ページ読込中...

Loading...

 ニルスの暗号通貨日記

暗号通貨 / 仮想通貨でセミリタイアを狙う貧乏サラリーマンが日々の投資を綴るブログです。暗号通貨投資(トレード)、ビットコイン・アルトコインのマイニング、その他雑学等について書いていきます。

02.アルトコイン waves

仮想通貨WAVESが目指すトークン化プラットフォームとは

投稿日:2017-08-27 更新日:

WAVESって何ができるの? 何がしたいの?

皆さんこんにちは、ニルスです。

突然ですが、アルトコイン銘柄の多くは何かに特化しており、それぞれ一言で言い表せる特徴がありますよね。
例えばXRPなら「送金」、ETHなら「スマートコントラクト」、PAYなら「デビットカード」、GAMEなら「ゲーム」、STRATなら「プライベートチェーン」、XMRやZcashなら「匿名性」などなど…
じゃあWAVESが目指すものは何かと一言で言えば「トークン化(のための)プラットフォーム」です。
……などといきなり言っても「???」となるのは当然だと思います。私もまだ完全には理解できていません。

本日はWAVESが目指すところについて、キモとなる機能を挙げながら、私なりにまとめていきたいと思います。

 

WAVES-DEX による非中央集権市場


DEXとはDecentralized Exchange(非中央集権型取引所)の略です。
特定の企業がサーバーを建てて管理するのではなく、ブロックチェーン上に存在する取引所というイメージです。
DEX自体はWAVES固有のものでなく、Openlenderをはじめ複数のものが存在します。

WAVESの場合、公式クライアント(ウォレット)にDEXが統合されています。

Waves-DEX(以下、単に”DEX”と表記します)の利点としては、

  • ブロックチェーン上で取引が行われるため改ざんされないこと
  • サーバーが落ちることが無いこと
  • ハッキングに対し強力な耐性を持つ(MtGox、Cryptsy、Bitfinex、Poloniexといった中央集権型の主要取引所では過去にハッキング、盗難、DDoS攻撃を受けています)こと
  • 取引所側による板操作を受けないこと
  • Walletと市場が統合されているため、取引のために取引所へ資産を送ったり引出したりする必要が無いこと

などが挙げられます。

WAVESの場合、資産の管理・送受信・市場での取引がすべてひとつのクライアント内で完結できるという総合プラットフォームになっているわけです。

またWAVESの公式クライアント(ウォレット)にはiOS/Android版も存在し、2017/8月初旬にはAndroid版にもDEXが実装されました。iOS版もAppleの許可が降り次第実装予定とのこと。
これにより出先であっても、資産の送受信や市場取引が可能となったわけです。

 

マルチゲートウェイ

先述の通り、WAVESはDEXという独自の取引所機能を持っています。しかし独自取引所とはいえ、取り扱い通貨がWAVESだけでは意味がないですよね。
でもご安心ください。Wavesクライアントではマルチゲートウェイによってドルやユーロなどのfiat(法定通貨)を市場に取り込むことができます。TetherのUSDTなどと同様、1:1の価値でペッグされるトークンが発行されるのです。
いわばドルやユーロといった法定通貨をクライアント(ウォレット)に入金することで、その価値を保ったままWaves Platform上で暗号通貨化させられるわけです。取引はもちろん、引き出しやブロックチェーンを利用した高速送金も可能です。

※ここで気付いた方もいるかもしれませんが、法定通貨の取扱という点においては、XRPと似たアプローチを取っています。

Q: So Waves is similar to Ripple? what will be the difference?
A: Waves is similar to Ripple in only one thing — approach to handling fiat. As in Ripple fiat assets will be backed by third-parties, payment systems, and banks.

