ページ読込中...

Loading...

 ニルスの暗号通貨日記

暗号通貨 / 仮想通貨でセミリタイアを狙う貧乏サラリーマンが日々の投資を綴るブログです。暗号通貨投資(トレード)、ビットコイン・アルトコインのマイニング、その他雑学等について書いていきます。

01.ビットコイン 02.アルトコイン 取引所

PoloniexのLending(貸付)を自動で行おう

投稿日:

PoloniexのLending(貸付)を自動で行おう

皆さんこんにちは、ニルスです。
本日は久しぶり(実に9ヶ月以上ぶり笑)に、Lending(レンディング)についての記事となります。

Lending(貸付)とは?ということについては下記の記事を御覧下さい。

Poliniexの"LENDING"でコツコツ稼ぐ
こちらもお薦め信用取引はリスクが高すぎる……「所持している暗号通貨を増やしたいけれど、あまり大きなリスクは取りたくない……」そんな方が、保有暗号通貨を増やす方法...

 

今回は、上記記事のLendingを自動で行う方法をご案内します。

 

レンディングbot「Bitseeder(ビットシーダー)」を使ってLendingを自動化

さて、暗号通貨のLending(貸付)を自動で行ってくれるbotサービスというものがあります。
Lendingにおける確認の手間を省き、再貸出、最適な金利の設定などを、利息の一部を手数料として支払うことで自動で行ってくれるサービスです。
その中で今回は、Bitseeder(ビットシーダー)というサービスをご紹介します。
 

bitseeder - 仮想通貨の全自動貸出運用サービス
誰でも簡単に仮想通貨運用。継続的金利収入を全自動でサポートするサービスです。

 
レンディングbotサービスは他にも幾つかありますが、完全日本語対応ということで今回はこちらをご紹介します。
登録にはGoogleアカウント、Facebookアカウント、Twitterアカウントのいずれかが必要ですので、もしお持ちでない方は予め用意しておきましょう。

Bitseederは登録ガイドを用意してくれていますので基本的にはそちらをご覧いただき、当記事では補足を行いたいと思います。

まずはPoloniexのアカウントにログインをし、資産移動ページから資産をトレード資産(Exchange)から貸出用資産(Lending)に枠移動させておきましょう。

 

APIキーを発行、設定する

次にPoloniexのAPIキーを発行し、bitseederに登録を行います。
ログイン後、画面右上のスパナマークから、「API KEYS」を選択します。

「Create New Key」をクリックして新しいキーの発行を行います。

初めてキーを発行する場合は「Enable API」というボタンが表示され、アカウントの設定によってはメール等による二段階認証を求められる場合があります。
bitseederにはこの画面で発行した「APIキー」と「シークレット」が必要になります。
シークレット(Secret)はデフォルトの画面では非表示になっているため、「Show」を押して表示を行ってください。
(この時、再び二段階認証が求められることがあります。)

また、Optionsのチェックボックスは全て外した状態にしてください。

IP Access Restrictionの設定も行わないでください。bitseederがあなたのアカウントにアクセスできなくなります。

上記の通りEnable Tradingと、Enable Withdrawalsのチェックが外れていることを確認しておきましょう。
この状態は、「APIを通してトレードや、資金の引き出しはできませんよ」という状態です。この状態にしておかないと万一API情報が流出した際、ログインパスワードやメールアドレスの情報なしに、勝手に売買や引出しが行われてしまう可能性があるため、くれぐれもご注意下さい。

「API key」と「Secret」が表示できたら、Bitseeder側にそれらを登録します。
API情報を一時的にメモ帳などにコピペしておくか、別のウィンドウ(タブ)でBitseederのサイトにアクセスしましょう。

上記ページの「ログインして始める」からお手持ちのSNSアカウントと連携し、Bitseederにログインしましょう。

ログインをすると下記のような画面になると思います。

画面右上のアカウント > 設定 とクリックしましょう。

すると上記のような画面になりますので、先程発行した「API Key」と「Secret」をそれぞれの欄に入力し、「保存」を押下して下さい。
これでAPIの設定は終わりです。ホーム画面に戻りましょう。

