ページ読込中...

Loading...

 ニルスの暗号通貨日記

暗号通貨 / 仮想通貨でセミリタイアを狙う貧乏サラリーマンが日々の投資を綴るブログです。暗号通貨投資(トレード)、ビットコイン・アルトコインのマイニング、その他雑学等について書いていきます。

02.アルトコイン ICO RNDR

VR/AR×ブロックチェーン ― バーチャルと現実を繋ぐRNDR

投稿日:2017-09-24 更新日:

RNDR

VR/AR系トークン

皆さんこんにちは、ニルスです。
本日は面白そうなトークンセールの情報を見つけましたので情報共有したいと思います。

RNDR(レンダー)というトークンで、
ジャンルで言えばVR/AR(バーチャルリアリティ/拡張現実)系のイーサリアムトークンです。

内容は次項から見ていきます。

 

RNDR(レンダー)トークン

VR/AR系分野での展開を狙ったプロジェクトは他にもちらほらあったと思います。
ではなぜこのRNDRトークンを取り上げたのか、順を追って見ていきたいと思います。

私が興味を持ったのは、単に「VR/ARで使うよ!」というだけでなく、構想に説得力を感じたためです。

彼らは世界中のPCをネットワークで接続し、その処理能力を結びつけて使ういわゆるグリッドコンピューティング技術と、GPU(グラフィックボード)による暗号通貨のマイニングに目をつけました。

グリッド・コンピューティングは、インターネットなどの広域のネットワーク上にある計算資源(CPUなどの計算能力や、ハードディスクなどの情報格納領域)を結びつけ、ひとつの複合したコンピュータシステムとしてサービスを提供する仕組みである。提供されるサービスは主に計算処理とデータの保存・利用に大別される。一箇所の計算センターや、一組のスーパーコンピュータでは足りないほどの大規模な計算処理や大量のデータを保存・利用するための手段として開発されている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/グリッド・コンピューティング

 

このトークンの構想をざっくりまとめますと、

現在、暗号通貨分野ではたくさんのGPUがマイニングに用いられています。
しかし、AWSでさえレンダリングパワーが不足している上、時がたつにつれ要求される描画能力はどんどん大きくなっていくでしょう。GPUはトランザクションの承認処理などに使うより、本来の目的である画像や動画といったものの描画に使うべきです。
「マイニング」の代わりに、実際に3D映像などの描画処理にGPUリソースを使いましょう。世界中にはアイドル(休止状態)のPCがたくさんあります。
その使っていないGPUの計算能力を、分散コンピューティング技術を利用し提供を受けることで、VR/ARといった高い処理能力を要求されるレンダリング処理に充てるのです。
提供者は、提供したGPUの処理能力に応じ、報酬としてトークンを受け取ることができます。

という感じです。

公式ページを少し見ていきましょう。

We aim to make it possible for any 3D object or environment to be authored, shared, and monetized through the Ethereum blockchain protocol.
The RNDR token is powered by breakthrough cloud rendering technology, creating a distributed global network of millions of peer GPU devices.

私たちは、Ethereumブロックチェーンプロトコルを通じて、3Dオブジェクトや環境を作成、共有、収益化することを可能にすることを目指しています。
RNDRトークンは、画期的なクラウドレンダリング技術によって強化され、数百万のピアGPUデバイスからなる分散型グローバルネットワークを構築します。

GPUs are now a standard component on every phone and PC as the most efficient rendering hardware.
Yet, single GPUs on devices, and even those in the cloud, are unable to individually handle the most intensive image processing demands.
7 years ago, we filed a patent on a simple premise: could all the millions of GPUs in the world be connected and work on distributed tasks for complex rendering?
The answer is yes.

