ページ読込中...

Loading...

 ニルスの暗号通貨日記

暗号通貨 / 仮想通貨でセミリタイアを狙う貧乏サラリーマンが日々の投資を綴るブログです。暗号通貨投資(トレード)、ビットコイン・アルトコインのマイニング、その他雑学等について書いていきます。

01.ビットコイン 雑記

【詐欺?】どうしてビットコインは広く浸透しないのか?【円天?】

投稿日:2017-05-27 更新日:

ビットコインは怪しい?詐欺?

皆さんこんばんは、ニルスです。

今回はビットコインをはじめとした暗号通貨について、どうして世間で広く使われないのか、どうして未だに「怪しい」「胡散臭い」という認識なのか、その理由について考察したいと思います。

 

下記のURLはヤフーニュースの「ビットコイン」関連ニュース一覧です。

https://follow.yahoo.co.jp/themes/0a6b51279389bb332005/

いくつかの記事についたコメントを拝見すると、

ビットコインは胡散臭い
信頼性ゼロの通貨
利益も仮想なんでしょ
円天と同じようなものなんでしょ

などなど…

中には実際に取引されている(であろう)方がブロックチェーンの仕組みなどをコメントし反論していますが、それを覆い隠す罵詈雑言…。

ビットコインに端を発するブロックチェーン技術、そしてイーサリアムのスマートコントラクトなど、暗号通貨界隈には生活を豊かにする革新的な技術が息づいています
しかし、はっきりいってイメージは「最悪」です
どうしてこのようなイメージが浸透しているのでしょうか。コメントから見る理由別に分けて紹介していきたいと思います。

 

1. 保証がない

銀行預金は災害や強盗など”何か”あった際の資産を(上限こそあれ)保証してくれています
しかし、ビットコインをはじめとした暗号通貨には基本的に保証がありません

また、まだまだ法整備も追いついておらず、無法地帯と化している側面も確かにあります。価格が墜落しても、口座が盗まれても、すべて「自己責任」なのです。
このことを不安に思う気持ちは理解できます。

 

2. 担保がない(?)

円やドルなどの法定通貨は、国がその価値を担保しております。これにより安定した額で物品との交換が成立しているのです。
しかしビットコインは国が保証しておりません。まあ法定通貨のアンチテーゼとしての側面を持つのでそれは当然なのですが。
これにより「誰が価値を保証してるの?保証なんて無いでしょ?」と考える方が少なくありません。
しかしビットコインの成り立ちを巡れば価値の担保が存在することはすぐに分かります。即ち、ビットコインという仕組みを成立させている世界中のコンピュータが、その価値を相互に担保し合っているのです。
ビットコイン単独の市場規模は今や4兆円を超えており、その規模の中で世界中に分散された人々(PC)が価値を保証しあっているため、急騰や暴落こそあれ、「明日起きたらビットコインの価値が0円になる」などということはそうそう起こり得ないのです。
もちろん可能性はゼロではありません。しかし「明日起きたらドルの価値が0円になる」「明日起きたら円の価値が0円になる」確率だってゼロではありません。

 

3. ちょいちょい取引所で事件が起こる

これはねー…。

暗号通貨取引をしている皆さまなら既によく分かっていることだとは思いますが、少なくとも今まで、ビットコイン自体がハッキングされたり、内容を改ざんされたことは一度もありません。おそらく今後もないでしょう。それができるくらいのモンスターコンピュータを持ってるならマイニングしたほうが儲かりますからね。

但し取引所についてはその限りではありません。中の人間がアカウントの情報を盗んだり、取引所のサーバーがハッキングを受けたりなど、事例はいくつかあります。

その最たる例が2014年の「マウント・ゴックス事件」でしょう。
あれも運営側が利用者のビットコインを盗むという最悪の事件でした。
あの事件が大きく報道され、まるでビットコイン=詐欺という図式・認識が広まってしまい、それが未だに払拭できていないのでしょう。そのおかげでまだまだ伸びしろがあるとも考えられるのですが。

