ページ読込中...

Loading...

 ニルスの暗号通貨日記

暗号通貨 / 仮想通貨でセミリタイアを狙う貧乏サラリーマンが日々の投資を綴るブログです。暗号通貨投資(トレード)、ビットコイン・アルトコインのマイニング、その他雑学等について書いていきます。

02.アルトコイン waves

個人的おすすめアルトコイン(7) - “Waves”(ウェーブス)

投稿日:2017-06-18 更新日:

“Waves”(ウェーブス)のご紹介

waves皆さんこんばんは、ニルスです。
今回ご紹介するのは”Waves(ウェーブス)です。機械翻訳にかけると”“と変換されるアイツです。
今までご紹介したARKWeTrustといったマイナー目な通貨と比較すると、Wavesはかなりメジャーな部類だと思います。
でも「なんとなく知っているけど、ちゃんと調べてはいない」という方も多いのではないでしょうか?(私がそうでした
ですが少しずつですが調べていくと「これ、まだまだポテンシャルあるんじゃないか…?」という気持ちがどんどん強くなってきました。

ということで今回はWavesについて改めてまとめていきたいと思います。
特徴からfaucet、そして公式トークンのWavesGOまで書きましたので結構長いですが、お付き合いいただければ幸いです!

 

“Waves”プラットフォーム

“Waves”について(概要)

総発行量:100,000,000WAVES
アルゴリズム:LPOS (Leased Proof of Stake)

公式サイト


公式ブログ

公式コミュニティ

 

“Waves”の特徴

まずWavesとは?ということですが、公式ブログから引用します。

Wavesは、使いやすさと大量採用のために設計されたオープンなブロックチェーンプラットフォームです。
誰でもWavesを使用して、独自の暗号トークンを立ち上げ、配布し、取引することができます。
プラットフォームは完全に分散化され、透過的で監査可能です。

Wavesは、ビジネス導入に必要なすべての機能を提供する包括的なブロックチェーンエコシステムを構築しています。
このプラットフォームには、ユーザーアプリケーションを簡単に構築できる強力なツールとサービスが多数あります。

Waves is an open blockchain platform designed for ease of use and mass adoption.
Anyone can use Waves to launch, distribute and trade their own crypto token.
The platform is fully decentralised, transparent and auditable.

Waves is creating a comprehensive blockchain ecosystem that will provide all the features necessary for business adoption, and the platform already has a number of powerful tools and services that make building user applications straightforward.

引用元

相変わらず分かったような分からないような…な内容ですね。
冒頭の概要ではトークンの発行機能、オープンソースであること、簡単で強力なツール・サービスの存在をアピールしているようです。
次に公式サイトに記載された、詳しい特徴を見ていきましょう。

 

アクセスしやすい(Highly accessible)

  • クリーンで親しみやすいインターフェイス
  • ChromeWEBアプリまたはhtmlの軽量クライアント
  • ブロックチェーンのダウンロードが不要

Walletはクライアントソフト、PCブラウザ、スマホアプリ(iOS/Android)と選択肢が多く、いずれも軽量で使いやすいです。ダウンロードはこちらのページから可能です。

 

高速、低コスト、スケーラブル(Fast, low-cost and scalable)

  • 1分ブロック
  • 低い取引手数料(0.001 WAVES)
  • 手数料はトークンで支払うことも可能
  • 最大1,000 txs /秒

 

フィアット(法定通貨)の振替機能(Fiat transfer)

  • 完全に準拠したブロックチェーンとの間でライセンスされたゲートウェイ
  • ブロックチェーンのEUR(ユーロ)トークン、USDや他の通貨のトークンも進行中
  • フィアットによって(価値を)裏付けられたトークン
  • Bitcoinのゲートウェイとトークンも利用可能

 

簡単なトークン操作(Easy token operations)

  • 1分以内に新しい暗号トークンを作成できる
  • 大量のトークンを配布可能なツール(ICO等に利用できます)
  • ICO・クラウドファンディングに最適

 

分散(非中央集権)型取引所 (Decentralised exchange (DEX))

  • クライアント内からピアツーピア(P2P)取引が可能
  • あらゆるWavesトークンを取引可能
  • ほぼリアルタイムのオーダーマッチング
  • セキュリティのためのブロックチェーン決済

