ページ読込中...

Loading...

 ニルスの暗号通貨日記

暗号通貨 / 仮想通貨でセミリタイアを狙う貧乏サラリーマンが日々の投資を綴るブログです。暗号通貨投資(トレード)、ビットコイン・アルトコインのマイニング、その他雑学等について書いていきます。

01.ビットコイン

ビットコインの8月1日問題について

投稿日:2017-06-14 更新日:

ビットコイン 8月1日

ビットコインの8月1日問題について

みなさんこんばんは、ニルスです。

ニュースは書かない」って言ったんですが、さすがにこの”ビットコイン8月1日問題“は無視できないほどのものですので少しだけ触れようと思います。今アルトコインが落ちてるのも恐らくこれが原因の一つです。

ビットコイン(BTC)は現状、暗号通貨市場の基軸通貨となっています
アルトコインを含め、取引所におけるほとんどの取引は対BTCで行われます

つまり、ビットコインの問題は、暗号通貨全体の問題と言っても過言ではありません。

本当に最悪の場合、暗号通貨全体の価値が失われてしまうかもしれません。
アルトコインしか持ってないから関係ない…と思っていると、大暴落に巻き込まれる可能性も無くはないです。
これは暗号通貨を持っているすべての人に関わってくる問題ですので、「よく分からないから…」「プログラマーの人にしか関係ないでしょ?」とシャットアウトせずに、ぜひ情報収集をされることをお薦めします。

 

ハードフォークについて

暗号通貨では、種々の問題やバグを解決するためにフォーク(分岐)を度々行います。
フォークには”ハードフォーク“と”ソフトフォーク“があります。

ソフトフォークは仕様変更に対応するためすべてのブロックチェーンを書き換え行います。フォークについて互換性を認める形です。
たとえるなら新札の発行のようなイメージです。1000円札が夏目漱石から野口英世になって、透かしや印刷が変わっても”同じ通貨”として扱われていますよね。

対してハードフォークは、仕様変更のためにブロックチェーンを書き換えることを認めません。互換性を一切認めないわけです。
旧日本円が戦後になって、公的通貨としては使用できなくなったようなイメージです。
しかし、「それでも俺は旧日本円を通貨として使うぞ!」という人がいたらどうなるでしょうか?
こういう人が市場を形成できるくらい沢山いた場合、ビットコインのブロックチェーンが、

・仕様変更をしたブロックチェーン
・仕様変更を適用しないブロックチェーン

という二つの通貨に分かれてしまうことになります。これが「ビットコイン分裂問題」です。

そんなことが起こりうるのか? と思うかもしれませんが、別の通貨では実際に起こっています
その最たる例が時価総額2位のイーサリウムです。

 

The DAO事件

2016年6月、分散型投資ファンド”The DAO“が取引基盤とするEthereumベースのブロックチェーンがハッキングを受け、およそ360万ETHという巨大な資金が流出するという事件がありました。

そこで対策として取られたのがハードフォークです。
これにより、流出した取引自体を「無かったこと」にしようとしました。
流出した時点より前に遡り、「流出しなかった」ブロックチェーンを正規のものとして扱おうというわけです。

SF好きな方ならイメージしやすいと思いますが、ある事件が起こる前の時間に戻り、その事件が”起こらなかった”パラレルワールドへ分岐させようとしたわけです。

イーサリウムにおけるハードフォーク自体はDDOS攻撃への対策などで複数回行われています。通常このような場合、問題のあるブロックチェーンを切り捨てること大きなに反対意見は出ず、切り捨てられた方の通貨を利用する人はほぼいなくなり、取引所でも扱われません。ハードフォークが”行われた方”のブロックチェーンに収束していくわけです。

しかしThe DAO事件の際は種々の要因によりハードフォークに反対する層(もちろん盗み出したハッカー側も反対していました)がかなりいたため、取引所も反対意見を無視できず、イーサリアム(Ethereum)イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)という2つの通貨に分裂する結果となったわけです

ビットコイン分裂問題もこれと同様、ハードフォークに賛成する側と反対する側がそれぞれ一定数存在してしまっています。
取引所側も気軽に「新しい方しか扱わないよ」とは言えない状況なわけです。
では実際どうなるか…ですが、取引所側も当然この問題の対応を考えているはずです。
おそらくは共同声明という形でなんからの意思表明を行うと思いますので、ひとまずはそれを待とうと思います。

 

で、どうすりゃいいのよ?