GPUは現在、最も効率的なレンダリングハードウェアとしてすべての電話機とPCの標準コンポーネントです。
しかし、デバイス上の単一のGPU、さらにはクラウド内のGPUであっても、最も集中的な画像処理要求を個別に処理することはできません。
7年前、我々は簡単な前提で特許を出願しました。複雑なレンダリングのために世界中の何百万ものGPUが接続され、分散した作業をすることができますか?
答えは「イエス」です。

う~ん、熱いですね。なんだかビビッと来ました。

次項では発行元を見ていきましょう。RNDRトークンの発行元はOTOYという企業です。

 

OTOY

このOTOY.incという会社、公式HPのプレスリリースをみて驚きました。
正直私は知らなかったのですが、VR/AR分野ではあの「Oculus Rift(オキュラス・リフト)」のオキュラス社と肩を並べるほどの企業のようです。

ざっくり紹介すると、

2015年7月、Oculus社と共同でVRコンテンツのコンテストを実施

2016年8月、サムスンと共同でWEBページのVRブラウジング技術を発表。

2016年9月、ワーナーブラザーズ・コンシューマー・プロダクツ、DCエンタテインメント、ワーナー・ブラザーズとのパートナーシップを発表。

2017年4月、Facebookの新型Surround 360 x24およびx6カメラにおけるパートナーシップを発表

また、2013年にはGoogleの元CEOをアドバイザーとして迎え入れたり、「FireFox」のMozila社と提携しています。

名前だけ見るとかなり凄い会社に感じますね。どこの馬の骨ともわからない謎の集団ではない、というだけでも意欲がわきます。
次項ではトークンセールの詳細について見ていきましょう。

 

RNDRトークンセール概要

全体のトークン分布

RNDRネットワークで使用する合計2,147,483,648のレンダリングトークンがあります。追加のレンダートークンは生成されません。内訳は次のとおりです。

 

トークンセール要素

トークンの販売は、UTC:2017年10月5日午後4時(EDT午後12時, PDT午前9時)に行われる予定です。
販売は発売後14日間続きます。
このトークン販売のハードキャップは$ 134,217,728になります。

レンダートークン総額の25%を占める536,870,912のトークンを一般に公開する予定です。
トークンの売却代金は、ホワイトペーパーの「資金の使用」セクションで概説されている推定コストをカバーすることを意図しています。
私たちの目標は、これらの収益が、私たちがこのプロジェクトの将来を想定していた堅牢な生態系とダイナミックな枠組みを構築することができることです。

 

残りのトークン

65%  -  レンダーユーザー開発基金:この基金は、2つの目的を果たすことを目的としています

1. 私たちの目標は、大規模レンダリングジョブを必要とするレンダーユーザーのためのトークン基金として機能することです。
サードパーティの取引所によって必要とされるかなりの量のトークンを得ることは厄介なプロセスであることが判明する可能性があるので、予備はトークンの流動的保管所を設けることによってネットワークを強化することを意図しています。
これらのトークンはレンダリングトークンの市場価値に固定された価格でスマートコントラクトによって販売されます。これらの資金からの収益は、ユーザーレンダリングプラットフォームの信頼性を高めることが期待されています。
このように、より複雑なレンダリングジョブがネットワークによって処理されるにつれて、ネットワークコミュニティ全体に報酬が与えられます。これは、供給を強化するために、より多くのトークンをネットワークに持ち込むためのインフレ対策としても機能するはずです。

2. レンダリングジョブを要求し実行するユーザの能力および数が増加するにつれて、レンダリングタスクを実行するユーザにボーナスおよびインセンティブの形でより多くのトークンがエコシステムにリリースされることが予想されます。
インセンティブやボーナスは、ユーザーの評判スコアなどのさまざまな要因を使用して計算されます。

 

10%  -  顧問&チームメンバー、パートナー&プロバイダー:

この部分のトークンは、開発プロセスに積極的に貢献しているチームメンバーおよびアドバイザー、ならびにプロジェクトのOTOYと共に働いているプロバイダーに割り当てられます。
プロジェクトの利益と内部ステークホルダーのインセンティブを一致させるために、これらのトークンは6ヶ月のロックアップ期間内保持します。