 

スマートコントラクト(Smart contracts)

  • 非チューリング完了
  • 強力かつ安全
  • 実装予定は2017Q4(現状未実装です)

 

上記はまだ開発途中のものも多いですが、分散型取引所は既に稼働中で、モバイルアプリやトークンの発行機能も実装済みです。
未だにクライアント内に”工事中”の機能があるなど万全とはいえませんが、開発自体は着々と進んでいるようです。
プラットフォームとして必要最低限の機能が備わり、イーサリアムほどでないにしろICOにも利用され始めています。
2017年中に予定されているスマートコントラクトの実装が済めばさらに大きく躍進するのではと私は考えています。

また開発と並行して、Wavesはすでにいくつかの主要なビジネスとソーシャルプログラムを集めています。
具体的には、

  • 透明なベンチャーキャピタルの組織(Tokenomica
  • 政治的関与構想(Upcoin
  • グリーン製造技術事業(ZrCoin
  • モバイルゲームプラットフォーム(MobileGo
  • セキュアなVoIPおよび通信インフラストラクチャ企業(EncryptoTel
  • ブロックチェーンロイヤリティスキーム(Incent

などなど。

これらのプロジェクトが上手く行けば、プラットフォームであるWavesも相乗効果で成長していくと思います。

Wavesが入手可能な取引所はBittrexLiquiなどです。
また、Wavesクライアント内のDEX(分散型取引所)でも入手可能です。

 

“Waves”が無料で貰えるfaucet

ごくごく少額を無料で貰える”faucet“サイトはBitcoinに限らずアルトコインにも存在します。
※faucetについては下記記事をご参照下さい

Bitcoin Faucetで無料でビットコインを貰おう
Bitcoin Faucetで無料でビットコインを貰おう本日はごくごく少額ながら、ビットコインを無料で入手できるfaucetサイトのご紹介です。faucetとは「蛇口」という意味で、...

そして探したらWavesにもfaucetがありました。

アカウント登録不要で、操作もfaucetサイトにしては実にシンプルです。
1. “Enter your wallet adress here”に自分のクライアントのwavesアドレスを入れます(取引所アドレスでもできるかは未検証です)。
2. ロボットではないことをreCAPTHAで認証し、
3. トークンもほしければ”I also want to receive a free surprise token with this claim, thank you!”の右にチェックを入れ、
4. “GET SOME WAVES!”ボタンを押すだけです。

これで少し待てば着金すると思います。
またしばらくすれば再度申請できますので、コツコツ貯めれば手数料分くらいにはなると思います。興味はあるけど買うほどじゃない…という方は微量をコツコツ入手するのもアリなのではないでしょうか。

 

WavesGo

WavesGO(WGO)とは?

WavesGOはWavesの公式ブロックエクスプローラーです。
WavesGoトークン(WGO)はWavesブロックチェーンのWavesGoチームが発行し、管理しています。
WGOへの投資は、WavesGoプロジェクトとWavesブロックチェーンの支援だけでなく、WavesGoによって生み出された利益のシェア(WavesGoによって開始される新製品を含む)、プロジェクトや意思決定に影響を及ぼす機会、時間の経過と共にWGOの価値の上昇の恩恵を受けるチャンスを提供します。
WGOは3ヶ月間(2017年4月から7月まで)に配布されています。それらの日付の間にWCT(WavesCommunityToken)を保持したり、WavesGo LPOSプールにWavesをリースしたり、Waves DEXや他の取引所を使って市場から直接購入したりすることで、WGOを受け取ることができます。

WavesGOホワイトペーパーはこちら

 

WGOの入手方法

取引所で購入する以外の方法で、”WavesGo LPOSプールにWavesをリース“して入手する方法をご紹介します。
※この方法ではクライアントとWavesが必要です。

こちらのページに載っている方法となります。

 

クライアントの”Leasing“タブに移動し、リース先のアドレス(上のリンク先に載っています。間違いや変更があってはいけませんので実際にご確認下さい)を入力、続いてリースする量を入力し、”LEASE“ボタンを押下すればOKです。
あくまで”リース”ですので残額は減りませんが、取引や引出しはできなくなるようです(そりゃそうですが)。リースはいつでも止めることができますが、配布日前にキャンセルした分は無効となるようです。

これで公式サイトに書かれているとおりであれば、配布期間中の毎週金曜日、リースした数とリース時間に応じてトークンが配布されることになっています。
私も初めてやりましたので、期待して待っていようと思います!
実際に配布を確認できたら追記します。

 

まとめ

というわけで今回はWavesの記事でした。
読み返すと私的見解のほぼ無いキュレーション記事みたいになってしまいました。
でもそのほうが変な煽りがあるよりバイアスがなくていいんじゃないですかね?どうなんでしょう?

