てることにしました。

更にバイナンスPoloniexといった海外取引所の口座も開設し、残りのBTCを送金してアルトコイントレードへと乗り出しました。

さあ果たしてAさんの命運はいかに……!!??

 

と、うん……。書いてるうちに自分でも何が書きたいのか分からなくなってきたのですが、要は具体的な目標を定めると戦略も定めやすくなるよねってことが言いたかったのです。

たとえば1年で10万円を15万円にしたいのであれば、ビットコインとリップルとイーサリアムを買って放置してればいい気がします(いや保証はありませんよ?)。

でも1年で10万円を1,000万円にしたかったら、ただビットコインを握ってるだけじゃかなり可能性は低いと思います。ビットコインFXやアルトコイントレードが必要になってくると思います。

逆に言えば、目標額から逆算すれば、原資も見えてくるわけです。100万円を150万円にするのと、1,000円を150万円にするのとでは圧倒的に難易度が異なりますよね。

自分が勉強に充てられる時間、持っているスキル(トレード経験・英語力などなど)等によってもこれは変わってくると思います。

Aさんの場合は3年で7倍(原資の20万円から考えれば20倍)です。Aさんはトレード経験もあり、英語もでき、時間もそれなりにとれます。2016-2017の市場を見ていると、予期せぬGOX(誤送金などにより資産消滅)が無ければ、コイン積立と平行していけば比較的現実的な目標じゃないかと思います。今後、仮想通貨市場が更に盛り上がっていくと仮定するのであれば、最低ラインは達成できるんじゃないかと思います。

但し、先のことは誰にも分かりません、突然世界中の国の法規制で全面禁止になったり、致命的な脆弱性が発見されたり、逆に既存の仮想通貨全てを淘汰するような最強のコインが産まれたりしたら、現在の仮想通貨の価値がほとんどゼロになってしまう可能性もあります

これから始めようとしている方、始めたばかりの方は、それだけリスキーな投資であるということを、どうか頭の隅に常に置いていてください。

 

まとめ&おわりに

仮想通貨なんてリスキーなものに手を出しておきながらも、私自身はかなり慎重派だと思っています。

あまりにも出来高の少ない通貨やよくわからない海外取引所での購入は避けたり、買うにしてもごく少額に留めています。

ほとんどがビットコイン、イーサリアム、リップル(XRP)といった時価総額上位の銘柄で固めつつ、2割くらいでトレードやICO投資を行っています。Zaifコイン積立も自分自身利用しています。

リスクを取って勝負できる人が大きく勝てるのは事実だと思います。しかしその裏で負けていった人もたくさんいるのもまた事実だと思います。

私の目標は「2020年までに税引き後”億り人”」です笑

正直、同期のトレーダーやブロガー、更に言えば後から参入してきた方々が続々と「億り人」になっている現状を目の当たりにすると、悔しさや劣等感を感じなくもありません。

しかし技術やトレードになんの知識も無かったド素人の私が、原資の数十倍を達成できたのもまた事実です。これからもブレずに、マイペースに、自分なりのやり方で仮想通貨投資を続け、楽しんでいけたらいいなと考えています。

 

さて、新年のご挨拶が遅れましたが、あけましておめでとうございます。
皆様のお陰で当ブログもなんとか2018年を迎えることができました。

これからも少しでも皆様のヒントになれるような記事が書けたらいいなと思いつつ、更新を続けていきたいと考えております。

どうぞ本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

というわけで今回はこの辺で。
ではまた!

 

はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな取引所

取引所により取扱銘柄が違うこと、サーバーダウンや規約・仕様変更、日本円に戻す際の出口確保といったことへのリスク分散のため、取引所の口座は予め複数箇所で開設することをおすすめしています(開設は無料です)。
  • Zaif
    Zaif(ザイフ)

    ユニークな機能が充実の取引所「Zaif(ザイフ)」。Zaifだけが提供している仮想通貨の定期積立サービス(「Zaifコイン積立」)は初心者から上級者までおすすめ。NEM(XEM)、モナコイン(MONA)なども取扱。COMSAプラットフォームも話題沸騰中です。