今回の問題で我々ユーザー側はどうすればいいのか?という点についてはこちらの方の記事に大変分かりやすくまとまっています。
お読みいただければもう私なんぞが言えることは特に無いです。

8月1日ビットコイン分裂か?前後の仮想通貨市場はどうなる? | 貯金1000万を仮想通貨に換えた男のブログ
こんにちは、です。 仮想通貨(暗号通貨)界隈では「2017年8月1日にビットコインが分裂するかもしれない」と戦・・・

【図説】8月1日にUASFが実行されると、ビットコインに何が起こるのか | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース
8月1日、UASF(User-Activated Soft Fork)が実施される可能性は、ほぼ確実と言ってもいい状況になりました。 UASFがわからない人向けに説明すると、UASFとは、マイナー主...

 

まとめ

ビットコインの問題について少しだけ触れました。
いたずらに不安を煽るようなことはしたくありませんが、私自身今回の件は不安に感じています。
願わくば妥協点を探りソフトフォークで落ち着いてくれるのが良いのですが…

慎重派の方は暗号通貨自体から撤退し、全部円に戻して持っておくのが一番安全だとは思います

しかし税金の問題もあるため、私は暗号通貨のまま持っておこうと思います。
今のうちに時価総額が高く、バックボーンのしっかりしたアルトコインに退避させておくのも手かと思います。
実際イーサリアムなどでは既にその動きが見られ、価格が上がっています。他のアルトコインから引き上げ、イーサリアムやZcashに流れているわけです。これを利用して稼ぐこともできそうですが、BTCが落ち着いたら資金が戻り、今上がっているものは暴落しそうですのでご注意ください。私はむしろ今が安値で買えるチャンスだと思い、イーサリアムほどではないにしろ手堅めなwavesなどを買い増ししています。

また大きな動きがあれば記事にしたいと思います。
ではまた。

 

はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな取引所

取引所により取扱銘柄が違うこと、サーバーダウンや規約・仕様変更といったことへのリスク分散のため、取引所の口座は予め複数箇所で開設することをおすすめしています(開設は無料です)。
  • bitFlyer
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    ビットコイン取引量日本一(2016年)。厳重なセキュリティに加え取引所が保険に加入しているため万一の際にも安心の「bitFlyer」。SMBC、三菱UFJ、みずほ、SBI、三井住友などが株主でバックボーンもしっかり。

    口座開設

  • Coincheck
    Coincheck(コインチェック)

    ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)取引なら「コインチェック」。初心者に優しい簡単操作で「売買自体初めて」という方にもオススメ。(NEW!) 登録マニュアルを作成しました。よろしければ併せてご覧ください。

    口座開設

  • Zaif
    Zaif(ザイフ)

    「Zaifコイン積立」(暗号通貨の定期積み立て機能)などユニークな機能が充実の取引所「Zaif(ザイフ)」。NEM(XEM)、モナコイン(MONA)なども取扱。COMSA(コムサ)プラットフォームも話題沸騰中です。

    口座開設

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

-01.ビットコイン
-, , , , , ,



Author:ニルス

ニルス

二十代後半の貧乏社会人(Twitter:@nils00000)。サイト制作、WEB広告、画像編集などを含む何でも屋事務員(薄給)として真っ黒い会社で働く傍ら、ド文系ながら暗号通貨に興味を持つ。暗号通貨(ビットコイン・アルトコイン)のトレード、クラウドマイニング、セルフマイニングなどを勉強しながら実践中。保有アルトコイン銘柄 $WAVES / $ETH / $XRP / $XMR / $AE / $ETN など。 ※当サイトに掲載しているサービス・銘柄について、利益をお約束するものではございません。また情報の正確性には気を配っておりますが、当サイトの掲載内容について保証は一切致しかねます。必ずご自身で情報をご精査の上ご利用下さい。


  1. 匿名 より:

    凄く分かりやすかった。
    ありがとう。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

利益を目指してクラウドマイニングに再投資

利益を目指し、クラウドマイニング再び…いや三度 ~Hashing 24編~ みなさんこんばんは、ニルスです。 先日のアルトコイン暴騰でまとまったBTCが入ってきたため、私はまたクラウドマイニングを始め …