皆さまについてはこの「取引所が危ない」可能性(現在は取引所が保険に加入しているなど以前よりはリスクも大きく減りましたが)を考慮し、運転資金以外は自分のウォレットに保管しましょう
自己管理ができれば、少なくとも取引所が原因の問題は全て排除できるのです。

それでも喚く輩にはこの言葉を贈ります。

 

事件はブロックチェーン上で起きてるんじゃない!取引所で起きてるんだ!
(いやセルフGOX(IDパスを紛失してしまい資金が引き出せなくなること)とかもありますケドね…)

 

 

まとめ

…いかがだったでしょうか?

このように、現在はビットコインをはじめとした暗号通貨を頑なに受け入れてくれない層がいます。層がいますというより、そちらの方が多数派かもしれません

私自身、今無理に素晴らしさを説いてもどうせ聞く耳を持ってくれないだろうな、という諦めの気持ちが正直あります。
それどころかカルト宗教や似非科学の信者のような扱いを受ける可能性すらあります
私は陰謀論とか都市伝説は大好き(もちろん他人に強制したりは一切しません)なんですが、新興宗教やエセ科学(水素水やらホメオパシーやら)は大っ嫌いなんですよね。暗号通貨界隈がそう言った認識をされるのは正直本当に辛いです。

既に暗号通貨取引をされている方は、自分がマイノリティであることを自覚しましょう

しかし先日の記事でも書きましたSBIバーチャルカレンシーズ開設(予定)など、暗号通貨に吹いている流れをみれば明らかに追い風です。私は暗号通貨から手を引くつもりはありません。

有名なマーケティング理論に「イノベーター理論」および「キャズム理論」があります。

イノベーター(Innovators:革新者)
新しいものを進んで採用する革新的採用者のグループ。彼らは、社会の価値が自分の価値観と相容れないものと考えている。全体の2.5%を構成する。

アーリーアダプター(Early Adopters:初期採用者)
社会と価値観を共有しているものの、流行には敏感で、自ら情報収集を行い判断する初期少数採用者のグループ。「オピニオンリーダー」となって他のメンバーに大きな影響力を発揮することがある。全体の13.5%を構成する。

アーリーマジョリティ(Early Majority:前期追随者)
「ブリッジピープル」とも呼ばれる。新しい様式の採用には比較的慎重な初期多数採用者のグループ。全体の34.0%を構成する。

レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随者)
「フォロワーズ」とも呼ばれる後期多数採用者のグループ。新しい様式の採用には懐疑的で、周囲の大多数が試している場面を見てから同じ選択をする。全体の34.0%を構成する。

ラガード(Laggards:遅滞者)
最も保守的な伝統主義者、または採用遅滞者のグループ。世の中の動きに関心が薄く、流行が一般化するまで採用しない。全体の16.0%を構成する。中には、最後まで流行不採用を貫く者もいる。

http://marketingis.jp/wiki/%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E7%90%86%E8%AB%96
イノベーター理論 – MarketingPedia (マーケティング用語集Wiki)

これを元にすると、初期の初期に手を出した方々がイノベーターだとして、現在暗号通貨に手を出している層はアーリーアダプターアーリーマジョリティになるでしょうか。
キャズム理論では、イノベーターとアーリーアダプターで構成される市場を初期市場と定めております。
大手銀行や企業なども参入前ですし、ネットの評判を見ると、現在暗号通貨に手を出している方はアーリーアダプター(かイノベーター)のようにも思えます。

キャズム理論では、下記のように説いています。

一般にアーリーアダプター層が積極的に新しい技術を採用するのに対して、アーリーマジョリティ層は安定や安心を重視する傾向がある。そのため市場の一部に過ぎないアーリーアダプター層が採用したところで、アーリーマジョリティ層の不安は解消しない。
つまり両者の要求が根本的に異なっており、キャズムを超えて初期市場からメインストリーム市場に移行するためには自社製品の普及段階に応じて、マーケティングアプローチを変える必要があると説いている。

http://marketingis.jp/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%BA%E3%83%A0%E7%90%86%E8%AB%96
キャズム理論 – MarketingPedia (マーケティング用語集Wiki)

どうでしょうか?まさに現在の暗号通貨市場の様相に合致すると思いませんか?