Wavesは前から持っていたんですがろくに調べずほとんどノータッチ塩漬けでした。
MobileGO配布の際に「そういえば…」と改めて調べたのがこの記事を書いたきっかけです。

トークン発行プラットフォームだけでもEthereum, Counterparty, BitSharesなど競合も多く、そこから抜きん出るほどの要素は今は見当たらない、というのが正直な印象です。
しかし軽量モバイルクライアントの強みやMobileGOなど人気の高いトークンを取り込んでいくことでいち早く一般層に普及ができれば、まだまだわからないぞとも思います。
UIも直感的で分かりやすく好感が持てますし、これからに個人的には期待しています。

また補足などがあれば更新したいと思います。
(実は過去の記事もちょこちょこ手を入れたり追記したりしてるんですよ)

ではまた。

参考URL:
https://www.cryptocompare.com/mining/guides/how-to-mine-waves/
-How to mine Waves (Windows)


https://steemit.com/cryptocurrency/@thebignova/how-to-get-free-waves-coins
-How to get free Waves Coins


https://steemit.com/waves/@abuelau/making-money-mining-waves-and-why-the-wavesgo-is-a-top-pool
-Making money mining Waves and why the WavesGo is a top pool


http://www.waveswiki.org/
-waveswiki

 

はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな取引所

取引所により取扱銘柄が違うこと、サーバーダウンや規約・仕様変更といったことへのリスク分散のため、取引所の口座は予め複数箇所で開設することをおすすめしています(開設は無料です)。
  • bitFlyer
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    ビットコイン取引量日本一(2016年)。厳重なセキュリティに加え取引所が保険に加入しているため万一の際にも安心の「bitFlyer」。SMBC、三菱UFJ、みずほ、SBI、三井住友などが株主でバックボーンもしっかり。

    口座開設

  • Coincheck
    Coincheck(コインチェック)

    ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)取引なら「コインチェック」。初心者に優しい簡単操作で「売買自体初めて」という方にもオススメ。(NEW!) 登録マニュアルを作成しました。よろしければ併せてご覧ください。

    口座開設

  • Zaif
    Zaif(ザイフ)

    「Zaifコイン積立」(暗号通貨の定期積み立て機能)などユニークな機能が充実の取引所「Zaif(ザイフ)」。NEM(XEM)、モナコイン(MONA)なども取扱。COMSA(コムサ)プラットフォームも話題沸騰中です。

    口座開設

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

-02.アルトコイン, waves
-, , , , , , , , ,



Author:ニルス

ニルス

二十代後半の貧乏社会人(Twitter:@nils00000)。サイト制作、WEB広告、画像編集などを含む何でも屋事務員(薄給)として真っ黒い会社で働く傍ら、ド文系ながら暗号通貨に興味を持つ。暗号通貨(ビットコイン・アルトコイン)のトレード、クラウドマイニング、セルフマイニングなどを勉強しながら実践中。保有アルトコイン銘柄 $WAVES / $ETH / $XRP / $XMR / $AE / $ETN など。 ※当サイトに掲載しているサービス・銘柄について、利益をお約束するものではございません。また情報の正確性には気を配っておりますが、当サイトの掲載内容について保証は一切致しかねます。必ずご自身で情報をご精査の上ご利用下さい。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

個人的おすすめアルトコイン(4) - Siacoin(シアコイン)

アルトコイン紹介シリーズ第4弾! 以前ご紹介したGamecreditsですが、ご紹介した時点(2017/1/1)では0.00022BTC前後だったものが、2017/5/17現在 0.0013BTCあた …