 

手数料をデポジットする

レンディングbotでは金利収益の一部が手数料として徴収されますが、サービス利用の手数料は利息から直接引かれるわけではありません
Bitseederの場合、予め前金を入れておきます。手数料分がそこからジワジワ減っていき、残高がゼロになったら再び入金されるまでサービスが止まる、という形です

bitseederを動作させるにはクレジットが必要となります。
ユーザにはそれぞれ専用のBTCアドレスが割り振られ、そこにBTCを送金していただくことで3承認後にクレジットに加算されます。 プログラムを開始するには最低0.0001BTCのクレジットが必要となり、bitseederが貸付によって収益を発生させるごとにそのコスト分がクレジットから差し引かれます。
クレジットが0になるとbitseederは自動的に停止してしまいますので、あらかじめ十分なクレジットを入金しておくことを推奨します。 最初にどの程度入金していいか分からない場合は、運用総額の1%程度を目安としてください。 これはクレジットの逐次補充の手間を削減し自動運用を最大限に享受するために適した割合です。

なお、当サービスではユーザ様1人1人に最適なサーバリソースが割り当てられており、クレジットは入金された時点で自動的にその支払いへと充てられます。
そのため、クレジット残高の返金は受け付けておりません。ご了承の上、将来に渡って消費しきれない可能性のある高額のクレジットを入金することはお控えください。

上記の通り返金は受け付けていないとのことですので、ひとまずは運用額の1%程度を目安として、あまり高額を一気に入れることは避けましょう。

デポジットの入金は、ホーム画面左の「+チャージ」から行います。

上記のように注意事項を確認し、チェックを入れた上で「アドレスを表示する」を押下しましょう。
表示されたアドレスにBTCを送金し、画面に反映されれば準備完了です。

ホーム画面、「+チャージ」下の「自動貸出」ボタンを「ON」にしてしばらくすれば自動貸出が始まります。
そのままでも特に問題ありませんが、通貨毎の最低貸出金利など細かい設定をしたい場合は、通貨の行右側の歯車マークから行って下さい。
貸出設定」のガイドもご覧下さい。

 

終わりに

最後にご注意事項です。
Bitseederの仕組みとしては下記のようなイメージです。

 

 

入金時に注意されるように、手数料のデポジットと貸し出しの資金は別物です。返金は行っていないので、誤ってデポジットに高額を入金しないようくれぐれもお気をつけ下さい。

また、レンディングはどんな方にもお薦めできるサービス、というわけではありません
トレードに比べれば遥かにローリターンですので、ある程度の資金が無いと効率が悪いです(当然ながら資金があればあるほど利益も大きくはなります)。

また、取引所に高額の資金を預けることになるので、万一ハッキングを受けた際の損害も大きくなります
自分の資産を守るためにも、定期的なパスワードの変更や、二段階認証などの設定は必ず行って下さい

取引所の破綻リスクもあるため、どの程度の額を貸付に出すかは慎重にご判断下さい。
リスクについてはBitseederのFAQページもご参照下さい。

Bitcoinは2017/10/16現在、10/25にビットコインゴールド、11/19にSegWit2xのハードフォーク(分裂)の可能性が示唆されています。
2017/8月のビットコイン/ビットコインキャッシュのハードフォークのように、取引所により対応は異なるかと思います。
オフラインのWalletに置いておくのが一番無難かとは思いますが、あえて取引所に置いておく、或いはWalletに引き出す等のご対応はご自身の判断でお願いします。

そもそも、一日に何度もPoloniexにログインし確認することができる方にとっては不要なサービスかもしれません

人によっては非常に便利なサービスですが、ご自身にとって有用か否かはご判断の上ご利用ください。

ではまた。

 

はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな取引所

  • bitFlyer
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    ビットコイン取引量日本一(2016年)。厳重なセキュリティに加え取引所が保険に加入しているため万一の際にも安心の「bitFlyer」。SMBC、三菱UFJ、みずほ、SBI、三井住友などが株主でバックボーンもしっかり。

    口座開設

  • Coincheck
    Coincheck(コインチェック)

    ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)取引なら「コインチェック」。初心者に優しい簡単操作で「売買自体初めて」という方にもオススメ。(NEW!) 登録マニュアルを作成しました。よろしければ併せてご覧ください。

    口座開設

  • Zaif
    Zaif(ザイフ)

    「Zaifコイン積立」(暗号通貨の定期積み立て機能)などユニークな機能が充実の取引所「Zaif(ザイフ)」。NEM(XEM)、モナコイン(MONA)なども取扱。COMSA(コムサ)プラットフォームも話題沸騰中です。

    口座開設

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

-01.ビットコイン, 02.アルトコイン, 取引所
-, , , , , , , , , , ,



Author:ニルス

ニルス

二十代後半の貧乏社会人(Twitter:@nils00000)。サイト制作、WEB広告、画像編集などを含む何でも屋事務員(薄給)として真っ黒い会社で働く傍ら、ド文系ながら暗号通貨に興味を持つ。暗号通貨(ビットコイン・アルトコイン)のトレード、クラウドマイニング、セルフマイニングなどを勉強しながら実践中。保有アルトコイン銘柄 $WAVES / $ETH / $XRP / $XMR / $AE / $ETN など。 ※当サイトに掲載しているサービス・銘柄について、利益をお約束するものではございません。必ずご自身で情報をご精査の上ご利用下さい。


  1. まさ より:

    こんにちは、レンディングについてご存知でしたら教えて頂けると助かります
    bitconnectやregalcoinで実施するレンディングはポロニエックスより利率が高いと思うのですが
    リスクも高いと思いますか?
    bitconnectはそれなりに実績もあるようですし、詐欺的な感じには見えませんでしたので
    regalcoinが第2のbitconnctのような形で成長するのではと思っていますがどうでしょうか?
    ご意見ください

    • ニルス ニルス より:

      まさ様

      コメントありがとうございます。
      私個人としてはBitconnectもRegalcoinも完全にポンジ・スキームであると認識しています。
      それらの提供する「レンディング」についてですが、たとえば世界最大級の取引所であるPoloniexやBitfinexで年利数%の貸出が絶えずあるのに、借り手として年利数百%にもなるところで借りる必要がない、というのが理由の一つです。
      後から入ってくるお金を支払いに充てている形であるという認識です。
      またピラミッド型の紹介システムも構造的に問題があります。HYIPの金利とMLMの構造を組み合わせたような印象です。

      https://steemit.com/scam/@thegrinder/the-bitconnect-scam-exposed

      https://steemit.com/bitcoin/@jenny143/bitconnect-scam-with-proof

      ただPonzi、SCAMであることと、それを利用して稼げるかどうかはまた別問題です。
      参入者が増え、スキームが稼働しているうちは支払いもきちんと行われるでしょう。
      今の時価総額からしても今日明日に破綻することは無いかもしれません。

      決して推奨は致しませんが、投資したら全額を失うとも断言できません。実際に早期参入している方は原資回収も済んでいるようです。
      突然破綻するリスクを承知の上、ご判断されると良いかと思います。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

個人的おすすめアルトコイン(1) - GameCredits(GAME)

GameCredits(GAME)   今日は私が投資しているビットコイン以外の暗号通貨(アルトコイン)、GameCreditsをご紹介します。 アルトコインのアルトとは”alt …

仮想通貨WAVESが目指すトークン化プラットフォームとは

WAVESって何ができるの? 何がしたいの? 皆さんこんにちは、ニルスです。 突然ですが、アルトコイン銘柄の多くは何かに特化しており、それぞれ一言で言い表せる特徴がありますよね。 例えばXRPなら「送 …