そしてアーリーマジョリティ層不安解消の為の起爆剤が、SBI参入をはじめとした既存の大手企業・銀行の参入である、と私は踏んでいます。

ですので今こそ暗号通貨取引を始めるギリギリのタイミングかなと思います。

かといって無理に薦めるつもりはありません(「だからビットコインを始めましょう」という論調にすると、途端に胡散臭くなりますよね。)。

暗号通貨界隈は特に情報収集能力が問われます。ビットコインを買って寝かしとけば億万長者だなんて簡単な話でもありません。取引所だけ使っていればそうそう危ないこともないはずですが、右も左もわからないどころかPCもあまり使ったことがないというような人だと、甘い言葉に誘われて詐欺師にカモにされる可能性があります。

取引市場において、一番カモにされるのはレイトマジョリティ層です。皮肉でもなんでもなく、あとから慌てて飛びつくくらいなら、やらないのであれば最後までやらないという、ラガード層を貫いたほうが資金を守れると思います。

この記事が皆さまのヒントになれば幸いです。

ではまた。

 

はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな取引所

取引所により取扱銘柄が違うこと、サーバーダウンや規約・仕様変更といったことへのリスク分散のため、取引所の口座は予め複数箇所で開設することをおすすめしています(開設は無料です)。
  • bitFlyer
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    ビットコイン取引量日本一(2016年)。厳重なセキュリティに加え取引所が保険に加入しているため万一の際にも安心の「bitFlyer」。SMBC、三菱UFJ、みずほ、SBI、三井住友などが株主でバックボーンもしっかり。

    口座開設

  • Coincheck
    Coincheck(コインチェック)

    ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)取引なら「コインチェック」。初心者に優しい簡単操作で「売買自体初めて」という方にもオススメ。(NEW!) 登録マニュアルを作成しました。よろしければ併せてご覧ください。

    口座開設

  • Zaif
    Zaif(ザイフ)

    「Zaifコイン積立」(暗号通貨の定期積み立て機能)などユニークな機能が充実の取引所「Zaif(ザイフ)」。NEM(XEM)、モナコイン(MONA)なども取扱。COMSA(コムサ)プラットフォームも話題沸騰中です。

    口座開設

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

-01.ビットコイン, 雑記
-, , , , , , ,



comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ランサムウェア ― BTCを支払ってもロックが解除されない!?

ビットコイン身代金を支払ってもロックが解除されないランサムウェア 皆さんこんにちは、ニルスです。 前回の記事(下記リンク参照)にも書きましたが、「お前のPCをロックした。解除してほしければビットコイン …

今から仮想通貨を始める人は、どの銘柄を買うべきか

2017年、今から仮想通貨を始める人におすすめの銘柄 みなさんこんばんは、ニルスです。 ビットコインをはじめとした暗号通貨(仮想通貨)が頻繁にニュースなどで取り上げられるようになってきた今、「ビットコ …

ビットコインが怪しい?ならばアルトコインはどうですかという話

仮想通貨は怖い、怪しい みなさんこんばんは、ニルスです。 以前にも「どうしてビットコインは広く浸透しないのか?」という記事を書きましたが、ニュースサイトのコメント欄などを見ると、やはり未だに「仮想通貨 …