    口座開設

  • Bitbank(ビットバンク)

    XRP(Ripple)、Monaなど、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)取引は「ビットバンク」。スマホもPCも使いやすいデザイン・初心者に優しい簡単操作で「売買自体初めて」という方にもオススメ。登録ガイド記事はこちら

    口座開設

  • bitFlyer
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    ビットコイン取引量日本一(2016年)。CMでもお馴染み、厳重なセキュリティに加え取引所自体が保険に加入しているため万一の際にも安心の「bitFlyer」。SMBC、三菱UFJ、みずほ、SBI、三井住友などが株主でバックボーンもしっかり。

    口座開設

 

その他おすすめ取引所

  • DMM Bitcoin

    DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は国内大手IT企業「DMM」の運営する仮想通貨取引所です。アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)のレバレッジ取引ができるところが特徴です。

  • Bit Trade

    Bit Trade(ビットトレード)はシンプルかつ軽量、高機能なトレードツールを兼ね備えた、トレーダーにおすすめの取引所です。TradingViewを採用しています。

  • QUOINEX

    QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、数多くの法定通貨を取り扱う仮想通貨取引所です。仮想通貨金融サービスプロジェクト「LIQUID」のために開発された独自トークン「QASH」が話題です。

 

オススメ記事

よく読んで頂いている記事、個人的におすすめの記事をまとめました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

-01.ビットコイン, 02.アルトコイン



Author:ニルス

ニルス

二十代後半の貧乏社会人(Twitter:@nils00000)。サイト制作、WEB広告、画像編集などを含む何でも屋事務員(薄給)として真っ黒い会社で働く傍ら、ド文系ながら暗号通貨に興味を持つ。暗号通貨(ビットコイン・アルトコイン)のトレード、クラウドマイニング、セルフマイニングなどを勉強しながら実践中。保有アルトコイン銘柄 $WAVES / $ETH / $XRP / $XMR / $AE / $ETN など。 ※当サイトに掲載しているサービス・銘柄について、利益をお約束するものではございません。また情報の正確性には気を配っておりますが、当サイトの掲載内容について保証は一切致しかねます。必ずご自身で情報をご精査の上ご利用下さい。


  1. Az より:

    ニルス様

    明けましておめでとうございます。
    マイナーゲートやら、ウォレットやらの質問でお世話になっていたAzです。

    この記事を読んでいると、
    ニルス様の人柄が伺えますね。ニルス様の記事の書き方が好きで、
    ついつい見てしまいます(^-^

    色々あって仮想通貨の、マイニング以外の参入が遅れましたが、
    私もようやっと仮想通貨のトレードにこぎつけました。

    年末に仕込んだ某コインが今年に入って一気に100%増ししたり、
    それ以外のコインでも概ね30~50%増しになり、
    一気に投資産が含み益で、倍になりました。

    お互いセミリタイアできたらいいですね!

    そして宝くじを買うより、夢があっていいですね。
    金額もそうですけど、各Altcoinが目指す仕組みの内容が、
    実現出来たら面白そうなものが多くて、ロマンを感じます(^-^;

    それでは、本年もよろしくお願いいたします。

    • ニルス より:

      ご無沙汰しております、あけましておめでとうございます!
      利益をあげられているとのこと、なによりです!
      ただ現在は明らかにアルトコインブームが来ているので、ニュースなどには敏感になり、ビットコインや法定通貨に替える”引き際”にはぜひお気をつけ下さい!

  2. Az より:

    ご返信ありがとうございます。

    先週のほぼ全通貨暴落にもめげず、ガチホしております。
    そもそもが捨ててもいいレベルのお金でやっているので、引かずに夢を追う所存です(笑

関連記事

ビットコインとランサムウェア―被害と対策

この記事の目次0.1 ビットコインとランサムウェア1 2016年、FBIは2,600以上のランサムウェア被害を受領(The FBI Received Over 2,600 Ransomware Com …

WavesトークンのICO情報まとめ

この記事の目次1 WAVES上のICO1.1 Anryze(RYZ)ICO1.2 ZavodCoin(ZVD)ICO1.3 VISO Token(VITO)ICO1.4 (おまけ)WavesG2 まと …