11月、CointelegraphによるBlockShow Asiaはグローバルブロックチェーンワールドへの窓を開く(翻訳記事)

BlockShow Asia 2017 みなさんこんにちは、ニルスです。 本日は、2017年11月29-30日にシンガポールにて開催されるブロックチェーンイベント、「BlockShow Asia 20 …

2017年10月 Waves関連ニュースまとめ

2017年10月 Waves関連ニュースまとめ 皆さんこんばんは、ニルスです。 今回は久しぶり(でもないですが)に、Wavesの記事です。 10月に出た情報やプロダクトについてざっくりとまとめたいと思 …

Gazprombank DigitalとWaves Platformが戦略的パートナーシップを締結

ロシアのメガバンクがWavesと提携 皆さんこんばんは、ニルスです。またまたWavesの記事ですが、今度はロシアのメガバンクとWavesが戦略的パートナーシップを結んだというビッグニュースが飛び込んで …

2017/11/18

11月、CointelegraphによるBlockShow Asiaはグローバルブロックチェーンワールドへの窓を開く(翻訳記事)

BlockShow Asia 2017 みなさんこんにちは、ニルスです。 本日は、2017年11月29-30日にシンガポールにて開催されるブロックチェーンイベント、「BlockShow Asia 20 …

2017/11/16

Electroneum(エレクトロネウム)のWallet(CUI)作成方法

Electroneumのマイニング みなさんこんにちは。ニルスです。 前回のElectroneumの記事で、Walletの作成方法をコメントで教えて頂きました。  ニルスの暗号通貨日記&nb …

2017/11/14

副業を考える前に日々のランニングコストを見直そう

副業 と ランニングコスト みなさんこんにちは、ニルスです。 この記事は暗号通貨や投資の話からは少し逸れた内容ですが、皆さんも一度考えて頂くと、もしかしたら自由に使えるお金が増えるかもしれないというお …

2017/11/12

Wavesに実装されるWaves NGアルゴリズムとは

Waves-NG みなさんこんにちは、ニルスです。 今日はWaves(ウェーブス/ワベス)記事です。 本日は、当サイトでもたびたび触れているWavesに近日実装予定の「Waves-NG」について、「W …

2017/11/10

銀行金利の数千倍!?Coincheckの「貸仮想通貨」で利息収入を得よう

貸仮想通貨―ビットコインなどを貸し出して利息収入を得る 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日はタイトルの通り、仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)で提供されているサービス、「貸仮想通貨」 …

2017/10/23

Ethereum (イーサリアム) ― 世界を変える分散型プラットフォーム...

仮想通貨Ethereum(イーサリアム) 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日はみんな大好き(?)...

2017/04/11

“クラウドマイニング”で手堅く稼ぐ-GenesisMiningのご紹介-...

"クラウドマイニング"サイトGenesisMiningに投資 ここらへんで手堅い投資を行おうと思います。 ...

2017/08/11

Zaif(ザイフ)で仮想通貨の積立をしよう...

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)でビットコインやNEMの積立をしよう 皆さんこんにちは、ニルスです。 ...

2017/11/06

Electroneum(エレクトロネウム)のマイニング(採掘)方法...

Electroneumのマイニング みなさんこんにちは。ニルスです。 Twitterにて「エレクトロネウム...

2017/10/21

Zcash (ジーキャッシュ)―エドワード・スノーデンも注目するアルトコイン...

Zcash (ジーキャッシュ) 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日は、J.P.モルガンと提携したり、...



Ledger Nano S (レジャー・ナノS)ビットコイン&イーサリアムハードウェアウォレット【正規品】

ハッキングの脅威から仮想通貨を守り、安全に保管するならハードウェアウォレットがおすすめです。

changelly
仮想通貨の両替サービスです。簡単操作でBTC→ETH、ETH→ZECといった変換が取引所を通さずに可能です。

changelly