Q:WavesはRippleに似ていますか? 両者の違いは何ですか?
A:Wavesは法定通貨を扱うアプローチという点においてRippleに似ているようです。リップルと同様、法定通貨アセットの価値はサードパーティ、決済システム、そして銀行によって裏付けられます。

公式ブログより引用

 

また同様に、他のアルトコインやビットコインも1:1の価値を持ったトークンとして市場に取り込むことができます。これにより、いちアルトコインのブロックチェーン上にある取引所でありながら、ETH/BTCMGO/USDといった、Wavesを介さない取引も可能となっています。

この機能のキモは、はじめにWaves Platformで発行したりICOを行ったトークンでなくても、有望なプロジェクトを後から市場に取り込めることです。
「○○が取引できる取引所」というだけでもユーザー増が見込めますし、DEX以外の大手取引所がハッキングにあったりしたら更に爆発的にユーザーは増えるかもしれません。

 

トークン発行機能

WAVESクライアント内では、誰もが簡単に独自のトークンを発行することが可能です。
トークン発行費用は1WAVESのみ維持費はかかりません
トークンは名前、総発行量、小数点の桁数、追加発行の可否などが設定でき、発行されたカスタムトークンはすぐにDEXで取引が可能です。

Waves Platformでは、企業や団体を取り込み、独自トークンを発行させる試みがなされています。
2017/8後半には、大手ハンバーガーチェーンの「バーガーキング」がWaves Platform内で独自トークン「Whoppercoin」を発行しました。
こうした大きなプロジェクトのトークンには、「(緑のチェックマーク)」が付き、個人が発行したトークンとは区別されます。

※ちなみに緑チェックを取得する方法は下記のとおりだそうです。

To get verified mark (green mark)
認証済マーク(緑色のマーク)を取得する方法

There are no classical ways (just paid the commission and get a lot of trust).
手数料を支払って信頼を得るような古典的な方法は存在しません。

Work hard on your business, be active with your community and support the Waves and Waves community.
ビジネスに熱心に取り組み、コミュニティと活発に活動し、WavesとWavesコミュニティを手助けして下さい。

Promote your product, come up with a system of incentives for Waves users.
あなたの製品を宣伝し、Wavesユーザーのためのインセンティブシステムを考え出してください。

引用元

 
バーガーキングのトークンの場合、店舗で1ルーブル(1ルーブルは約1/59ドル)を支払う毎に顧客に1トークンが付与され、1,700トークン集めるとハンバーガー1つと交換できるそうです。
これを読んで「それってポイントカードじゃん?」と思った方も多いと思います。既存のポイントカードと何が違うのかは後述したいと思います。

 

機能は何となくわかった。で、WAVESは何がしたいわけ?

Waves Platformは先述の「DEX」「マルチゲートウェイ」「トークン発行機能」を利用し、トークン化のためのプラットフォームになることを目指しています。

この項では「トークン化のためのプラットフォーム」とはどんなものか? ということについて、前項のバーガーキングトークンがポイントカードとは何が違うのか?という疑問をもとに見ていきたいと思います。

○円につき×ポイント、××ポイントで商品と交換…なんて仕組みは、楽天ポイントやTポイントはもちろん、個人商店のスタンプカードでも実現できるものです。
ではなぜそれを、わざわざ暗号通貨を用いてやるのか?

理由のひとつはコストです。特に大企業がポイントサービスを始める場合、ポイント用のサーバーを構築したり、サーバーのランニングコストや冗長性の確保に大きなコストが掛かります。一方WAVESクライアントを用いれば自社でサーバーを維持管理する必要がありませんし、発行自体にかかる費用はたったの1WAVESです(もちろんPRのためのホームページを作ったり広告宣伝を行ったりしたらその分は費用がかかります)。
同じことが低コストで出来るというだけでも導入する理由はありますよね。
また、発行されたトークンはWAVESブロックチェーン上にあることから、たとえば国際小売りチェーンが自社トークンを発行した際、国を跨いだ送受信も高速かつ低コストで行なえます。