 

資金調達方法と登録期間

あなたはEthereumウォレットを通じ、Etherを使用して、クラウドセールでRNDRトークンを購入することができます。
登録手続は、2017年9月27日水曜日のUTC時間午後4時に開始される予定です。
販売に参加するには、登録プロセス中に販売に使用するEthereumウォレットを登録する必要があります。
登録手続きはhttp://www.rendertoken.comで行われます。

 

販売価格

10月5 日のトークンセールイベントの約3日前に、RNDRトークン(ETH建て)の販売価格をリリースする予定です。

翻訳元:公式Blog
https://medium.com/@rendertoken/rndr-token-sale-details-3386e75a6fff

 

まとめ

というわけで今回は、OTOY社によるRNDRトークンのご紹介でした。
まだクラウドセール前ですが、私は数ETH分買ってみようと思っています。

もちろん有力企業が行うプロジェクトだからといって成功する保証はどこにもありませんし、無名チームでも成功を収める可能性はあります。
当記事はあくまでご参考程度にとどめて頂ければ幸いです。

現状どのくらいの注目度があるのか分かりませんが、RNDRトークンの公式ツイッターのフォロワー数(2017/9/22時点で数百人)を見ると、まだまだマイナーなんじゃないかと思います。
ちなみにOTOY社のツイッターアカウントは公式マーク付きで50,000人弱のフォロワーがいるので、こちらも注視していきたいと思います。

というわけで今回はこの辺で。
ではまた!

 

はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな取引所

  • bitFlyer
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    ビットコイン取引量日本一(2016年)。厳重なセキュリティに加え取引所が保険に加入しているため万一の際にも安心の「bitFlyer」。SMBC、三菱UFJ、みずほ、SBI、三井住友などが株主でバックボーンもしっかり。

    口座開設

  • Coincheck
    Coincheck(コインチェック)

    ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)取引なら「コインチェック」。初心者に優しい簡単操作で「売買自体初めて」という方にもオススメ。(NEW!) 登録マニュアルを作成しました。よろしければ併せてご覧ください。

    口座開設

  • Zaif
    Zaif(ザイフ)

    「Zaifコイン積立」(暗号通貨の定期積み立て機能)などユニークな機能が充実の取引所「Zaif(ザイフ)」。NEM(XEM)、モナコイン(MONA)なども取扱。COMSA(コムサ)プラットフォームも話題沸騰中です。

    口座開設

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

-02.アルトコイン, ICO, RNDR
-, , , , , , , , , , , , , ,



Author:ニルス

ニルス

二十代後半の貧乏社会人(Twitter:@nils00000)。サイト制作、WEB広告、画像編集などを含む何でも屋事務員(薄給)として真っ黒い会社で働く傍ら、ド文系ながら暗号通貨に興味を持つ。暗号通貨(ビットコイン・アルトコイン)のトレード、クラウドマイニング、セルフマイニングなどを勉強しながら実践中。保有アルトコイン銘柄 $WAVES / $ETH / $XRP / $XMR / $AE / $ETN など。 ※当サイトに掲載しているサービス・銘柄について、利益をお約束するものではございません。必ずご自身で情報をご精査の上ご利用下さい。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

WavesトークンのICO情報まとめ

WAVES上のICO 皆さんこんにちは、ニルスです。 ICOをやるのはEthereumトークンだけじゃないよ、ということで。 本日は最近始まった、あるいは近々実施予定のWavesPlatform上のI …

個人的おすすめアルトコイン(5) - WeTrust(Trustcoin:トラストコイン/TRST)

WeTrust(Trustcoin/TRST)のご紹介 皆さんこんばんは、ニルスです。 ちょいちょいご紹介しているので連番もあってないようなものですが…アルトコイン紹介シリーズ第5弾ということで、今回 …

