ページ読込中...

Loading...

 ニルスの暗号通貨日記

「ニルスの暗号通貨日記」は、暗号通貨 / 仮想通貨でセミリタイアを狙う貧乏サラリーマンが日々の投資を綴るブログです。暗号通貨投資(トレード)、ビットコイン・アルトコインのマイニング、その他雑学等について書いていきます。

02.アルトコイン Aragon

Aragon(アラゴン) ―スペインの天才青年は世界を変えるか― アルトコイン紹介[8]

投稿日:2017-09-13 更新日:

aragon

Aragon / ANTのご紹介

皆さんこんにちは、ニルスです。
今回は久しぶりの銘柄紹介記事となります。
本日ご紹介するのはAragon(アラゴン)です。

 

名前:Aragon(アラゴン)
シンボル:ANT
Website:https://aragon.one/
Explorer:https://etherscan.io/token/Aragon
Github:https://github.com/aragon

 

Aragonとは?

いつもなら公式サイトなどを訳していくのですが、Aragonは書いてある内容がちょっと分かりにくいので…簡単にまとめたいと思います。

Aragonを一言でいうと、会社や組織をEthereumを用いて経営するためのアプリケーションです。

企業というものは本質的に、製品を作ったり、サービスを提供したりして、価値を創造するために存在しています。
しかし実際には、政府・法律・コンプライアンス等、規制や複雑な枠組みが存在し、そうした第三者的な縛り・制約へ対応するために組織のリソースが使われています。
そのため組織として価値を生み出すためのアウトプットが削減されているのが現状です。

Aragonは、資本構成、資金調達、給与計算、会計、細則など、組織の運用に必要な諸々を、分かりやすく拡張性の高いインターフェースを用いて一元管理できるアプリケーションです。
様々な企業や組織がAragonを使用し、Ethereumのスマートコントラクトを用いて自動化を組み込むことで、紛争の解決や合意形成、納税といった組織間の問題も、組織内のリソースを割くことなく解決できるようになります。

Aragonを用いることで企業や組織は価値を生み出す活動に集中することができます
最終的には、Aragon上で組織を作成し、株式を所有、管理、移転し、世界のどこからでも資本を調達し、役割を割り当て、給与を支払う(それらすべてを低コストで行う)、脱中央集権化された分散型自律組織(DAO)の実現を目指しています。

 

Aragonに惹かれた理由

実はAragonそれ自体は結構前から知っていました。
しかしHPを見てもあまりピンと来なかったので記事にはしていませんでした。

では、なぜいまさら記事を書いたのか。
それは、アラゴン・プロジェクトの創業者ルイス・アイヴァン・クエンデを知ったからです。

 

創業者ルイス

アラゴン・プロジェクト創業者兼プロジェクトリーダーのルイス・アイヴァン・クエンデは、21歳(2017/9時点)の青年です

彼は父のPCで3歳からプログラミングを(遊びとして)学び始めました。

12歳の頃、初めて自分のPCを手に入れます。そこでLinuxのオープンソースの思想に感銘を受けた彼は、Linuxのディストリビューションを開発・リリースし、人生初の起業をしました。

その後、15歳のとき出場したHackNow(ヨーロッパ在住・18歳未満が対象の開発者コンテスト)で分散Webテクノロジーベースのデスクトップ、「Asturix On」を披露し優勝します

16歳でBitcoinに出会い、一度は「投機家のためのものだろう」とスルーします。

17歳AsturixHolalabs、Cardwee(ポイントカードを作成管理するAndroidアプリ。QRコードでの管理を実現。現在公開停止)という会社を3つ立ち上げます。

Bitcoinとの邂逅から数年後、改めてホワイトペーパーを読んだ彼は衝撃を受けます。
ブロックチェーンの可能性に心惹かれた彼は、数年でブロックチェーンを利用した監査/タイムスタンプ取得サービス「Stampery」を共同開発します。
彼曰く、「ブロックチェーンのタイムスタンプ取得は簡単だった」とのこと。