発行する側にばかりメリットがあって、利用者にはメリットが無いのでしょうか?
そんなことはありません。先述のようにユーザーは自分のウォレット内にあるトークンを高速かつ低コストで送受信できるほか、DEXで取引することでBTCや法定通貨に換金することが可能です。
また先述の通り企業側はランニングコストの削減が可能なため、ポイント保有者への還元も大きくなるかもしれません。浮いたコストを消費者に還元するかは企業によりけりなので何とも言えませんが…

たとえばの話ですが、

Aさんはロシア旅行に行った際にシベリア鉄道に乗り、シベリア鉄道ポイント(架空のものです。念のため)を貰いました。シベリア鉄道ポイントを使えば次回利用時に切符を割引価格で買えるとのことです。
しかしAさんは「ロシア旅行なんて次にいつ行けるかもわからないし、またシベリア鉄道に乗るかもわからないな…」と思っています。

上記のようなケースでは多くの場合、折角貰ったポイントは無駄になってしまうでしょう。
しかしシベリア鉄道ポイントがWaves Platform上で発行されたものであれば、AさんはDEXでシベリア鉄道トークンを売り、USドルを手に入れたり、よく利用するバーガーキングのトークンに替えることができるのです。

waves トークン

上記をまとめると下記のイメージです。

  • 企業は独自トークンを発行し、より低コストで顧客の囲い込みが行える
  • 消費者は発行されたトークンを売買することで、現金還元や集めているポイントへ集約化することができる

言うなれば企業、消費者双方にメリットがあるわけです。

では、Waves Platform自体にはどんなメリットがあるのか? 通貨であるWAVESの価値は? という疑問が浮かぶと思いますので、次項でまとめます。

 

Waves Platformはいかに収益化へ結びつけるのか

トークンをWaves Platform上で発行することは、企業にも消費者にもメリットがあると前項で申し上げました。ではWaves Platform側にはどんなメリットがあるのでしょうか?

まずひとつが、トークンの発行機能とDEXにより、Waves Platform内でひとつの経済圏が生まれるということです。Waves Platform内で発行され、売買や送受信も同じ場所で行うことが可能なため、法定通貨への換金以外では流入した資金を外部に漏らさずに完結します。WAVESやトークンでの決済(ペイメント)機能が広まれば、換金さえする必要がありません。
企業や団体はポイント(トークン)を発行することにより消費者の囲い込みを狙いますが、Waves Platformは企業や団体の囲い込みを狙っているわけです。Waves Platformはいち企業でもありますので、単一の企業が大規模な市場を運営しているとなれば会社自体の評価も高まるでしょう。

二つ目は、プラットフォームの公式トークンであり、Nxtからフォークしたアルトコインである「WAVES」の存在です。WAVESはWaves Platform内での基軸通貨であり、トランザクションの燃料でもあります。
大企業が参入するごとにネットワーク上で無数の取引が生まれ、フルノード側が生成するブロックや取引手数料から受け取る報酬も増加します。報酬の増加によりフルノードの運用者が増え(フルノードを建てるには最低10,000WAVESが必要なためWAVESが購入される理由にもなります)、リースを募るフルノード間の競争市場となることでWAVESネットワークはより堅牢なものとなります。

三つ目は、企業がWaves Platform上でICOを行った際、事前販売の受け入れ通貨としてWAVESが選択肢に挙がることです。これによりWAVESが買われる理由が生まれ、価格の上昇に繋がります。

 

まとめ

WAVESは色々な機能や実装予定の機能が多数あります。
しかしそれらは適当に追加しているわけではなく、トークン化プラットフォームとして必要な機能なのです。

・自分のトークンを発行するとき資金調達ができたら企業は嬉しいよね→ICOもできるようにしよう
・条件を設定して自動で貸付や支払いができたらいいなぁ→スマートコントラクトも実装しよう
・表に出す必要ない送金履歴はあまり公開したくないなぁ→匿名取引機能もつけよう

つまり、ICOプラットフォームやDEX、実装予定のスマートコントラクトや匿名取引機能などは全て、トークン化されたプラットフォームを実現させるための手段に過ぎないのです

ここで、公式ブログの記事を引用します。

Q: One sentence or two what Waves is?
A: Cryptocurrency platform with emphasis on custom token creation, transfer and decentralized trading, with deep fiat integration and focus on community-backed projects.