ビットコインを巡るイルミナティの陰謀論について

陰謀論 みなさんこんばんは、ニルスです。 突然ですが皆様は都市伝説、とりわけ「陰謀論」に興味がありますか? 日ユ同祖論、アポロ計画陰謀論、地震兵器etc… 私はとっっっても大好きです!!! そんな陰謀 …

初めてのビットコイン取引に”bitFlyer”(ビットフライヤー)をおすすめする理由

暗号(仮想)通貨の取引を始めるにはインターネット上の取引所に登録する必要があります。 取引所はいくつもあり、日本語対応のサイトに絞っても数か所存在しています。その中でも、暗号通貨取引デビューに特におす …

2018/01/18

Wavesはサイバーセキュリティ企業Group-IBとパートナーシップを結ぶ

Wavesはサイバーセキュリティ企業Group-IBとパートナーシップを結ぶ 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日はまたワベス(WAVES)のニュース記事になります。 内容は次項から。   …

2018/01/16

仮想通貨を始めたい! でも何から始めればいいの?

仮想通貨を始めたい! でも何から始めればいいの? 皆さんこんにちは、ニルスです。 既にこちらの記事がありますが、  ニルスの暗号通貨日記  1 userこれから仮想通貨を …

2018/01/14

ElectroneumのWebウォレット作成方法

ElectroneumのWebウォレット作成方法 皆さんこんにちは、ニルスです。 Electroneumについて、以前の記事でCUIウォレットの作成方法をご紹介しましたが、使いづらいし敷居も高いためな …

2018/01/12

Wavesについて興奮すべき7つの理由(翻訳記事)

ワベス記事です 皆さんこんにちは、ニルスです。 今回は、暗号通貨系のWebメディア「CryptoNews」にて、Wavesについて触れた記事をTwitterにて教えて頂きましたので、翻訳してご紹介した …

2018/01/11

ブロックチェーン&ビットコインカンファレンス フィリピン(イベント告知)

ブロックチェーン&ビットコインカンファレンス フィリピン(イベント告知) 皆さんこんばんは、ニルスです。 以前記事にした「BlockShow Asia」に続き、当サイトがまた別のイベントのメディアパー …

これから仮想通貨を始める方へ

2017/08/11

これから仮想通貨を始める方へ

これから暗号通貨(仮想通貨)を始めようとお考えの方へ このページは、「暗号通貨(仮想通貨)を始めてみたい...

"クラウドマイニング"で手堅く稼ぐ-GenesisMiningのご紹介-

2017/04/11

“クラウドマイニング”で手堅く稼ぐ-GenesisMiningのご紹介-...

"クラウドマイニング"サイトGenesisMiningに投資 ここらへんで手堅い投資を行おうと思います。 ...

銀行金利の数千倍!?Coincheckの「貸仮想通貨」で利息収入を得よう

2017/11/10

銀行金利の数千倍!?Coincheckの「貸仮想通貨」で利息収入を得よう...

貸仮想通貨―ビットコインなどを貸し出して利息収入を得る 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日はタイ...

仮想通貨以外の収入・投資・貯蓄―「守り」を固めよう

2017/12/10

仮想通貨以外の収入・投資・貯蓄―「守り」を固めよう...

仮想通貨以外にも目を向けよう 本日は、記事タイトルのとおりなんですが笑、「仮想通貨はめっちゃ可能性感じる...

仮想通貨取引所の口座は複数箇所で作っておいた方が良い三つの理由

2017/08/31

仮想通貨取引所の口座は複数箇所で作っておいた方が良い三つの理由...

仮想通貨取引所 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日はタイトルのとおり、「取引所のアカウントはいざとい...



Ledger Nano S (レジャー・ナノS)ビットコイン&イーサリアムハードウェアウォレット【正規品】

ハッキングの脅威から仮想通貨を守り、安全に保管するならハードウェアウォレットがおすすめです。

changelly
仮想通貨の両替サービスです。簡単操作でBTC→ETH、ETH→ZECといった変換が取引所を通さずに可能です。