そして彼が20歳の2016年には、「Forbes誌の選ぶ30歳以下の革新的な技術者30人」、「MITの選ぶイノベーター35人」にダブル選出されます。

そして2017年。Bitcoinによりブロックチェーンに出会い、Ethereumによって実現可能な未来に惹かれた彼は、満を持してAragonプロジェクトを始めたわけです。

更に欧州委員会委員長の顧問等を経て、現在はdistrict0xstatusといった複数のプロジェクトのアドバイザーを兼任しています。

まさに「天才」を地で行く青年です。

イケメンです。天は二物を与えます。

 

さらに調べたら「WIRED」誌からもインタビューを受けていました。
記事中でとても印象的だった、彼の理想を表している部分を引用します。

ぼくにとってブロックチェーンは、フィンテックと呼ぶにはあまりに大きく、深くて強い──社会がどう機能すべきかという理想を叶えるアイデアであり、新しい世界を実現するものだ。ブロックチェーンは多くの分野に応用できるけれど、その核心にあるメッセージとは、脱中央集権的な社会を構築し、真実を取り戻すこと。つまり、世界を救うということなんだ。

WIRED|ぼくはクリプトアナキスト──21歳の天才ハッカーがブロックチェーンにみる夢

※日本語の記事です。是非全文を御覧下さい。

「世界を救う」だなんて、これが雨後の筍の如く湧き出るICOサイトに書いてあったら「ポエム」と言われてしまいそうですが、彼が言うと「もしかしたら」と感じてしまいます。

界隈では有名なThe DAOはハッキングにより一度頓挫しましたが、分散型自律組織(DAO)の実現を目指すプロジェクトは現在も複数存在しています。

DAO系のプロジェクトでは0xdistrict0x(よく混同されますが0xとdistrict0xは別のものです)、Decentraland等がありますが、0xとはパートナーシップを結びdistrict0xやDecentralandのアドバイザーはルイスです。

彼自身の能力、提携状況を見て、私はAragonを集めることを決めました。

 

で、儲かるの?

皆様が気になるのは「Aragonを買って儲けることができるのか?」というところかもしれません。

これについてはなんとも言えない…というのが正直な印象です。

上のWIREDの記事をご覧になって頂くとわかりますが、リーダーのルイスはLinuxのオープンソース思想で育ち、脱中央集権を目指しています
そしてどうも、テクノロジーをマネタイズすることに嫌悪感を覚える人物であるようです

Aragonのアプリケーションはα版がリリースされていますので私も実際に少し触ってみました。
クライアントの利用自体は「誰でも無料」です。但し、新しいグループ(組織)の作成や、合意形成の際にはANTトークンを消費します。
さらに、Aragonプロジェクトでリリースしたもののソースはすべて公開されています
仮にプロジェクトが何らかの理由で潰れたとしても、プロダクトは生き残るようにと考えられています。
このように、彼の思想はプロジェクトに如実に現れていると思います。

しかしAragonは個人プロジェクトではなく、HPを見れば他のメンバーや財務・法務アドバイザーもいるようです。
プロジェクトとしてマーケティングや、マネタイズも必要になるでしょう。

  • ルイスという人物単体のポテンシャル
  • 0xとのパートナーシップ
  • 現在の総供給量(39,609,524 ANT)
  • 既にα版プロダクトがリリースされていること
  • これまで大きな波が来ていないこと

私は上記の理由で購入を決めました。
「100%上がる」などとは口が裂けても言えませんが、DAO系のプロジェクトでは有望株ではないかと感じています。

 

まとめ

というわけで今回はAragonのご紹介記事でした。
Aragonの、というよりルイス氏の記事になっていた気がしますが気のせいです!

正直すぐに爆上げするゾ!という銘柄では無いと思います。
しかしブログなどを見ても着実に開発を進め、パートナーシップもありますので、長期目的でゆっくり買い集めるのに向いてるものじゃないかと思います。
ロマンを感じるので私はロマン枠(個人的に惹かれたプロジェクトはここに入れてます笑 ARKはロマン枠です)で集めたいと思います!

ではまた!