公式クライアントを使用してStratisをステーキングする方法

公式クライアントを使用してStratisをステーキングする方法 皆さんこんばんは、ニルスです。 ここしばらく、Stratis(ストラティス)の新しい記事を書こうと思っていたのですが、Wavesなどと比 …

Wavesnode.NET (WNET)トークンの事前販売について

Wavesnode.NET (WNET)トークンの事前販売 皆さんこんばんは、ニルスです。 本日はWavesマスターノードのひとつ、Wavesnode.NETから独自トークンリリースのニュースです。 …

仮想通貨への理解を深めるにはブログを書こう

暗号通貨・仮想通貨の勉強のためにはブログが最適!? 皆さんこんにちは、ニルスです。 今回は本当に詳しい方々から「学んでてそれなのかよ!」と怒られそうな、結構煽り気味なタイトルで書いてみました。 なにも …

仮想通貨を扱う上で初心者がしやすいミスについて

仮想通貨の失敗 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日は仮想通貨を扱う上で、特に初心者の方、そして慣れてきて気が緩んできた中級者の方がしやすいミス・失敗の例を挙げていきたいとおもいます。 実際に私が過去 …

2018/01/21

AirDrop(エアドロップ)で仮想通貨を無料入手しよう

AirDropとは 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日は、再び流行の兆しがみられる「AirDrop(エアドロップ)」についての記事(事前準備/情報収集方法/注意事項etc…)となります。 …

2018/01/20

ICO情報を日本語で得るなら「COIN JINJA」がおすすめ

ICO情報を日本語で得られる「COIN JINJA」 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日は、ICOの情報を日本語で調べられるWEBサービス「COIN JINJA」をご紹介します。  www …

2018/01/18

Wavesはサイバーセキュリティ企業Group-IBとパートナーシップを結ぶ

Wavesはサイバーセキュリティ企業Group-IBとパートナーシップを結ぶ 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日はまたワベス(WAVES)のニュース記事になります。 内容は次項から。   …

2018/01/16

仮想通貨を始めたい! でも何から始めればいいの?

仮想通貨を始めたい! でも何から始めればいいの? 皆さんこんにちは、ニルスです。 既にこちらの記事がありますが、  ニルスの暗号通貨日記  1 userこれから仮想通貨を …

2018/01/14

ElectroneumのWebウォレット作成方法

ElectroneumのWebウォレット作成方法 皆さんこんにちは、ニルスです。 Electroneumについて、以前の記事でCUIウォレットの作成方法をご紹介しましたが、使いづらいし敷居も高いためな …

これから仮想通貨を始める方へ

2017/08/11

これから仮想通貨を始める方へ

これから暗号通貨(仮想通貨)を始めようとお考えの方へ このページは、「暗号通貨(仮想通貨)を始めてみたい...

ICO情報を日本語で得るなら「COIN JINJA」がおすすめ

2018/01/20

ICO情報を日本語で得るなら「COIN JINJA」がおすすめ...

ICO情報を日本語で得られる「COIN JINJA」 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日は、ICOの...

AirDrop(エアドロップ)で仮想通貨を無料入手しよう

2018/01/21

AirDrop(エアドロップ)で仮想通貨を無料入手しよう...

AirDropとは 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日は、再び流行の兆しがみられる「AirDrop(...

"クラウドマイニング"で手堅く稼ぐ-GenesisMiningのご紹介-

2017/04/11

“クラウドマイニング”で手堅く稼ぐ-GenesisMiningのご紹介-...

"クラウドマイニング"サイトGenesisMiningに投資 ここらへんで手堅い投資を行おうと思います。 ...

銀行金利の数千倍!?Coincheckの「貸仮想通貨」で利息収入を得よう

2017/11/10

銀行金利の数千倍!?Coincheckの「貸仮想通貨」で利息収入を得よう...

貸仮想通貨―ビットコインなどを貸し出して利息収入を得る 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日はタイ...



Ledger Nano S (レジャー・ナノS)ビットコイン&イーサリアムハードウェアウォレット【正規品】

ハッキングの脅威から仮想通貨を守り、安全に保管するならハードウェアウォレットがおすすめです。

changelly
仮想通貨の両替サービスです。簡単操作でBTC→ETH、ETH→ZECといった変換が取引所を通さずに可能です。