夏の鉄板モテコインはこれでキマリ!? この夏マストな暗号通貨8選

“モテコイン”とは 皆さんこんばんは、ニルスです。 本日は暗号通貨男子女子の皆さんにこの夏マストな“モテ”暗号通貨をご紹介します! …今にも「閉じる」「 …

minergate(マイナーゲート)で暗号通貨の採掘(マイニング)をする

暗号通貨(仮想通貨)の採掘(マイニング) ~minergateで簡単マイニングをする方法~ 皆様こんばんは。ニルスです。 本日は暗号通貨(仮想通貨)の醍醐味、採掘(マイニング)方法についてご紹介したい …

ビットコインのウォレット(財布)をつくろう-Blockchain Wallet編-

ビットコインのウォレット(財布)について 今までの記事では、Coincheckなど初心者でも比較的簡単にビットコインを購入できる取引所をご紹介してきました。 しかし取引所は貸金庫ではなく、飽くまで取引 …

自動再投資可能なクラウドマイニング・Hashflare

Hashflare(ハッシュフレア)のご紹介 皆さんこんばんは、ニルスです。今回は過去の記事中で触れておきながら唯一まともにご紹介していなかったクラウドマイニングサイト・Hashflare(ハッシュフ …

2018/01/21

AirDrop(エアドロップ)で仮想通貨を無料入手しよう

AirDropとは 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日は、再び流行の兆しがみられる「AirDrop(エアドロップ)」についての記事(事前準備/情報収集方法/注意事項etc…)となります。 …

2018/01/20

ICO情報を日本語で得るなら「COIN JINJA」がおすすめ

ICO情報を日本語で得られる「COIN JINJA」 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日は、ICOの情報を日本語で調べられるWEBサービス「COIN JINJA」をご紹介します。  www …

2018/01/18

Wavesはサイバーセキュリティ企業Group-IBとパートナーシップを結ぶ

Wavesはサイバーセキュリティ企業Group-IBとパートナーシップを結ぶ 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日はまたワベス(WAVES)のニュース記事になります。 内容は次項から。   …

2018/01/16

仮想通貨を始めたい! でも何から始めればいいの?

仮想通貨を始めたい! でも何から始めればいいの? 皆さんこんにちは、ニルスです。 既にこちらの記事がありますが、  ニルスの暗号通貨日記  1 userこれから仮想通貨を …

2018/01/14

ElectroneumのWebウォレット作成方法

ElectroneumのWebウォレット作成方法 皆さんこんにちは、ニルスです。 Electroneumについて、以前の記事でCUIウォレットの作成方法をご紹介しましたが、使いづらいし敷居も高いためな …

これから仮想通貨を始める方へ

2017/08/11

これから仮想通貨を始める方へ

これから暗号通貨(仮想通貨)を始めようとお考えの方へ このページは、「暗号通貨(仮想通貨)を始めてみたい...

ICO情報を日本語で得るなら「COIN JINJA」がおすすめ

2018/01/20

ICO情報を日本語で得るなら「COIN JINJA」がおすすめ...

ICO情報を日本語で得られる「COIN JINJA」 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日は、ICOの...

AirDrop(エアドロップ)で仮想通貨を無料入手しよう

2018/01/21

AirDrop(エアドロップ)で仮想通貨を無料入手しよう...

AirDropとは 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日は、再び流行の兆しがみられる「AirDrop(...

"クラウドマイニング"で手堅く稼ぐ-GenesisMiningのご紹介-

2017/04/11

“クラウドマイニング”で手堅く稼ぐ-GenesisMiningのご紹介-...

"クラウドマイニング"サイトGenesisMiningに投資 ここらへんで手堅い投資を行おうと思います。 ...

銀行金利の数千倍!?Coincheckの「貸仮想通貨」で利息収入を得よう

2017/11/10

銀行金利の数千倍!?Coincheckの「貸仮想通貨」で利息収入を得よう...

貸仮想通貨―ビットコインなどを貸し出して利息収入を得る 皆さんこんにちは、ニルスです。 本日はタイ...



Ledger Nano S (レジャー・ナノS)ビットコイン&イーサリアムハードウェアウォレット【正規品】

ハッキングの脅威から仮想通貨を守り、安全に保管するならハードウェアウォレットがおすすめです。

changelly
仮想通貨の両替サービスです。簡単操作でBTC→ETH、ETH→ZECといった変換が取引所を通さずに可能です。