Q:1文か2文で「Wavesとは」を表現すると?
A:法定通貨との統合とコミュニティ支援プロジェクトに注力し、カスタムトークンの作成、転送、分散型取引に重点を置いた暗号通貨プラットフォームです。

公式ブログより引用

上記は、「DEX」「マルチゲートウェイ」「トークン発行機能」を端的にまとめた一文だと思います。

上記の機能に加え、強力なパートナーシップ、積極的なマーケティングにより、既存の企業をどんどん取り込んだり、新しいプロジェクトをプラットフォーム上で発足させることで、「トークン化のためのプラットフォーム」を実現させようとしているのです。

というわけで今回は、「WAVESって何か色んな機能があるらしいけどイマイチよくわからん…いったい何がしたいんだ?」という疑問に対するまとめ記事でした。
少しでもご参考になれば幸いです。
ではまた。

※記事中誤りがあればご指摘下さい… 確認後訂正させていただきます。

 

はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな取引所

  • bitFlyer
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    ビットコイン取引量日本一(2016年)。厳重なセキュリティに加え取引所が保険に加入しているため万一の際にも安心の「bitFlyer」。SMBC、三菱UFJ、みずほ、SBI、三井住友などが株主でバックボーンもしっかり。

    口座開設

  • Coincheck
    Coincheck(コインチェック)

    ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)取引なら「コインチェック」。初心者に優しい簡単操作で「売買自体初めて」という方にもオススメ。(NEW!) 登録マニュアルを作成しました。よろしければ併せてご覧ください。

    口座開設

  • Zaif
    Zaif(ザイフ)

    「Zaifコイン積立」(暗号通貨の定期積み立て機能)などユニークな機能が充実の取引所「Zaif(ザイフ)」。NEM(XEM)、モナコイン(MONA)なども取扱。COMSA(コムサ)プラットフォームも話題沸騰中です。

    口座開設

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

-02.アルトコイン, waves
-, , , , , , , , ,



Author:ニルス

ニルス

二十代後半の貧乏社会人(Twitter:@nils00000)。サイト制作、WEB広告、画像編集などを含む何でも屋事務員(薄給)として真っ黒い会社で働く傍ら、ド文系ながら暗号通貨に興味を持つ。暗号通貨(ビットコイン・アルトコイン)のトレード、クラウドマイニング、セルフマイニングなどを勉強しながら実践中。保有アルトコイン銘柄 $WAVES / $ETH / $XRP / $XMR / $AE / $ETN など。 ※当サイトに掲載しているサービス・銘柄について、利益をお約束するものではございません。必ずご自身で情報をご精査の上ご利用下さい。


  1. 読ませていただきました!
    すばらしい記事、情報ありがとうございます!ଘ(੭ˊ꒳​ˋ)੭✧
    wavesは今は下がり調子ですけど、わたしも機会をうかがってワベサーになろうかと思案しはじめましたw
    自分もトークンエコノミーのビックウェーブに乗りたいッ…!
    twitterもフォローさせてもらってます〜これからも更新楽しみにしてます!

    • ニルス ニルス より:

      コメントありがとうございます!
      この記事はめちゃめちゃ時間かけて書いたのでそう仰っていただけると本当に嬉しいです!w 是非ご検討の上ワベサーデビューして下さいw
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします…!