ビットコインで億万長者を目指すにはそれなりの元手が必要という話

  この記事の目次1 ビットコイン長者の誕生2 ビットコインだけで億万長者を目指すにはやはりそれなりの元手が必要です3 じゃあビットコインは買うなってこと?4 アルトコインの可能性5 まとめ …

Golos(ゴロス)がこれから来る!…かもしれない【アルトコイン紹介[1]】

この記事の目次1 アルトコイン”Golos”(ゴロス)とは1.1 はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな取引所1.2 その他おすすめ取引所1.3 オススメ記事 アルトコ …

【β版】「tipwaves」のご紹介

この記事の目次1 tipwaves1.1 tipwavesの使い方1.1.1 入金(deposit)~残額確認(balance)まで1.1.2 tip(投げ銭)をしてみよう1.1.3 貰ったWaves …

2018/02/24

aeternity(エタニティ)―ブロックチェーンテクノロジーを大量採用に向け進化させる

この記事の目次1 aeternity(エタニティ)1.1 aeternityとは?1.2 スケーラビリティ問題解決に向けたアプローチ ― ステートチャネル1.3 実世界のデータとスマートコントラクトを …

2018/02/22

Blockchain&Bitcoin Conferenceで4人の専門家が立法上の新しさを議論

この記事の目次1 Blockchain&Bitcoin Conferenceで4人の専門家が立法上の新しさを議論1.1 ICOがタイで直面する変化:Blockchain&Bitcoin Confere …

2018/02/20

Block by block:Wavesは完全なブロックチェーンエコシステムを構築する

この記事の目次1 ワベス記事です1.1 Block by block:Wavesは完全なブロックチェーンエコシステムを構築する2 まとめ2.0.1 はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな取引所 …

2018/02/17

ELECTRONEUMはQUOINEとのパートナーシップを発表

この記事の目次1 ElectroneumがQryptosに上場決定! さらに……?1.1 ELECTRONEUMはQUOINEとのパートナーシップを発表2 まとめ2.0.1 はじめての仮想通貨(暗号通 …

2018/02/13

mixhost(ミックスホスト)に乗り換えた際のメリット・デメリット

この記事の目次1 mixhost(ミックスホスト)に乗り換えた際のメリット・デメリット1.1 ハイスペックなのに低価格1.2 サイトの表示が以前よりサクサクに!1.3 サーバー乗り換え代行オプションを …

Bankera(バンクエラ)-ブロックチェーン時代のための銀行

2018/01/23

Bankera(バンクエラ)-ブロックチェーン時代のための銀行...

Bankera(バンクエラ) 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日は現在もICO実施中のプロジェクト、...

これからビットコイン・仮想通貨投資を始める方へ(始め方、心構え)

2017/08/11

これからビットコイン・仮想通貨投資を始める方へ(始め方、心構え)...

これからビットコイン・仮想通貨投資を始めようと考えている方へ このページは、「暗号通貨(仮想通貨)投資を...

BankeraのICO参加はもう遅い? 検証してみた

2018/01/30

BankeraのICO参加はもう遅い? 検証してみた...

BankeraのICO参加はもう遅い? 検証してみた 皆さんこんにちは、ニルスです。 今回もまたB...

"クラウドマイニング"で手堅く稼ぐ-GenesisMiningのご紹介-

2017/04/11

“クラウドマイニング”で手堅く稼ぐ-GenesisMiningのご紹介-...

"クラウドマイニング"サイトGenesisMiningに投資 ここらへんで比較的手堅い投資を行おうと思い...

仮想通貨取引所の口座は複数箇所で作っておいた方が良い三つの理由

2017/08/31

仮想通貨取引所の口座は複数箇所で作っておいた方が良い三つの理由...

仮想通貨取引所 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日はタイトルのとおり、「取引所のアカウントはいざとい...


手軽に仮想通貨の「マイニング」を始めるなら日本語対応の「Genesis Mining」。

changelly
仮想通貨の両替サービスです。簡単操作でBTC→ETH、ETH→ZECといった変換が取引所を通さずに可能です。