記事中引用部以外の参考記事:
Luis Cuende氏の個人サイト
Aragon blog|Team Interviews: Luis, Aragon’s Project Lead
Aragon blog|Open Sourcing Aragon
Forbes|Forbes ‘Under 30’ Tech Prodigy In Cryptosale For Ethereum-Built Management Platform
Status blog|Ethereum DApp Creators // Issue #05 Aragon
WeTrust blog|An Interview with Luis Cuende, Co-founder of Aragon
Bitcointalk|ARAGON: The Ethereum based Startup from Spain
BlockChannel|Episode 21: Building Unstoppable Organizations, with Aragon
Linux Magazine|Luis Iván Cuende García demonstrates the power of Free Software and the determination of a fifteen year old

 

はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな取引所

取引所により取扱銘柄が違うこと、サーバーダウンや規約・仕様変更、日本円に戻す際の出口確保といったことへのリスク分散のため、取引所の口座は予め複数箇所で開設することをおすすめしています(開設は無料です)。
  • Zaif
    Zaif(ザイフ)

    ユニークな機能が充実の取引所「Zaif(ザイフ)」。Zaifだけが提供している仮想通貨の定期積立サービス(「Zaifコイン積立」)は初心者から上級者までおすすめ。NEM(XEM)、モナコイン(MONA)なども取扱。COMSAプラットフォームも話題沸騰中です。

    口座開設

  • Bitbank(ビットバンク)

    XRP(Ripple)、Monaなど、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)取引は「ビットバンク」。スマホもPCも使いやすいデザイン・初心者に優しい簡単操作で「売買自体初めて」という方にもオススメ。登録ガイド記事はこちら

    口座開設

  • bitFlyer
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    ビットコイン取引量日本一(2016年)。CMでもお馴染み、厳重なセキュリティに加え取引所自体が保険に加入しているため万一の際にも安心の「bitFlyer」。SMBC、三菱UFJ、みずほ、SBI、三井住友などが株主でバックボーンもしっかり。

    口座開設

 

その他おすすめ取引所

  • DMM Bitcoin

    DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は国内大手IT企業「DMM」の運営する仮想通貨取引所です。アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)のレバレッジ取引ができるところが特徴です。

  • Bit Trade

    Bit Trade(ビットトレード)はシンプルかつ軽量、高機能なトレードツールを兼ね備えた、トレーダーにおすすめの取引所です。TradingViewを採用しています。

  • QUOINEX

    QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、数多くの法定通貨を取り扱う仮想通貨取引所です。仮想通貨金融サービスプロジェクト「LIQUID」のために開発された独自トークン「QASH」が話題です。

 

オススメ記事

よく読んで頂いている記事、個人的におすすめの記事をまとめました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

-02.アルトコイン, Aragon
-, , , , , , , , ,



Author:ニルス

ニルス

二十代後半の貧乏社会人(Twitter:@nils00000)。サイト制作、WEB広告、画像編集などを含む何でも屋事務員(薄給)として真っ黒い会社で働く傍ら、ド文系ながら暗号通貨に興味を持つ。暗号通貨(ビットコイン・アルトコイン)のトレード、クラウドマイニング、セルフマイニングなどを勉強しながら実践中。保有アルトコイン銘柄 $WAVES / $ETH / $XRP / $XMR / $AE / $ETN など。 ※当サイトに掲載しているサービス・銘柄について、利益をお約束するものではございません。また情報の正確性には気を配っておりますが、当サイトの掲載内容について保証は一切致しかねます。必ずご自身で情報をご精査の上ご利用下さい。

関連記事

仮想通貨WAVESの情報源まとめ

真のワベサーになるために… 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日は私激推しの銘柄WAVES(ウェーブス/ウェイブス/ワベス)について、「WAVESの情報を得るならここをチェック!」というものをまとめた …

Waves Platform CEOサシャ・イワノフとのQ&Aセッション(翻訳記事)

ワベス記事です 皆さんこんばんは、ニルスです。 今回はWaves記事です。 前回の記事に続き、今度はCEOサシャのQ&Aセッションが開催されましたので、その内容を翻訳してご紹介します。 次項か …