  2. 匿名 より:

    なるほど~。
    大変分かりやすい記事有難うございます!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

“仮想通貨元年”の2017年から東京オリンピックの2020年に向けて

2017年・”仮想通貨元年” アルトコイン爆上げ祭り開催! みなさんこんばんは、ニルスです。 [AD] ここ数日、ビットコインの回復に伴い、アルコトインも伸びてますね。 いや、 …

Enterprise Ethereum Alliance

“Enterprise Ethereum Alliance”(EEA)の話と雑記

“Enterprise Ethereum Alliance”(EEA)にトヨタやサムスンが加入! 皆さんこんばんは、ニルスです。 暗号通貨時価総額2位のイーサリアムについて、& …

investFeed(インベストフィード)のご紹介【アルトコイン紹介[6]】

investFeedのご紹介 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日は久しぶりにCoinMarketCapから発掘したアルトコイン銘柄のご紹介です。 本日ご紹介するのはinvestFeed(IFT)です …

私が仮想通貨Wavesに投資する7つの理由

Waves好きすぎるでしょ問題 皆さんこんばんは、ニルスです。今日は(また)Wavesの提灯記事です笑 以前「投資では信仰を捨てよう」みたいな記事を書いておきながら、最近の私はWavesの狂信者となり …

個人的おすすめアルトコイン(1) - GameCredits(GAME)

GameCredits(GAME)   今日は私が投資しているビットコイン以外の暗号通貨(アルトコイン)、GameCreditsをご紹介します。 アルトコインのアルトとは”alt …

2017/11/18

11月、CointelegraphによるBlockShow Asiaはグローバルブロックチェーンワールドへの窓を開く(翻訳記事)

BlockShow Asia 2017 みなさんこんにちは、ニルスです。 本日は、2017年11月29-30日にシンガポールにて開催されるブロックチェーンイベント、「BlockShow Asia 20 …

2017/11/16

Electroneum(エレクトロネウム)のWallet(CUI)作成方法

Electroneumのマイニング みなさんこんにちは。ニルスです。 前回のElectroneumの記事で、Walletの作成方法をコメントで教えて頂きました。  ニルスの暗号通貨日記&nb …

2017/11/14

副業を考える前に日々のランニングコストを見直そう

副業 と ランニングコスト みなさんこんにちは、ニルスです。 この記事は暗号通貨や投資の話からは少し逸れた内容ですが、皆さんも一度考えて頂くと、もしかしたら自由に使えるお金が増えるかもしれないというお …

2017/11/12

Wavesに実装されるWaves NGアルゴリズムとは

Waves-NG みなさんこんにちは、ニルスです。 今日はWaves(ウェーブス/ワベス)記事です。 本日は、当サイトでもたびたび触れているWavesに近日実装予定の「Waves-NG」について、「W …

2017/11/10

銀行金利の数千倍!?Coincheckの「貸仮想通貨」で利息収入を得よう

貸仮想通貨―ビットコインなどを貸し出して利息収入を得る 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日はタイトルの通り、仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)で提供されているサービス、「貸仮想通貨」 …

2017/10/23

Ethereum (イーサリアム) ― 世界を変える分散型プラットフォーム...

仮想通貨Ethereum(イーサリアム) 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日はみんな大好き(?)...

2017/04/11

“クラウドマイニング”で手堅く稼ぐ-GenesisMiningのご紹介-...

"クラウドマイニング"サイトGenesisMiningに投資 ここらへんで手堅い投資を行おうと思います。 ...

2017/08/11

Zaif(ザイフ)で仮想通貨の積立をしよう...

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)でビットコインやNEMの積立をしよう 皆さんこんにちは、ニルスです。 ...

2017/11/06

Electroneum(エレクトロネウム)のマイニング(採掘)方法...

Electroneumのマイニング みなさんこんにちは。ニルスです。 Twitterにて「エレクトロネウム...

2017/10/21

Zcash (ジーキャッシュ)―エドワード・スノーデンも注目するアルトコイン...

Zcash (ジーキャッシュ) 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日は、J.P.モルガンと提携したり、...



Ledger Nano S (レジャー・ナノS)ビットコイン&イーサリアムハードウェアウォレット【正規品】

ハッキングの脅威から仮想通貨を守り、安全に保管するならハードウェアウォレットがおすすめです。

changelly
仮想通貨の両替サービスです。簡単操作でBTC→ETH、ETH→ZECといった変換が取引所を通さずに可能です。

changelly