仮想通貨WAVESが目指すトークン化プラットフォームとは

WAVESって何ができるの? 何がしたいの? 皆さんこんにちは、ニルスです。 突然ですが、アルトコイン銘柄の多くは何かに特化しており、それぞれ一言で言い表せる特徴がありますよね。 例えばXRPなら「送 …

アルトコイン投資ポートフォリオ公開(第2弾)

現在のポートフォリオ公開 皆さんこんばんは、ニルスです。 今回はおよそ2ヶ月半ぶりにアルトコイン投資のポートフォリオ(投資先の配分表)を公開致します。 前回の記事はこちら  ニルスの暗号通貨 …

エアドロップに参加して”Byteball”を完全無料で入手しよう

Byteballを無料で入手しよう みなさんこんばんは、ニルスです。 本日はIOTAとともに最近話題のDAG通貨、”Byteball“のエアドロップ参加方法について書いていきた …

2017/11/18

11月、CointelegraphによるBlockShow Asiaはグローバルブロックチェーンワールドへの窓を開く(翻訳記事)

BlockShow Asia 2017 みなさんこんにちは、ニルスです。 本日は、2017年11月29-30日にシンガポールにて開催されるブロックチェーンイベント、「BlockShow Asia 20 …

2017/11/16

Electroneum(エレクトロネウム)のWallet(CUI)作成方法

Electroneumのマイニング みなさんこんにちは。ニルスです。 前回のElectroneumの記事で、Walletの作成方法をコメントで教えて頂きました。  ニルスの暗号通貨日記&nb …

2017/11/14

副業を考える前に日々のランニングコストを見直そう

副業 と ランニングコスト みなさんこんにちは、ニルスです。 この記事は暗号通貨や投資の話からは少し逸れた内容ですが、皆さんも一度考えて頂くと、もしかしたら自由に使えるお金が増えるかもしれないというお …

2017/11/12

Wavesに実装されるWaves NGアルゴリズムとは

Waves-NG みなさんこんにちは、ニルスです。 今日はWaves(ウェーブス/ワベス)記事です。 本日は、当サイトでもたびたび触れているWavesに近日実装予定の「Waves-NG」について、「W …

2017/11/10

銀行金利の数千倍!?Coincheckの「貸仮想通貨」で利息収入を得よう

貸仮想通貨―ビットコインなどを貸し出して利息収入を得る 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日はタイトルの通り、仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)で提供されているサービス、「貸仮想通貨」 …

2017/10/23

Ethereum (イーサリアム) ― 世界を変える分散型プラットフォーム...

仮想通貨Ethereum(イーサリアム) 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日はみんな大好き(?)...

2017/04/11

“クラウドマイニング”で手堅く稼ぐ-GenesisMiningのご紹介-...

"クラウドマイニング"サイトGenesisMiningに投資 ここらへんで手堅い投資を行おうと思います。 ...

2017/08/11

Zaif(ザイフ)で仮想通貨の積立をしよう...

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)でビットコインやNEMの積立をしよう 皆さんこんにちは、ニルスです。 ...

2017/11/06

Electroneum(エレクトロネウム)のマイニング(採掘)方法...

Electroneumのマイニング みなさんこんにちは。ニルスです。 Twitterにて「エレクトロネウム...

2017/10/21

Zcash (ジーキャッシュ)―エドワード・スノーデンも注目するアルトコイン...

Zcash (ジーキャッシュ) 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日は、J.P.モルガンと提携したり、...



Ledger Nano S (レジャー・ナノS)ビットコイン&イーサリアムハードウェアウォレット【正規品】

ハッキングの脅威から仮想通貨を守り、安全に保管するならハードウェアウォレットがおすすめです。

changelly
仮想通貨の両替サービスです。簡単操作でBTC→ETH、ETH→ZECといった変換が取引所を通さずに可能です。

changelly