Elastic

Elastic(イラスティック)のご紹介【アルトコイン紹介[5]】

Elasticのご紹介 皆さんこんばんは、ニルスです。 今回は暗号通貨・Elastic(イラスティック)をご紹介します。   総発行量※:100,000,000 XEL 公式HP:https …

Ethereum (イーサリアム) ― 世界を変える分散型プラットフォーム

仮想通貨Ethereum(イーサリアム) 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日はみんな大好き(?)イーサリアムの記事です。 Ethereum(イーサリアム/イーサリウム)は、私がRipple(XRP) …

アルトコインの選び方とCoincheckで買えるオススメ銘柄

アルトコインの選び方 みなさんこんばんは、ニルスです。 ビットコイン以外の暗号通貨はアルトコイン(altcoin)と呼ばれ、その数は数千種類にものぼります。 今回はそんなアルトコイン投資の際、私がアル …

2018/02/20

Block by block:Wavesは完全なブロックチェーンエコシステムを構築する

ワベス記事です 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日はまたWaves記事なんですが、機能リリースやパートナーシップの発表ではなく、ワベス(Waves)の概略や目標を改めて解説したまとめ記事が公式ブログ …

2018/02/17

ELECTRONEUMはQUOINEとのパートナーシップを発表

ElectroneumがQryptosに上場決定! さらに……? 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日はElectroneumに関するニュースです。 ElectroneumはなんとQuoineとのパー …

2018/02/13

mixhost(ミックスホスト)に乗り換えた際のメリット・デメリット

mixhost(ミックスホスト)に乗り換えた際のメリット・デメリット 皆さんこんばんは、ニルスです。 本日は仮想通貨というよりも完全にブログ周りの話なんですが、先日の記事でサーバーのお引っ越しを行うこ …

2018/02/11

ブロックチェーン&ビットコインカンファレンス タイランドのスピーカーが決定

ブロックチェーン&ビットコインカンファレンス タイランドのスピーカーが決定 皆さんこんにちは、ニルスです。 今回は「スピーカーとして登壇する人が決まったからまた告知してくれ~」という依頼を受け、こちら …

2018/02/09

私がイーサリアム(Ethereum)に投資する理由

私がイーサリアム(Ethereum)に投資する理由 皆さんこんにちは、ニルスです。 私がWavesとともに最も可能性を感じ、少しずつ集めている暗号通貨がEthereum(イーサリアム)です。 そこで今 …

Bankera(バンクエラ)-ブロックチェーン時代のための銀行

2018/01/23

Bankera(バンクエラ)-ブロックチェーン時代のための銀行...

Bankera(バンクエラ) 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日は現在もICO実施中のプロジェクト、...

これからビットコイン・仮想通貨投資を始める方へ(始め方、心構え)

2017/08/11

これからビットコイン・仮想通貨投資を始める方へ(始め方、心構え)...

これからビットコイン・仮想通貨投資を始めようと考えている方へ このページは、「暗号通貨(仮想通貨)投資を...

BankeraのICO参加はもう遅い? 検証してみた

2018/01/30

BankeraのICO参加はもう遅い? 検証してみた...

BankeraのICO参加はもう遅い? 検証してみた 皆さんこんにちは、ニルスです。 今回もまたB...

"クラウドマイニング"で手堅く稼ぐ-GenesisMiningのご紹介-

2017/04/11

“クラウドマイニング”で手堅く稼ぐ-GenesisMiningのご紹介-...

"クラウドマイニング"サイトGenesisMiningに投資 ここらへんで比較的手堅い投資を行おうと思い...

仮想通貨取引所の口座は複数箇所で作っておいた方が良い三つの理由

2017/08/31

仮想通貨取引所の口座は複数箇所で作っておいた方が良い三つの理由...

仮想通貨取引所 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日はタイトルのとおり、「取引所のアカウントはいざとい...


手軽に仮想通貨の「マイニング」を始めるなら日本語対応の「Genesis Mining」。

changelly
仮想通貨の両替サービスです。簡単操作でBTC→ETH、ETH→ZECといった変換が取引所を通さずに可能です。